« 「ジェイン・ジェイコブズ ―ニューヨーク都市計画革命―」 | Main | 「タクシー運転手 約束は海を越えて」 »

2018.05.04

「ラプラスの魔女」

東野圭吾のうまくないパターン。理路も展開も杜撰すぎて、キャラクタも薄っぺらくて、興醒めする。

脚本もまずい。それに引きずられるかのように、台詞も陳腐、演出も下手、かろうじて俳優のアップでもたせているものの、全体に激しく残念な出来。

ポスターを見ても、俳優のヴィジュアルで客を集めようという意図が見えるけれど、それに見合う内容がなければ裏切られ感だけが残る。

なにしろ広瀬すず実は大根なのか、と思えるほど。いかに台詞と演出がまずいかわかろうというものでしょう。
いや、実は大根なんだよ知らなかったの?説は・・認めない。認めないぞ。

最近、NetflixやAmazon、Disneyなどがブロックバスター戦略でとんでもない金を掛けてコンテンツを作り込んできている中で、これでは邦画はまったく太刀打ちできない。

なんだかなー。
久しぶりに全力でダメ出しできる作品でした。まあたまにはずれがあるのが健全なのかもしれないですけどね。

劇場の席が驚くほど埋まっているのと、内容のダメさ加減との間にギャップを感じます。

|

« 「ジェイン・ジェイコブズ ―ニューヨーク都市計画革命―」 | Main | 「タクシー運転手 約束は海を越えて」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事