1,083 posts categorized "映画・テレビ"

2018.12.14

「グリンチ」

絵がすごい。遠景も近景も同じような密度。
もちろん、CGで省力化しながら効率よく仕上げているんだろうけど、それにしてもすごいパワー。目がくらくらします。

映画だと一瞬で流れて行ってしまうけれど、本当は逐一止めて一枚一枚の絵として見たいくらい。画面が絵画的なんです。

加えて、動き。繰り返し再生して、あるいはスローで見たいほど、村の描写のときには画面のあちこちに動きがあります。散漫という言い方も当たっているかもしれないけれど、村の賑わいを表現する手法としては成功していると思います。
まあ、ウォーリーを探せ!みたいなと言えばわかるでしょうか。

それに、独特の質感。
日本のアニメとはかなり違う。水彩と油絵の違いみたいな。なかなかいい感触です。
長ーいテーブルの端と端にグリンチとマックスが座って食事するシーンなんか、背景の岩がすんごい存在感なのね。この絵いいわあ。
寒々とした構図の風景なのに、妙に温かみのある色。グリンチ、独りぼっちだと勘違いしてるけど、ほんとはそうじゃないんだよ、と無言で言っているみたい。

構図も凝ってる。
ソリを盗みにいくところで、番犬の下からのアップの向こうにおっかなびっくりのグリンチがいる。この絵、すんごく雰囲気出ていて、笑える。
当たり前に見えるけど、実はあんまり見かけない絵です。

そういうわけで、まず絵に圧倒されます。

お話の方も、典型だけれどよく練れています。グリンチ、案外いいやつだな。もっと根っからのワルなのかと思ったら、そうじゃなかった。
1話完結でいいやつになってしまわずに、もう少し引きのばしてくれてもいいんだがw

という具合で、おとぎの国のようなこってりした絵の世界で、思いがけず人間臭いやつのお話をたっぷり楽しめました。

|

2018.12.09

「スマホを落としただけなのに」

多要素認証くらいはやっておきましょうね、で片付きそうな話ではあるんだけど。

終局へ向かうにつれて、だんだんドラマ要素の方が強くなってきて、スマホに絡んだ特徴的な色合いは薄くなる。

そのドラマはというと、またかという感じで、隠された女の過去やら、子供のころ親から受けた虐待やら、お馴染みの顔ぶれ。お馴染みといえば、主人公は広告代理店勤務。なんでしょうかねこのワンパターンは。

と、一応くさしてはみるものの、結末はなかなかいい具合。
女への不信感を拭い切れない男が、彼女の本当の気持ちに気付く手がかりもまたスマホだったと。しかもそこに、スマホならではの必然が感じられて、納まりがよい。初めのころに、彼女が何気なく口にしたスマホの良い点が、最後になって、大きな意味を持って生きてくる。

スマホの危険なところ、恐ろしい落とし穴にさんざんな目にあった後だけに、この結び方はとても効果的です。上手いじゃないですか。

このオチだけで、見てよかったなと思えました。

|

2018.12.08

「くるみ割り人形と秘密の王国」

主人公の少女の、生き生きした目が印象的な、古典のリメイク。
ドロッセルマイヤーおじさんの怪しげな雰囲気はそのまま。

原作ってどういう話だったか忘れていて、wikipedia であらすじだけ拾ってみたら、人形の恩返しのお話のようだ。

有名なバレエの方のあらすじは、ドイツ語版原作とかなり違うそうで、この映画がどのあたりを参照しているかは知らない。あまり書くとネタバレになりすぎる。

人形の国との関わりの始まりと終わりを、女性の自立と家族愛のような形にしているところは、現代風なアレンジといったところか。

見た目に騙されるなキャンペーンというのをやっているようで、映画のあらすじの方もまあ、そんな感じ。

原作では、くるみ割り人形は、心優しい女の子に一振りの剣という援けをもらって、ねずみの軍隊を打ち負かして王になり、人間世界に転生して女の子を妃に迎えに来る、という筋書きらしい。つまり、男は女の助けを借りて王国を切り取り、女に報いるというパターンだ。

ところが、この映画は面白いことに、戦争で一番活躍するのは女の子で、くるみ割り人形の方は陽動作戦で敵を引き付けるだけ。そしてご褒美に近衛隊長になるのだが、相変わらず摂政の下。腕力で国盗りみたいな王国の秩序を乱すようなことは思いもよらない、アフリカ系のイケメンだ。
なるほど現代的で笑える。

いや、冷笑的になるのはやめておこう。
クララの迸るような命の輝きを分けてもらえて、とてもよかったです。

|

2018.12.07

「来る」

はい来ました~。
怖いですぅ。特に前半。

辛い味覚にもいろいろ種類があるように、怖さにも種類というものはあると思うのですが、この映画の場合は、身に覚えのある怖さというか。
得体の知れなさではなくて、実は知っているけど忘れている怖さ。そういう種類だと思います。人の暗黒面みたいな。

表現としては、音がとりわけ怖いです。実は映像はそんなに怖くはないんですよね。もちろん、ギレルモ・デル・トロとかフアン・アントニオ・バヨナとか映像で怖さを作るのがうまいんじゃないかという人もいますが、この作品はそこはどうということはない。血塗られた手が壁ドンとか口から血糊とか白目赤目黒目とか、グロイですが、グロいとコワいは違います。

あ、松たか子が全然松たか子にみえないのはちょっと怖かった。w

後半は、もはや怖い映画ではなくなります。ひたすら闘いの映画。
格式ばった強そうなおじさんたちも、陽気で負けを知らなそうなおばさんたちもつぎつぎ斃されていって相手の強さが引き立ちます。
んで、それを松たか子が結局一人で斃す。よいですね。王道です。

クリーチャーめいたものが最後まで出なかったのもよかった。本当に怖いものに形はないんです。

エンタメとしてもよくできていて、且つ人の心の弱さや汚さをよく描き出している、割といい作品でした。

|

2018.12.01

「イット・カムズ・アット・ナイト」

画像的な怖さはこの作品にはありません。代わりに、心の深みに傷を負わせるような切っ先を隠しています。

まあ、ワタクシは自慢じゃないけど鈍いので、それを横目で見て深刻さをやり過ごすわけですが(汗

* * *

「外には恐怖、中には狂気」という宣伝コピーはこの作品の本質をうまく表している。

我々には大なり小なりこの作品の登場人物たちのような、保守的で自己中心的なところがあって、生存本能なのだからまあ仕方がない。

仕方がないことを言い訳に行き過ぎると、ここでいうところの、中には狂気ということになってしまう。なにごとも程度問題ではありまする。

そうした基本的な世界認識をおさらいした上で、この作品が描いているものをもう少しよく見ると、外への恐怖はまあいいとして、中にあるものは、狂気というのとは少し違う微妙さがあることに気付く。

苛烈な現実に対処するための理性的な姿勢。それは自分たちの生存のための正しい方策であって、称賛されこそすれ非難される謂れはないはずだ。

はずなのだが・・・

そこにある、何とも言えない、非人間的なという指弾の空気。
それを痛いほどわかっているけれども、誰かが手を汚さなければならないという、やるせなさ。

そういうものが、最後の、夫婦二人だけになってしまった彼らの間に、無力感と共に漂っていなかっただろうか。

一家の柱である彼とその妻を、非人間的と感じる我々の意識は、では、人間的というのは、自らを滅ぼしかねない愚かしさであるということを、認めるのだろうか。

やっかいですね。
まあ、そんなことで悩めるからこそ、我々は人間なのですが。

|

2018.11.23

「ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ」

はじめ、メキシコ国境を米軍仕様の装甲車が無許可で越えていって、しかもメキシコ国内の砂漠地帯の道路でロケット弾まで使った派手な銃撃戦の挙句、メキシコ警官を、いくら麻薬カルテルの内通者がいるからといっても、関係なさそうな普通の警官含めて何十人もあっさり射殺していくのは、さすがに荒唐無稽なんじゃないのと思っていたら、やっぱり普通に無理筋だったようで、政治家からストップ。

そりゃそうだわ、と納得しつつ安心した。異次元のB級ガンマン映画ではないようだ。

で、そのあとの展開はもう行き当たりばったりというか、これ、製作途中で何かあって脚本書き換えたんじゃないの、くらいの出来上がり。

それに、やっぱりボーダーラインという邦題は、ちょっとはずしてる。
原題通りにシカリオ(Sicario:暗殺者の意)なら、一応内容にフィットするのだが。

それでも前作はまだ、国境の麻薬取引絡みの話が中心にあったけれど、本作はもう完全にそこから逸脱しているように見える。
元検事の殺し屋は、どうやら仲間というか後継者を育成することにしたみたいだし。

つまるところ、これはリアルな(かどうかは知らないけれど)銃撃戦を見せたい作品だ、というのが正しい評価なのではないか。ほかの要素はそのためのお膳立てに過ぎないというわけだ。

それはそれで、悪くない。
下手にイケメン俳優なんか使わずに、ベニチオ・デル・トロを充てているのも大正解だし。w

|

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」

美しくも悲しいお話ですね。
魔法動物のかわいらしさがちょうどいい息抜きになっていて、メリハリあります。

ハリーポッターと違ってこのシリーズのいいところは、魔法が発動するときのスペクタクルがあるところ。大人の魔法使いらしく強大な魔力で、光や炎や闇を操って見せてくれます。

そして、今回の悪役のグリンデルヴァルト。心に野望と嘘を秘めた、紛れもない悪役なのですが、人を虜にする巧みな言葉に、魔力と同じように強力な知性が感じられて、魅力的です。ダンブルドアとの絆も明らかになって、双方、切り札を手に入れ、綻びの種も播かれ、決戦のお膳立てが整ったところまでが、本作。次も見ないわけにはいきません。

|

2018.11.18

「バーフバリ 伝説誕生 完全版」

なんですかこの超絶エンターテインメントは!
桁違いに面白いです!

まずエンタメとして王道ど真ん中。あり得ないほど作られたお話と、ちりばめられた歌と踊り。ボリウッド映画の真骨頂ここに極まれり。

それだけでなく、芸術的にもこれはというシーンがいくつもあるのです。
ワタクシ的に特に刺さったのは、悪役一派の王子を討ち取るシーン。討たれた方が、首無しのまま二歩、三歩と歩くモノクロの構図。
凄いですこのオリジナリティ! クオリティ!

いやー、理屈抜きでこんな面白いものは久しぶりに見ました。頭で考えるといろいろこっぱずかしいとか笑えちまうところも多くて、それがまたいいのですが、考えるのやめて感覚で見ましょう。

この作品自体もロングランだそうだけれど、これの前作というか、時代的にはこれの続きがあるそうで、そちらも映画館でやっていたら是非見たい!

|

2018.11.16

「アンダー・ザ・シルバーレイク」

ハリウッドの自虐映画というか、よくわからないな。
あるいはハイソの裏側をうっかり覗いてしまった庶民の戸惑いというか。

前者と取るなら「マルホランド・ドライブ」の焼き直しだし、後者なら「アイズ ワイド シャット」が頭一つ出ていた。

ただまあ、こういうカテゴリの作品もときどき作っては出しするのはいいことなのかもしれない。そういう系譜が途絶えてしまうのも、それはそれで残念だし。主人公がなんとも今風のダメさ加減を出してはいたのは、焼き直しの中にも新味はあった。

見るのに忍耐が必要で、その割に、なんだ結局言いたかったのはそんな程度のことなの、という落胆がちょっぴり残る作品。

いや、ちと悪く言い過ぎか。

いいところをひとつ挙げると、紆余曲折の末にTV電話越しではあるが邂逅を果たした彼女が、「もうここから出られないし、この生活を楽しむわ」みたいな達観を見せていたのはよかった。

結局、壁の向こう側もこちら側も、囚われている点では実は大差ないのかもな、と思わせる点には価値があった。

彼はしかし、この後どうするのかね。とりあえず、彼女の影響で、つまらない拘りがひとつ消えたのはよかったかもね。

そうそう、それから、日本語公式ページの水のエフェクトはとてもいいですね。綺麗です。映画の淀んだ感じを洗い流してくれそうです。

|

2018.11.10

「GODZILLA 怪獣惑星 最終章 星を喰う者」

こういうカルトっぽい屁理屈の羅列でお話が進行するのは、嫌いじゃないですけどね。

もしそれが嫌でも、黄金のギドラの描写はとてもファンタジックで、巌のごときゴジラとの対比を見ているだけでもいいです。

絵はイマジネーション豊かでよかったと思います。

お話の結末としては、解脱ということでしょうか。憎悪からの解放みたいな。

4つの種族に四者四様の落ち着きどころを与えて、最終的な勝者を決めずにありのままにしておいたのはよかったかもしれません。

いや本当は、2つに集約ですかね。

|

より以前の記事一覧