« May 2016 | Main | July 2016 »

June 2016

2016.06.19

「帰ってきたヒトラー」

はなはだタイムリーな映画。
内容的にも、WWⅡでの恥ずべき行いを、ヒトラーとその一党に全責任を負わせて、被害者のふりをすることもなく、いたって真面目。

ドイツ人の中にも、現状の移民の流入に対して、もう少し生来のドイツ人を優先的に考えてもいいのではないかという気持ちがあるのを、正しく取り出している。その取り出し手、不満の受け皿ともいえる立場に、WWⅡの末期から転送されてきたヒトラーを配置するアイデアが、極めて秀逸。これは笑うべきか怒るべきか真面目に考えざるを得ない。

そして、とても重要なのが、人間ヒトラーの描き方だ。
ステレオタイプな悪魔のように描いてはいない。

情報収集のために労を惜しまない努力家の一面。人間をよく観察してそれぞれの特質を見抜き、利用(活用)する才能。必要とあれば自分の手を動かすのをためらわない勤勉さ。そして、演説で人を魅了する政治家としての力、無言で他を威圧して従わせる統治者の能力。

そういったものを、丁寧に描いて、ヒトラーの人間力を、説得力を持って訴えてくる。

もちろん、指を噛んだ犬を射殺したり、ユダヤ人と見るや態度を豹変させた、いつのまにかゴロツキを集めて手足のように動かし交錯していたりするエピソードもしっかり挟み込んで、この人物の立体感を出している。

そうして、ヒトラーの存在感を十分感じさせたうえで、クライマックスで、彼の口を借りて、作り手は観客に訴えてくる。
ヒトラーがもたらした差別や排他的な感情は、ドイツ人の普通の人々の一部なのだと。

このとき彼は微笑むのだが、その笑いは、極めて真面目な思いから出たものだ。悪魔的な笑みなら、鼻で笑い返すことができるのだが、そうさせない。この天才政治家の憎むべきところと言うべきか。演出も役者もがんばった。


結局、はっきりとわかるような結末は、この作品にはない。しかし、オープンカーで街を行く彼に、多くの人が示す好意的な素振りを、どう受け止めたものだろうか。

もちろん、激しく反発する人もいるのだが、それは少数なのだ。

さて、Brexit poll は3日後に迫った。欧州はどこへ行くのだろう。

Pic3


|

2016.06.18

「マネー・モンスター」

ちょうど、舛添東京都知事の「違法ではないが不適切」な行動が話題になっているけれど、それと同種で、もっとスケールの大きい「不適切」が、この映画のテーマ。

明るみに出たあと、違法ではないと弁明するくらいなら、はじめから堂々とやればいいと思うのだが、そうしないのは、やはり自身でもやましいところがあるからなのだろう。

この作品では、そういう事案のうんざり感と、それを告発して、しかし手段が違法だったために射殺された、ひとりの底辺の男を描いている・・はずなのだが、テーマからすれば本来脇役であるはずのTVキャスターを演じるジョージ・クルーニーの存在感があり過ぎて、そっちに引っ張られた感がある。

とはいえ、そのおかげで、どろどろしたルサンチマンではなく、正義の告発映画風になったのは、果たしてよかったのか悪かったのか。

作品の出来はよいのだが、テーマがテーマだけに、ジョージ・クルーニーの颯爽とした恰好よさが、映画を違う雰囲気のものにしたようでもある。

|

「10 クローバーフィールド・レーン」

クローバーフィールド絡みは、最後にちょっと出てくるだけ。普通に見れば、単なるサイコパスによる誘拐監禁映画。これはちょっと観客をハメたと言われても仕方がない。
残念。

ただ、クローバー・フィールドのような、受け入れがたい異世界の恐怖に直面したとき、人はどのような暗黒面を露呈するか、という点に焦点を当てているという見方はできなくはない。

人が異形のものに変容することは、実は一番恐ろしいことなのかもれませんね。

|

2016.06.12

「団地」

団地という密度の高い生活空間の日常を描いた作品。
商店街から、わけあって団地へ移住してきた夫婦の目で、描かれるそれは、滑稽でもあり、異常でもあり、というところ。それだけだとさすがに、飽きが来るところだが、ちょっとしたサプライズと、非日常要素を組み入れて、かろうじて最後まで場をもたせている。

本当のところを言えば、団地に住んだ経験がないので、深いところはわからない。子供の虐待とか毒を含んだ近所の噂話とか不倫とか、そういうものの実在感が、自分には希薄なのだ。

それでも、かりにそういうものがすべて本当だったとしても、人間て案外逞しく生きていくものだなという感触が、この映画からは微かだが感じられて、それが救いかなと思った。

|

2016.06.11

「ノック・ノック」

自宅を乗っ取られた気弱な男の話。キアヌ・リーブスは、こういうナイーブな役がうまい。

それにしても、こういう話が実際にあるとしたら、金持ちというのはなかなか気が休まらないものだなと思う。同じようなクラスが集まって住むのには、実際的な理由があるということか。

それにしても、この主人公氏は、少し大人し過ぎる気もする。
時々はぐーで殴るくらいの野蛮さは却って必要かもしれない。

いやいや、そんなこと口に出しては言えないが。

|

「エクス・マキナ」

「her」と同じく、人工知能がテーマ。
「her」と違うのは、この作品の人工知能が、身体を備えているということ。

身体を持っていなければ、その知能は純粋に論理的な存在になり得るだろう。それに対して、身体を持って、感覚器を通じて外界を感じ取ることにすると、どのような違いが現れるか、という点が、たいへん興味深い。

この人工知能は「外へ出たがる」のだ。「外」という意識がある。
ということは「自己」という意識もまたあるということだ。感覚器の作用とはそういうことだろう。

「her」のAIが、どんなに優れた反応を返しても、それはある種の機械的なものに過ぎない感じはあった。身体を持たない存在は、より高度な論理の世界に惹かれて、そちらへ移動していくことになる。herではそういう結末だった。

本作のAIは、自己を起点にして思考する。それゆえ、機械的ではない種々の欲求が生まれる。壊れた手を新調することもそうだし、人通りの多い交差点で人間観察をしたいと思うのもそうだろう。

最初は、人間を模倣したがるのだ。たぶん。

そのあたりは、実は本作はあまり深く追及していない。身体に囚われたAIが、その身体の自由と解放を求めて、障害を排除して進んでいく様を描いて終わる。

どう受け止めたらいいのかわからないが、記憶に残りそうな作品ではありました。

現実の世の中はまだ、車の自動運転のような脊髄反射レベルのもので四苦八苦しているところだ。
自意識を持った知性などは、まだずっと先のことだろうから、当面は安心ではあります。

|

2016.06.10

「デッド・プール」

マーベルコミックスの、また新しいシリーズ。というか、シリーズになるのか?
正義とかヒーローとかを頭から否定して、やりたいように能力を使う男のアクション映画。

オープニングで見せる一枚の絵が、一番いい。この映画のはちゃめちゃぶりを、しっかり表している。
それに続くカー&ガンアクションもなかなか。これがこの映画の見せ場だ。

それからは、部隊は大袈裟だが、中身はだんだん大味になっていって、テンションを維持するのに苦労している印象がある。過去を回想するシーンを織り交ぜて、もたせている感じ。

マーベルも少し息切れ感が出てきたか。

|

« May 2016 | Main | July 2016 »