« 「X-MEN: ダーク・フェニックス」 | Main | 「ザ・ファブル」 »

2019.06.29

「ハッピー・デス・デイ」

死ぬと時間が巻き戻って記憶だけは残る、というと「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を思い出します。「オール~」では知識とスキルを積み重ね、未来を知っている有利を生かして主人公が活躍しますが、本作では、この設定は別の使われ方をします。

決して褒められた性格ではない主人公が、反省して行いを改めるのでーす。と思ったら、それは終わりの方の1回の蘇生だけ。その結論にたどり着くまで、何度も死になおします。途中、むしろ悪い方向にも行ったりしてw。性格の悪さなんてそうそう変えられるものじゃありませんね。
でも、行いを改めようと思ったきっかけが、これがふとしたことだけれど、なかなかよいです。やはり善人との出会いというのは大切ですね。幸運をあなたにも。

まあ、そういうガールミーツボーイな筋書きがあってほっこりするわけです。
「バタフライ・エフェクト」とは違って明るくてパワフルです。

しかしながら、本作の眼目は何といっても、様々なパターンで殺される恐怖を何度も味わうところにあるわけで。刺されたり刺されたり刺されたり殴られたり燃やされたり・・えーっと溺れるとかはなかったかな。他にもあるけど言うと結末のネタバレになるので黙っておきますが。

まあ、そういう趣味の作品です。

こうしてみると、やはり刺されて死ぬのが映画製作上は一番安上がりなんですかねえ。何度も使われてます。派手な爆発で燃やされるのは1回だけ。ちょっとおごってみましたって制作会議で監督が説明してるのが目に浮かびますw

ほっこりあり、恐怖あり、ほかにもいろいろあって、最後はハッピーエンド。コスパのよい作品でした。

* * *

ところで、時間巻き戻しというギミックを使った作品としては、「アバウト・タイム」がとてもよいので、お薦めしておきたいです。

|

« 「X-MEN: ダーク・フェニックス」 | Main | 「ザ・ファブル」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事