« August 2019 | Main | October 2019 »

September 2019

2019.09.29

「ある船頭の話」

作品の背景にいろいろ物々しい前置きがついている。
まあ、それはそれ。

自分としては、好きな方向性の作品。
言葉を使うのは、最も言いたいことがある場面のみ。
人物の背景や時代の空気はほぼ映像のみで描く。説明的な台詞はない。

清々しくていい。


人の声も清々しい。山あいの穏やかな川面に、人の声が少しこだまするように力強く大きく響く。
こういう効果は、ちょっとほかの作品では見られない。

日本の懐深い自然の記憶を呼び覚ます。


砂漠や草原のような物理的な広大さとは違って、むしろ限定された空間の中に、無限の広さを含んでいる、我々のふるさとの景色。フラクタルな重なり。

それは演劇的な空間でもある。


* * *

平均的な映画なら、この作品が扱った時間の流れを、説明的な台詞で背景として圧縮解説して、そこから何か発展させて事件を描くという感じになりそう。そうすると確かに、劇的な感情を呼び起こしやすいのかもしれない。よく見る典型だ。

本作はそういった速い流れに乗らず、ゆっくりと、何かが起動する部分だけを扱う。
思えば、流れ着いてきた少女の物語も、船頭の物語の以前にあったはずだ。
そうして、何も変わらなかったものが、玉突きのように動き出す。

それだけか、と思うかもしれないが、その細部の中に、大切なものが・・

あるかのように描いている。
あるのだろうか。
あったはずだ。

船頭は変わってしまい、元に戻ることはない。
我々もまた。

* * *

そういう感じの映画でした。

近代が肯定してきた中心的な価値と、それが捨象してきた価値との相克、と安易に整理してしまった瞬間に、何かが手からすり抜ける感じがします。

さて、大切なもの。それは何だろう。

|

2019.09.28

「エイス・グレード」

これがダサいんだ。もう目を覆いたくなるくらいダサくてイタい。

でも不覚にも泣けた。それはもう泣けた。

中学3年生くらいってこんな感じだったんだなあ。
おじさんもう全然覚えてないわ。

それはそうと、スナップチャットっておまえらそんな使い方してたの? w
でもあれってスクショとれるんじゃなかったっけ?通知は行くらしいけどww


・・・「オバマ前米大統領が2018年の年間ベスト映画に選出」
え。そ、そうだったの。それは失礼しましたw

 

|

2019.09.23

「3人の信長」

くだらねー。と最初のうちは笑ってみていましたが、途中からちょっとシリアスになってきて、最後にまた多少笑いをとって終わる、いい流れでした。

信長人気の理由は、言うまでもなくその大志と、手段としての既存勢力大破壊にあるわけですが、本作でもその点は、影たちの忠心の源泉としてたっぷり参照されています。

部下たちが大将の志を正しく理解して共鳴している組織ほど強いものはないですよね。織田の面々の思い切りのよさと自主独立の行動に対して、旧今川家臣たちの煮え切らなさ、組織や権威への依存服従体質が、好対照で描かれていたのが、作品の質を上げています。

とはいっても、今川家というのは、比較的開明的な統治をおこなっていて、信長も施策の参考にしていたそうなので、義元は運がなかったというしかありません。その点にも終わりにちらりと触れているなど、作り手の目配りもよかったと思います。

ということで、失礼ながら予想に反して、良作なんではないでしょうか。

これが山手線のTOHOでいうと日比谷と新宿だけの公開というのが解せません。上野はやらないのねえ。池袋が開業すれば、そっち系統になるのかなあ。それまでは日比谷が引き受ける感じでしょうかね。日比谷が出来てから、日本橋がいまいち特徴がなくて、これからどうするのか気になります。

 

|

2019.09.22

「狼煙が呼ぶ」

正味16分間の映画。
11:40~12:00てことで、体験してまいりました。

最近、時代劇ってほんとに映画館で見ることはなくなったからなあ。
まあ、こういうのもたまにはいいかな。

これはたぶん、抵抗の狼煙、とか、反撃の狼煙、とかいうくらいの意味合いなんではないかと思った。

ただ、最期のシークエンスは新国立競技場など映り込んでいるから、ひょっとして来年のオリンピックにも引っ掛けてるのかもしれない。そうすると、抵抗とかではない感じもする。

スポーツや芸術は、権力や財力のパトロネージュがあって成立するようなところがあるし、かといって媚びてしまっては二流以下だし、その辺、微妙に匂わす匙加減が肝要。

見る人それぞれの受け止め方があっていいのではないでしょうか。

ちょっと難癖をつけとくと、浅野忠信が相変わらずかっこよくて、今日の着物も上質で手入れされている感じを出しているのに、よく見ると衿がテカっているぞー。

わても最近、ワイシャツの衿が黄ばんでるの気にしなくなってるけど、気を付けないとなーw

|

2019.09.21

「アド・アストラ」

とても映画らしい映画。
私たちが普段想像もつかないような世界を、映像の力で見せてくれる。

宇宙が
宇宙っぽく見える。

たとえ、物語がとってつけたようであっても、
あるいは、科学的な考証が全くお粗末であっても、
そんなことは関係ない。

宇宙が
宇宙っぽく見える。

それこそが、この映画の値打ち

|

2019.09.19

「ONE PIECE STAMPEDE」

子供向けアニメ、というジャンル。
お話はまあどうでもよくて、むしろ気合いいいとか仲間ああああとかの方が勝っている。
中二というより、もう少し下の年齢層向けだろうか。
あらすじとか、シリーズのあれこれを読むと、今回の「スタンピード」は有名キャラ全員集合みたいな趣で、ファンの間では評価が高そう。

なるほどこういうものなのね、という感じ。
ワンピースってそういう意味だったのか。
まあ、勉強になりました。

 

|

2019.09.16

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝」

例の痛ましい事件があって、アニメ制作スタジオが大変らしいということで、ちょっと見に行ってみました。

絵は確かに特徴があっていい感触。最後の野原の回り込みなんか、結構大変なんだろうなあと思いつつ、この質感と密度が途絶えないよう祈りたいです。

TVシリーズを見ていないので、お話の背景はネットで読む程度しか知らないのですが、本作についていえばじっくりした展開で、あまり劇的な感動というものはありません。よくできたお話だけれど、ある程度先が読めて驚きはない。エミリーがヴァイオレットに心を開いていく過程が、やや滑っている感じがちょっと惜しいです。流れはいいのだけれど、ディテールは工夫の余地がありそう。

手紙というものを媒介にして感動を形成する着想は、たぶん他にもあると思うけれど、それを中心に据えて、フォーマットにまでしてしまうのは頑張っています。本作でそのフォーマットに載せたのは・・副題に「永遠」とありますが、よくわかりません。むしろ、生き別れた姉妹が紆余曲折を経て、手紙を通じて共有する「自由」というものに思えました。

外伝、ということで、やや抑え目なのかもしれませんが、本編ではもう少し山谷を強く出してもいいかもしれません。

 

|

2019.09.14

「記憶にございません!」

大方の人が、なんだか変だよなーと思っていることが、なかなか世の中の大きな声にならない、という閉塞感を捉えて、その変なことを素直に変だと、当の政治家本人に言わせる。
そんなことができたらという庶民の潜在的な願望をしっかり捉えて、エンタメに仕立てています。

出だしからしばらくは、少しアクが強くて上滑りするかと思ったけど、おしまいの方は腕力でなんとか納めた感じ。取り上げた素材が、比較的下世話なのが多くて無難だったのが、功を奏したかもしれません。

マスコミの描き方も皮肉っぽくて、これも大衆受けしそう。

ワタクシ的には、半眼の斉藤由貴がよかった。大半の我々普通の人は、まああんな感じで物事の推移を見てますよね。

三谷幸喜、かなり怒りながら作っているような感じも受けましたが、気のせいでしょうか。

 

|

2019.09.07

「ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん」

この色合い!
抑えた色調。何種類もある白と青灰色。
吹き付けるブリザード。輝く氷山。
弱々しい日の光。温かい黄橙色。

この平面で構成された圧倒的な絵柄!
光面と影面をくっきり分ける揺るぎない線。
船、海、氷の画面は、そのまま一幅の絵になっている。

浮世絵の、などとは言わない。
これは独立したひとつの画風だ。

お話の山谷に合わせて絵の雰囲気も描き分けて、物語を推し進める。

こんなに絵を堪能したのは久しぶり。
いいもの見せてもらいました。

 

|

2019.09.06

「フリーソロ」

あまり安っぽい感想を書きたくない。
こんなに緊張した映画を見るのは初めてだ。

ひたすら、すごい。
あの1000メートル近いほぼ垂直の断崖を、素手だけで登ってしまう、そもそもそんなことに挑戦しようという人間がこの世にいる、そのことが。

2年前、「メルー」を見たときは、十分な事前準備を経てなお、登山家が死ぬか生還するかは、運だと思った。
今日、この映画を見て、運の要素など微塵もない命懸けの所業があると知った。

とんでもない人間であり、それを映像に収めたとんでもない映画です。
フリークライマーの独特の世界観、本番チャレンジの難所での一瞬の集中を、カメラに収めた最高のドキュメンタリー。

見ていると、本当に何気ない一瞬だが。
その一瞬でわずかでも計算とずれが生じれば、体はふと岩壁から離れ、ただ石くれのように落ちていくだけだ。

ネットもない。
ロープもない。
翼などもちろんない。
ただ、何百メートルか下の硬い地面に叩きつけられる最期があるだけだ。

 

そうならなかったのは、すべてを計算通りに実行する常人離れした何かを彼が得たからだろう。
終わった後、こう言っている。

「今日は山が怖くなかった」


その決定的な一瞬以外も、凡人の我々にすれば胃が冷たくなる連続です。

本当に生きて帰ってきてよかった。

 

|

「アス」

名付けるとすれば、カジュアルホラー。

最初の導入部がとりわけうまい、こわい。気味悪い。

細かく言えばところどころ綻びはあるけれど、出だしでしっかりハートを掴まれれば、多少のことは大目に見てもいい気分になります。

この監督さんは、あくまでも怖さを映像化することに長けていて、それ以外の何かを込めようという意図は薄いように思えます。だからこちらも、そのようにシンプルに受け止めればいい。

たぶん、自分と向き合うことの意味、とか、自分自身に潜む残虐さやエゴとかいう見方もあると思うけれど、この監督はそんなところには重きを置いてなさそう。

「ゲットアウト」のときは、それがまだ分かっていなくて、何かを読み取ろうとしてすれ違ったけれど、そんな必要はないのだった。ただシンプルに、怖さ・・というか気味悪さを楽しめばいい。

怖さの質でいうと、暴力の怖さではなく心理の怖さ。普段は心の奥底に沈んでいる恐怖を釣り上げるリズムというか間合いのようなものを、この監督はよくわかっている感じ。

これでどう。ちょっとこわいでしょ、ふふふ。てな感じで徐々に黒い沁みが広がってくるような。

程よいところで、ヒロインの旦那のとぼけた親父ギャグなんかを添えているのもいい味わい。監督のコメディアンとしての経験が効いているのかも。そして、息抜きと思わせたこのお笑いを、娘と二人だけの場面で使っておくのが、最後で最大の恐怖が露わになるところでものすごく効いてくる。ニクイね。

その最後のヤツを見せられてから、映画が終わって遡って考えると、いろいろ思い当るところが他にもあって、二度美味しいです。

ただ、弟と影の対決シーンは少し矛盾を孕んでいて、そこが最初に言った綻びなんだけど、まあいいでしょう。観客が気付く順番まで計算に入れて作っているのだろうから、手が込んでる。テヘペロってことで。

宗教絡みみたいなどす黒さがないホラーで、いい味なんじゃないでしょうか。
ずっとこの路線でいけるのか、それとも何か新機軸を打ち出すのか、今後に注目したいです。

|

2019.09.02

「ガーンジー島の読書会の秘密 」

GoogleMapsでガーンジー島を探すと、フランスに近い位置にあるようです。https://bit.ly/2ZFdTqk

風光明媚な島を背景に、第二次大戦終結後も島に残ってしまった戦争の影を解きほぐすお話。

ロンドン在住の女性流行作家が、ふとした縁でこの島の読書会を取材に訪れ、その成り立ちや活動を調べるうちに、戦争で行方がわからなくなった創立者の女性を巡って、口を閉ざそうとする島の人々との間に葛藤が生まれます。

もともと華やかな都会からやってきた作家に対する多少の反発や負い目があった島の人々ですが、読書会での交感を通じて作家との絆が深まっていきます。作家の方の、島の生活に同化しようとする柔軟さと、島の人々の、読書で培った教養とが、両者の結びつきを確実にしていきます。

徐々に、隠されていた過去の出来事も語られ、行方不明の女性については、作家の婚約者の助力で判明し、作家は島の人たちに迎え入れられる存在になっていきます。

この辺りの、頑なな関係が少しづつ打ち解けていくときに、本というものの力が大きく影響していることが、読書会を題材にした本作の目玉でしょうか。

取材も終わり、都会へ帰った作家ですが、ここからが物語の真骨頂。彼女の人生の選択のお話になりますが、そこは見てのお楽しみ。とてもよい味わいの結末へ向かっていきます。

以下、ちょっとネタバレの追加です。

* * *

この作品の後味の良さは、もちろん、作家と純朴な島人との絆の深まりからきているのですが、それ以外にもいろいろ楽しめます。

例えば、作家の婚約者は、作品によっては憎まれ役にもなり得る立場ですが、この映画ではナイスガイ振りを大いに発揮しています。ロンドンの社交場の場面をみていると、金持ちの優男でしかないのですが、電話に出るときの仕事場の様子、婚約者を迎えに来るときの手段、などなど、憎たらしいくらいの実力を醸していながら、彼女に対してはたいへんジェントルです。ニクイですな。

残念な結果の後、一度取って返してシャンパンをビンごと攫っていくシーン。力づくでも攫って行きたいのをこらえるのと、この後のやけ酒とをひとつのアクションで表現して、この男の真実味をとてもよく伝えています。本作はこうした光る演出が随所にあります。

行動も所持品も逐一が「王冠のよう」で、庶民の暮らしにそぐわないところはあるものの、それは彼のせいではありません。

また、作家を支える編集者。この男もなかなかよいです。ゲイということで、女性の作家も忌憚なくあれこれ頼ることができる、使い勝手のいい設定です。裏方として作家のビジネスを支え、心の友、理解者であり、古き良き時代のいわゆる編集者という像を彷彿とさせます。

この二人の男などは、どこの名作少女漫画なのかと思うくらい、キャラが立っています。

お話の本筋に加えて、こうした登場人物たちのおかげで、作品の幅や深みが大いに増している良作でした。

|

2019.09.01

「火口のふたり」

興味本位で見に行ったのは否定しない。
なんだけど、見終わって、これは今年のベスト作品にしてもいいと思った。

なるほど濡れ場はそれなりに激しい、というか濡れ場なんて言葉は似つかわしくないほどしっくり自然だ。

でもこの作品のよさは、その合間々々にふたりの間で紡がれる数々の言葉に込められている。
台詞と行為とがひとつながりになって、場面々々の思いを伝えてくる。

懐かしさ、気安さ、切なさ、哀しさ、不安、意外な驚き、正直な気持ち。身体の言い分、などなどなど。

原作は直木賞作家だそう。やっぱり凄いね。

* * *

ところで最近、米国の前ファーストレディ、ミシェル・オバマさんの名言「When they go low, we go high」が再び脚光を浴びているらしい。いかにも米国らしい良い言葉ではある。

この「火口のふたり」に込められたものは、それと対極にある気がする。いかにも日本的な、これも良き想い


単純な物差しで比べることはできないのだが、時々思い出して見比べてみたい。

 

|

« August 2019 | Main | October 2019 »