« January 2019 | Main | March 2019 »

February 2019

2019.02.24

「アリータ:バトル・エンジェル」

アクションの得意な監督と、ドラマの抑揚をつくるのが巧みな脚本家と、そして懐かしくもイカレた原作。いうことないです。

仕上がりはもう期待どおり。
天使の顔に戦士の体って誰が上手いこと言えと。
この世に滅びぬ悪はない。ってそれは言ってないか。

そういうくっさ~い言葉が、このサイボーグ少女には、ぴたっとハマるのですよ。なんてかっこいいんでしょ。

ただ。もうちょっと尺を長くとってじっくり描いてほしい気もしました。原作は、もうほとんど忘れたけど、もうすこし狂った世界を描いていたと思うのです。人間も文字通り機械部品の一つになって酷使されているとかね。

その感じが、本作では弱まっていて、サイボーグたちは確かに異様な風体ではあるけれど、ここが狂った世界だという感じは出ていない、そこまで深く描かれていない感じです。

原作で私が覚えていることがひとつだけあって、それはザレムにあった、公衆自殺機というものです。それが平然と、しかもちょっとしたアクセサリとして描かれている。そういう狂い方が、本作にはなかった。

当時はサイバネティクスというのは半分夢物語だったと思うのですが、生命科学とロボット技術の進化の先に、ああいうものが新しい現実として表れてくるのかどうか。

そういう狂気は続編で描かれるのでしょうかね。内面に深く降りて行ってほしいです。

一方、バトルアクションは凄いです。これだけのものを詰め込んだのでは、確かに人の内面を深堀りする余裕はなかったのも仕方がない。

原作では、主人公のボディは強力な仕様ではあるけれど、唯一無二ということではなかったと思います。それが本作では、地上に二つとない特別なものだという設定に変わっていて、ニュアンスが少し変わったかなと思います。ガリィの強さが何に由来するかという点がすこしぼやけた。

ま、いろいろ難癖をつけてみても、これがサイコーにかっこいい映画だということに異論はありません。アバター2も楽しみです。

もちろん続編もね。

|

2019.02.17

「アクアマン」

この仄暗い感じがいいね。
思ったよりずっといい。

それともうひとつ。
このアクアマンというキャラクタの強さの源は、コミュニケーション能力だという点が、とってもいい。

無敵の矛を振り回したりする強さは、それはそれであるけれど、その矛を護っていた怪物を退けたのは、怪物と言葉を交わす力があったからだ。

はじめの方で、追われて逃げるときも、鯨と話をする能力が決め手だった。

そういう、異質なものと心を通わす能力は、なかなか他では見られない。ユニークな感じがする。

お手本にしたいですな。

それからニコール・キッドマンは相変わらず演技がイマイチで、いかにもニコールらしくてよかったw。不滅の美形に思考停止させられるから、正直、演技はほどほどでもいいんだよね。

|

2019.02.02

「七つの会議」

思いのほか見ごたえがあった。まあ野村萬斎の語り部分は、ちとクサイ感じはしたけど。だって萬斎、サラリーマンとは程遠いキャラなんだもん(笑)。

私は、一応今は勤め人なわけだが、こんな濃ゆい世界は知らないので、どの程度リアリティがあるのかはわからない。

しかし、企業というものに澱のように溜まっていく良くないものを、的確にデフォルメして見せてくれたと思う。

このところ、世の中に嘘や偽装が蔓延していて、感覚が麻痺しかかっていたが、ダメなものはやっぱりダメだと言わないといけない、ということを強く訴えかける内容だった。とはいえ、それができていれば、こうはなっていないわけだけど(笑)。

ひとつ面白いと思ったのは、ここでは企業を悪に、役所を中立なものとして描いている点。制作側に規制業種のテレビ局がはいっているということもあるだろうけれど、リアルなインフラを監督する役所は、悪質な偽装を放置すると人命に関わる事故が起きかねないから、それなりにモラルは保たれるだろう、という信頼感が見て取れる。

萬斎の語り部分で、「日本企業は」と言っていたのは、少し割り引いて考えたいところ。欧州の自動車メーカーは軒並み排ガス偽装していたわけだし、どいつもこいつも五十歩百歩というところだろう。駄洒落じゃないよ。

駄洒落と言えば、主人公の「八角」という名前は、発覚に掛けていて、もろにオヤジセンス。本作の舞台にピッタリで笑えました。

組織というものは、あんまり大きくなり過ぎない方がいいんじゃないかなあ、てなことを思った一本でした。

|

« January 2019 | Main | March 2019 »