« February 2017 | Main

March 2017

2017.03.11

「王様のためのホログラム」

これは一体どういえばいいんだろ。
・イスラム世界だって西洋世界と大差ないと言いたい。
・といっても前近代的な色もずいぶん残っている。特にサウジアラビアは。
・ここでも中国の進出著しくて仕事を奪われる。
聞きかじりでしかないんだけど、だいたいそういうことは普通に新聞読んでいればわかる。

んで、まあでもなんとかなるわね、といわんばかりのお気楽な展開。

んー。なんでしょうかこの座り心地の悪さ。
西洋社会が世界のその他を見るときの優越感みたいな?
それがほころび始めている不安?
不安を鎮めるご都合主義?

最近の映画は、もう作品の組み立て自体の質は上がっているから、見るに堪えない出来の悪さというのはないのだけど、でもこれを見て何を想えというのか、というむなしい感じが残ってしまいました。

|

2017.03.04

「ナイスガイズ!」

ずっこけ探偵コンビにおませで賢い女の子の組み合わせ。よくありそうな定型。お笑いエンタメ系探偵ものは邦画も洋画と互角の作品を結構出していて、割と好きなジャンル。「探偵はバーにいる」「まほろ駅前多田便利軒」とか。どっちも松田龍平だw。単発だったけど「カラスの親指」はよかったなあ。

探偵なんていうものが主役になると、それはもう世間の暗い汚い怖いところがお話の中心にくるわけだけど、そういう舞台設定だからこそ、汚れ仕事にどっぷりつかっている彼らが根は善人である点が光るわけだ。だから、「ナイスガイス!」というタイトルはとてもぴったりくる。

そういうわけで、本作が特に抜きんでてよいとはいわないけれど、楽しめました。ライアン・ゴズリング、だんだん役のイメージを広げている感じ。

|

2017.03.03

「アサシン クリード」

いわゆるひとつの「パルクール」っていうやつ?
忍者の体捌き。
その点ではなかなかよい映像が見られます。
こちらは、映画でスタントを務めた方の、朝の出勤風景wだそうです。すげー。
https://www.youtube.com/watch?v=-SY0EhJcciw

テンプル騎士団とイスラム世界の闘いという点では、あまり見るところはなかった。もっといろいろ面白い駆け引きがありそうな気がするけど、まあ元がゲームだし、アクション映画だし、それは言っても仕方がない。

レコンキスタの頃のイベリア半島の、都市の風景は・・どうなんだろう。いまでも残っている古い町並みそのままと思っておいていいんだろか。

現代西洋文化の主流から見た、スペイン語圏のエスニックな感じを、主流のフィルターを通して東洋の我々が見る、というところにちょっとぞくぞくする。設定の勝利なんだろう。

あと、エンドクレジットが超々々々長い。これで勝負するつもりなんだろかと思うくらいw

|

« February 2017 | Main