« 「 ジェーン・ドウの解剖」 | Main | 「嘆きの王冠」1-4 »

2017.06.10

「セールスマン」

昔々、つきあっていた女性がふと「私が痴漢とかされたらどする?」ときかれたことがあって、キョドったのを覚えている。痛い記憶。

これは、そういう話の微妙さ加減、扱いの難しさを描いていって、最後に、もっと大きな人間の悲哀を持ってきて、大人の沈黙を落としどころにしている。納得できる結論など無い。苦みのある味わい。

ちなみに、最初の問いに今ならどう答えるかというと、「そういうことが起きないように気配りするよー」くらいでしょうかね。(笑)

|

« 「 ジェーン・ドウの解剖」 | Main | 「嘆きの王冠」1-4 »

映画・テレビ」カテゴリの記事