« 「ザ・マミー」 | Main | 「トランスフォーマー 最後の騎士王」 »

2017.08.04

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」

世界のMにはそんな歴史があったのか。知らなかった。

一旗あげたい中産階級がたくさん居て、優位性のある店舗運営のコンセプトがあって、それを結び付ける起業家と資金の出し手が居て、という、フランチャイズ展開のお手本のようなお話。

フランチャイズというものは、多店舗展開のスピードを上げリスクを分散するために、資金を持っているオーナーを募集して店舗を立ち上げるのだと思っていた。

このお話の中では、その逆を行って、開店資金(土地代)のリスクは本部が負担し、オーナーは一種の店子となる。本部が大きなリスクをとって、大きく儲ける形。

そういうと、なんだ普通じゃないかと思うかもしれないが、そういう発想が一般的ではなかった時代に、住処を抵当に入れてでもやり始めたのは、やっぱり大したことだ。

そのハブになっている男の素行にいろいろ問題があるという話も、ここではある種の彩に見えてくる。だいたいそういう人はそういうものだし。

見るべきは、彼のブランド形成における感覚の良さ、コンセプトを貫き通そうとする執念、そういったものだろう。

世の中全体が伸び盛りだった頃の、夢のあるお話でした。
きっと新興国は今まさにこういう感じなんだろうな。

|

« 「ザ・マミー」 | Main | 「トランスフォーマー 最後の騎士王」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事