« February 2020 | Main | April 2020 »

March 2020

2020.03.30

「ジョン・F・ドノヴァンの死と生」

グザヴィエ・ドランを天才だと言う人は多い。もちろんその通りだけれど、私はむしろ、独創的な人と呼びたい。ものごとを捉える視線や切り口、そして見せ方に、独特なものを感じるからだ。他のどの人とも似ていないと思う。今回もそれを見せてくれました。

特にストーリーが奇抜なわけでもなく、テーマが珍しいわけでもなく、設定が入り組んでもなく、アクションなどとは無縁で、ただ、母と息子とがつくる濃い影が連綿と続いている。濃いのだ。この人の作品は。そして比較的長い。テンポがいいとは言えない。そういう種類の作品ではない。


見ると結構疲れます。が、それに見合う満足が残ります。

そうそう、ちょっと特筆すべきこととして、例によってゲイが何人か出てくるのだけれど、今回はそれを特別なようには描かず、男女の恋人に置き換えてもなんら作品に支障はないような描き方をしていました。

世の中が進化したのか、監督が進化したのか、よくわかりませんが、ごく自然でした。

 

|

2020.03.29

「21世紀の資本」

本は読んでないけれど、2013年にフランスで出版されたそうだから、7年前の内容。そういえば日本でも結構話題になってました。

内容については、例えばウィキペディアを見てもいいかもしれません。
https://ja.wikipedia.org/wiki/21%E4%B8%96%E7%B4%80%E3%81%AE%E8%B3%87%E6%9C%AC

映画作品としては、センセーショナルな映像を繋いで興味をそそる構成になっています。合間合間に、経済紙などでよく見るような顔ぶれのインタビューを挟んで説明の流れを作っています。

それにしても、ですよ。資本主義社会に生きる我々は懲りずに毎度同じような成長と破壊とを繰り返しているのだなという感想が思い浮かびます。ある程度避けられないことなのだろうし、振り子が常に揺れ動いていることで、社会の新陳代謝が行われているような気もします。錯覚かもしれませんが。

ただいま現在は、中間層が衰退して貧困の増大と富の過剰な集中が起きているから、振り子を少し戻す必要があるだろうという主張は、大多数の支持するところではあるのでしょう。具体的な手法を巡っては、この本を批判する人たちから否定的な意見が聞かれるのもうなずけますが、ではその人たちが何か有効な別の手法を提案しているのかどうかは、この映画ではもちろんわかりません。

今年始まったCovid-19の禍は、こうした議論にどんな影響を与えるのか、いまはその点が気になります。

|

2020.03.15

「エキストロ」

映画のエキストラに焦点をあてて、面白おかしく描いた異色の怪作。吉本興業制作で、微妙な笑いのセンスは確かにそれっぽい。まあ、だからパワーが無くて飽きるのだけど。

ドキュメンタリー風に始まるので錯覚するけれど、警察が出てくるあたりからはっきりフィクションだとわかってくる。そうすると、ちょっと微妙な感じになってしまうのが難点。

とはいえ、有名俳優をところどころに配して、このお笑いに参加させる力技で、なんとか最後まで押し切った。
大林信彦監督にエキストラのロマンを述懐させて結びとしている。

|

「星屑の町」

悪くないお話だけど、のんはどちらかというとアイドル的な扱いで、むしろ取り巻きのおっさんたちの生き方を色濃く描いている感じです。

あくまで映画の中の話として、芸能人目指して上京してきた娘が悪質プロダクションの食い物にされて失意のうちに帰郷し、それでも夢を諦めずに再起する、という筋書きがあります。それが能年玲奈の現実とどう関係があるのか、あるいはないのか、それはわからないですが。

映画俳優としてののんは、ちょっとブランクが大きかったかなと感じました。「カラスの親指」からもう8年経ったわけですが。。

ちょっと心残りを感じさせる作品でした。

|

2020.03.09

「ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像」

仕事一筋に物事の先を読み、大胆に投資する生き方と、家族を大切に日々労働し、わずかな余剰を堅実に積み上げていく生き方の、つまりキリギリスとアリの生き方の、そして、男と女の、老人と娘の、男の子と母親の、軋轢と葛藤と、そして和解とが語られる良作。老人から孫へ受け継がれる山師の魂、絵画の奥深さへの造詣も織り交ぜられて滋味ある味わい。

スリリングな仕掛けに一旦は成功したかに見えて、最後に逆転の敗北を喫したところまでなら、これは凡百の映画で終わっただろう。けれども老画商の短い物語はそこから先にあった。

賭けに負けて荒んだ日を送る老人の元に、美術館からのメッセージが届くシーンが印象に残る。絵画に署名がなかった理由について美術館は推測する。「画家にとってこの絵は聖画だったのだろう。であれば署名などしないものだ」。それに続くキュレータの述懐が、この映画の白眉だ。

聖画において、個は消滅して、もっと大きなものの一部になる。

全てを失った老画商のささくれだった心に、干天の慈雨のようにその言葉が響いて心の重しを取り除く。彼が全てを賭け全てを失った原因の聖画が、彼に至福を与え、娘との和解をもたらしたのだった。

老画商の一個の生は、悲しい結末を迎えたというのに、その直前の晴れやかな振る舞いはどうだろう。そういう風に一生を終えたいものです。

|

2020.03.01

「チャーリーズ・エンジェル」

「チャーリーズ・エンジェル」
https://www.charlies-angels.jp/

ちと差し替えです。

前のシリーズは、キャメロン・ディアスが中心軸としてしっかり立っていたけれど、それより何世代か後の時代を描いている本作は、明確な中心キャラクタを置いてないように見えます。女たちの集団による秩序、という感じ。なるほど世界は少しづつ変わってますね。

そして、前シリーズが男目線をかなり意識していたのに対して、本作はかなり女目線に寄っています。マッチョ感がなくて、代わりにスタイリッシュな感じが濃い。ファッションモデルばりの顔立ちのクリステン・スチュワートがそこを強く押し出しています。マッチョな感は長身のエラ・バリンスカさんの受け持ちだけど、やっぱりパワーより技巧が前に出ています。ナオミ・スコットは頭脳。いまや映画のキャラクタとしては欠かせなくなったギークの担当です。そしてもう一人、前のシリーズにはなかった戦略・ロジ担当とでもいうべきものが、エリザベス・バンクスさん。これ、なかなかいい構成だと思います。戦略を考える人間が、黒幕ではなく半分表に出てきているのは、現代を感じさせます。そしてこの人が俳優だけでなく監督・脚本も務めている。なるほど、だからこその女目線か、と納得します。

興行的に振るわなかった理由は、裏をかえせば、その女目線かもしれないなとも思います。なんだかんだ言っても、まだ女の時代は来ていない。まあ、日本だけでなくアメリカもそんなところでしょうか。

でも私はこの映画、割と好きです。煌びやかでファッショナブルな面が、分からないなりにいいなと思える。そういうところを見る人がもっと増えると、こういう作風のものも増えてくるのではないでしょうかね。

 

|

« February 2020 | Main | April 2020 »