« March 2015 | Main | May 2015 »

April 2015

2015.04.29

「mommy」

母子家庭。母は学歴も資格もなし。男の子は手の付けられないハイティーン。そして・・ADHD。特段の才能なし。この辛すぎる状況が折り重なった設定の下で、母の大きすぎる愛情と、現実の壁、限界を描き出している。観ていて痛い。


親には、ふたつの役割がある。ひとつは、生計を立てること。もうひとつは、子どもの養育だ。
ふた親が揃っていれば、この二つを、役割分担することができる。ローテーションを組むことも可能だろう。

では、ひとり親だったら?
それも、男性優位が残っている多くの社会で、生計を立てるには不利、かつ、子への愛情は強い、母ひとりだったら。

それでも、子どもが手が掛からなければ、どうにかなるかもしれない。
では、子が発達障害、それも、目を離せば何をしでかすかわからない注意欠陥・多動性障害だったら?

それでも、兄弟姉妹が互いに面倒を見られれば・・
では、一人っ子だったら?


分解して列挙して見ると、このプロットが、いかに意図的に練られているか、わかるだろう。作り手は、登場人物の逃げ場を塞いでいるのだ。

そうしておいて、架空のカナダで実施された、S-14法案-養育を放棄し、施設に入院させる権利を保障する-を、これ見よがしの出口に見せている。

あざとい。
まあ、若い監督だから、手口が過激に先鋭化するのは仕方がないのだろうか。


それほどまでして、この25歳の気鋭の監督は、何を描こうとしたのだろう。

母の無償の愛
子の自由への希求
世間の理不尽、隣人の支援

どれも、さんざん描かれてきたことではある。監督の実体験に根差しているそうだから、そういうことにしておこうか。

世の映画評を見ると、この作品を、ユーモラスな、とか、希望の、とか、どうにかして明るく希望があるように見せようと、苦心しているように見える。

でも、どう見ても、ここに描かれているのは、ひとつの絶望と挫折だ。いったんは。

最後のシーンは、希望のように見せているけれど、残念ながら、その窓は簡単には壊れない。
そして、窓の外には、窓以上に固く見えない、他人の都合という壁がある。


そうか、愛はまだ捨てていないね。

合掌。

Pic01


|

2015.04.27

雑記150427

久しぶりの雑記。
映画の感想文だけだと、やはり寂しいので。

でもやっぱりSNSは便利なんだな、こういう内容で手短に書くときは。



コミュニティは史上最強のSNS

身近なつながりを通じて人生を楽しみ、それが経済に繋がる
経済につながる、というところが重要。


自動運転車についての批判的な意見は、ほとんとが、人間の運転者だって対処できないようなケースをとりあげて、いろいろ言っているものが多い気がする。

あるいは、酷い渋滞のような、ケース。
自動運転車はうまく割り込めるのかって?

そういうときこそ、自動運転車どうしがIoTで連携して、粛々と順番に処理できるという、得意な場面ではないかと思ったり。

自動運転車は、想像力とか発想の転換を試される、面白い題材。


|

2015.04.25

「リトル・ダンサー」

子どもの才能を伸ばしてやるよう手を尽くすことは、親の誇るべき義務、という考え方が、高い評価を受ける欧米ならではの、泣かせるお話。

はじめは、バレエなど女のすることという頑なな考えだった炭鉱労働者の父だが、弟が無心に踊る姿に、何かを感じたのか、仲間たちとの結束を破ってまで、学費稼ぎのために、スト破りに加担する。

その日、昨日まではスト破りを乗せたバスに卵を投げつける側だった父親が、今日はそのバスに乗って、仲間たちの怒号を浴びる。仕事場に着いた父親が、あの頑固な父親が、男泣きに泣く場面が胸に迫る。

それでも、自分の意地やプライド、主義主張をまげてでも、弟の才能の芽を摘みたくないのだ。
炭鉱町の仲間たちも、その思いに打たれて、オーディションを受けに行くための旅費をかき集める。

町のバレエ教室の先生も、密かに推薦状を書き送って、主人公を援ける。彼女はおそらく、由緒あるあのバレエ学校の、相当な地位に居た人なのだろう。それがなぜ、炭鉱町でしがないバレエ教師などしているのか。鍵は、彼女が主人公に語った白鳥の湖の物語にありそうだ。踊り手の恋の悲劇的な顛末が、ひょっとすると、自分の若い頃の取り返しのつかない失敗に、重なって見えるのだろうか。

そういう想像の余地も随所にあって、いい具合に隠し味が効いている。

このお話は、主人公が見事に才能を開花させるハッピーエンドで終わっているが、もし彼が挫折していたら。父親や兄、炭鉱町の仲間、ダンス教師、大勢の期待を裏切る結果になってしまっていたら。

それはそれで、きっといい物語になるだろう。

そう思わせるに十分な、家族と仲間と導き手の描き方でした。
名作の名に恥じない一本。

|

「シンデレラ」

「イントゥ・ザ・ウッズ」で見せた、あのニヒルで弱々しい現実感覚は、このリニューアル「シンデレラ」で、あっさり吹っ飛ばされてしまいました。

実は、ラストリゾートなんてないけど、それでも生き残りの寄せ集めでなんとかやっていくのさ、というあの感覚を、ディズニーはほかの物語にも投影していくのかと、ひそかに思っていたのですが、完全に予想をはずしました。

シンデレラの物語は不滅。
それがディズニーの答えです。


少々ひねた見方をすると、このお話は不遜ですらあります。

勇気と優しさと謙譲の美徳を、無視できるものならしてごらんとばかりに、運命という鋼の車輪に突き付けて試すかのようです。

勇気が大事と言いながら、最後は他力本願です。別にどっちでもいいんだわという、半ば捨て鉢な態度。
でも、王子が来てくれて、振る舞いは一変。

まあ、我々庶民は、玉の輿のお話、好きですからね。
異論はありません。


そうそう、変身シーンは素晴らしい出来です。
変身少女アニメは知らなくても、仮面ライダーは知らなくても、これは耳目を惹きつけます。

それが見られて、まあよかったとしておこう。


そだ。そろそろ靴買い換えないとな。

Pic02


|

2015.04.19

「セッション」

ジャズの世界を題材に、限界を究めようとする師弟の憎悪と、憎悪と、憎悪と、・・・グルーブを描く。
こういうとき、「師弟の愛憎」と言えば月並みだが、この映画はそんな生易しいものじゃない。

一種の傑作。

最後の最後、突き詰められた憎悪が、すうっと遠ざかって、
昇華していくところが、とってもいい。

映画というものの凄さ、存りようを示す良き実例が、またひとつ手に入った。

一部に誤解があるようだけれど、これはあくまでも映画なのであって、音楽ではない。だから、この作品の中で使われている音楽や、音楽にまつわる色々を取り出してあれこれ言うのは、見当違い。音楽がご専門の向きには、その旨ご理解いただきたい。

まあ、グルーブとかスイングって何なのといってGoogle先生に聞いているようなワタクシが言うことでもないのだけれど。

Pic01


|

「マジック・イン・ムーンライト」

普通にウッディ・アレンの恋愛映画。出来としてはいまひとつ。コリン・ファースも期待したほどではなくて残念。これは俳優の問題というよりは、登場人物のキャラクタ設定の問題だろうか。人物の設定が少し平板すぎた。

まあ、たまには失敗作にあたってしまうのは仕方がない。

|

2015.04.11

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」

かつての名声を取り戻すべく奮闘する男の、ぎりぎりの行動を描く。
有名であろうとする強迫観念への風刺に溢れている。ようにも見える。

自分で納得できるアウトプットと、世間が持ち上げるそれとが、必ずしも一致しないとき、人はどうすればよいのか。
前者が「良い演技」「優れた役者」「批評家の賛辞」であり、後者は「有名度」「ツイッターのフォロワー数」「興行収入」だ。

大衆的な口コミがネットのおかげで強い影響力を持つようになって、この両者のバランスは昔と違うものになった。

批評家は、歴史が層を成しているようなバーの一角で、無知な大衆映画の役者あがりを蔑んでいる。
役者の妻は、夫の(つまらない)名声と自分への愛との不一致を言っている。
一方、役者の娘は、ツイッターで有名人になっている父を、純粋に誇りに思っている。

ほぼ全編で、台詞のスピードが早いうえに、カメラの長回しが多く、観ながら咀嚼するのに頭を使う。隠喩的であり、微かなので、意味を読みとりにくい。一方、後半で訪れる空想の世界の映像は、派手だがわかりやすい。記号的なのだ。前者と後者は、鮮明な対比を成している。

空想の方が現実より飲み込みやすいというのは意外だが、観る自分の側の問題であり、大衆向け空想娯楽作品の幼稚さの問題でもある。バードマンはその象徴だろうか。


演劇界の批評家は、幼稚さゆえに映画は嫌いだと言い切るのだが、それに対して、主人公はある種の開き直りともとれる状態に陥る。幼稚とされたバードマンに戻って名声を復活させる方法もあるだろう。だが彼はもう一段高いものを強迫的に求める。その結果が、終幕の、予想外の、たぶん無自覚な行動だ。

観客は、あまりのことに声もなく、やがておずおずと拍手を。そして万雷の拍手。


孤高の批評家は結局、これを無視できず、「無知」ではあるものの「奇跡」であるという評を、批評紙の一面に載せることになる。高みを求めるなら極限の行動を起こさなければならないことを指して、「スーパーリアリズム」と呼んだのだろう。記号的に演じるだけではだめだと。その前のプレビューで、舞台の上のベッドシーンで勃起した役者を大きく取り上げたのを考え合わせると、リアル感重視で評価軸は一貫している。


映画や演劇の世界の内幕はよくわからないが、注目され続けることが極めて重要である世界の歪と、それを乗り越えた男の行動力とを、見ることができる一本。


でも、あれってひとつ間違うと、単なるセンセーションだよなあ。
少なくとも再現は不可能だ。だから「奇跡」なのか。納得。

Pic02_3

|

2015.04.04

「エイプリルフールズ」

うそから出た誠、を巧みに組み立てたオムニバス。アンサンブル・キャスト方式というのか。

はじめは予告編どおりのクサ過ぎるドタバタ劇で辟易するが、次第に真摯な内容に変化していく。うそも方便、な面もあるけれど、ここでは方便より誠の方を見たい。

それにしても、セリフや演出のクサさは、終始一貫。もちろん意図してやっているとは思うけれど、テレビのどぎつさをここで真似しなくてもよいのにとは思う。

ストーリーの繋ぎ方が巧みなので、少し濃すぎるというか現実離れした感じもある。漫画的というか、どつき漫才のようなというか。ハリウッド製のアクション大作にも対抗できる見事な大衆路線と言っておこうかな。

役者さん達もすばらしい。特に、柱になるニセ医者のストーリーで掃除の女の子を演じている戸田恵梨香が。

プロダクションノートにある。

石川監督は「できればあまり前情報なくご覧いただいて、バカ映画が始まったなっていう所から、けっこう泣けるなっていうことで終わりかけて、結局バカ映画だったなって思いながら帰ってもらえると僕はすごく嬉しいです(笑)」と語った。
最後はご謙遜。結局いい映画見たなという感触で帰れました。

Pic03

それにしても、小池栄子は何だったの。
ナイスな観客サービスに文句は言いませんですけど。w
それと、あれ、高嶋政伸だったのかー。w
(公式のプロダクションノートに、「リーガル・ハイ」つながりみたいなことが書いてある。)

|

« March 2015 | Main | May 2015 »