« February 2015 | Main | April 2015 »

March 2015

2015.03.29

「カフェ・ド・フロール」

ふたつの、一見何の関連もなさそうなお話が、スクリーンの上で交互に語られていく。個々のお話は、よくありがちなもので、それだけ取り出して膨らませれば、並みの映画が二本できる。しかしこの映画は、その二つを、あるやり方で繋ぎ合わせる。それによって、強い感情の起伏を、観る者に呼び起こす。
ロマンチストでスピリチュアル系に抵抗がなければ楽しめる、そういう種類の作品。以下ネタバレ。

ダウン症の子どもと母の、つましく頑なな、しかし愛情あふれる日々のお話と、離婚して新しいガールフレンドを見つけ、有頂天な男とその周囲をめぐるお話と、その二つに一体どういう関わりを見出せばいいのか、初めのうちは、あまりの落差に戸惑う。そういう当惑が、30分くらい続くだろうか。

ところが、ある短いシーンによって、一気に二つのお話が結びつき、作品の目指すものが腑に落ちて、あるべき結末へ向けてどう導かれていくのか、俄然興味が湧いてくる。そのシーンは、2つのお話のカットを連ねて作られているのだが、ダウン症の子どもの世界で起きた出来事が、とりわけ印象に残る。ここの出来があまりにもよいので、日ごろは捻くれ者の私でさえ、「運命的」という言葉を、少なくともこの映画を見ている間は信じてみようか、という気になる。

(そうしないと、見ちゃいられない映画になってしまうので、それは避けたいという無意識もある。)

これが、第一のヤマ。


ここからは、2つの相容れない結末を意識しながら、どちらに話が落ち着くのか、はらはらしながら展開についていくことになる。観客は作り手の術中にはまる。

そうして訪れるのが、第二のヤマ。ここで、スピリチュアル要素が明確に投入される。第一のヤマで、ダウン症の子供たちの強く素直な魂に触れている観客は、第二のヤマも越えることができるだろう。ここで興醒めになるタイプの人は、そもそもこの作品を見ようとは思わないだろうから。

この第二のヤマが、クライマックス。続いて訪れる結末に確かな説得力をもたらし、作品を引き締めて終わらせている。

強すぎる母の愛というと、「アザーズ」をふと思い出したりするけれど、空しくなった後も木霊のようにこの世に残るという点でも、少し似ている。この作品の微かに切ない感じは、そういうことでもあるのかもしれない。


今年は幸いなことに、駄作というものに出会う方が難しいけれど、その中でも、この作り手の手腕は一歩抜け出している感じ。加えて、ヴァネッサ・パラディがとってもよい。頑なな愛に満たされていて、世の名と闘っている母親を、そのまんま演じている。それこそが、この映画の結末を引き立てる重要な要素なのだ。彼女のおかげで、作品に深みが出たことは間違いない。

恵比寿ガーデンシネマ、再開の杮落しにふさわしい一本。

Pic01


|

2015.03.22

「プリデスティネーション」

主な登場人物は、わずか3人。いや、実質的には2人か。
その2人の間で交わされる会話が濃い。

タイムパラドクスものに固有の錯綜した因果の糸が、この作品ではとりわけ複雑だ。
それは、もう一つのあるSF的要素が、織り込まれているから。

それは、この映画の持つ、切なさ、理不尽さ、特異性、つまり味わいの源でもある。
自家中毒を起こしそうな異常に濃い空気が、そこから湯気を立てて昇っている。

だから、これをタイムパラドクスものと片づけてしまうのは、少々抵抗がある。
もっと眩暈のするような、二つのSF要素が分かちがたく融合した、まるで別種のものだろう。

原作は、ハインラインの「輪廻の蛇」だそう。残念ながら未読だが、タイトルはこの映画の大きなヒントだ。
鶏が先か卵が先か。主人公は果たして、輪廻の輪を遂に断ち切って解脱に至るのか。

最後の最後に予定調和を裏切る行動に出る主人公の、動機に括目する。
人というのはそういうものでもある、という理解が、
物語の全行程をフラッシュバックしながら一気に落ちてくる。

最後に見事に締めて終わった・・いや、続いた、と言うべき傑作。

Pic01

双子の監督といい、サラ・スヌークといい、異能の人たちが揃って成立した感じ。
その中で、イーサン・ホークが、ノーマルな現実世界を思い起こさせてくれるのだが、そもそもイーサン・ホークのようなアクの強そうな俳優が一番普通だということ自体、この作品がどれだけ特異かという証になる。

|

2015.03.15

「イントゥ・ザ・ウッズ」

原作はブロードウェイミュージカルの由。広く知られた子ども向けのおとぎ話の、ハッピーエンドのその後を描いて、大人に向けた新しい物語の境地を示す。
定番のドル箱商品を打ち壊して、新しいスタンダードを作る試み。真のイノベーション。

まさかストーリーテリングの世界でこんなことができるとは、驚きました。


はじめのうちは、少し慌ただしいテンポでチャキチャキ進む。なにしろ4つのおとぎ話を噛み合わせているので、忙しい。巧妙な組み合わせが、それぞれのお話をつなぎとめて、中心に向けて手繰り寄せていく。

古い定番たる善人の物語はここには無く、それぞれの登場人物が、頼りなかったり浅はかであったり、多少狡猾かと思えば、自己中でもあったりと、後半に向けて様々な綻びの種が撒かれていく。

とはいえ、それらを覆い隠す定番ストーリーの安定力で、お話は一応のハッピーエンドを迎える。その瞬間に、綻びの種が芽吹き、善人の仮面を被った人々を恐怖と混乱に陥れるのだ。あーこれは面白い。

後半は、因果応報そのままの展開。手に入れたハッピーエンドのコインの裏が、表にあらわれて諍いを招く。その困惑の中で、登場人物たちは、あることを悟っていくわけだ。

結末は、幸せでもなく、かといって底知れぬ不安や悲劇でもなく。あるバランスポイントに落ち着いて、案外座りがいい。この匙加減が、次の時代のディズニー作品のスタンダードになるのだろう。

最後の語りが、この作品の位置づけをよく物語っている。言葉が持つ力を誰よりもよく知るディズニーにして、はじめて可能なリアリティを伴って、こちらの心に沁み通ってくる。

まことに優れた締めくくりになった。

Pic03

|

2015.03.14

「博士と彼女のセオリー」

体に障害がある人を、これだけ本物らしく演じられるということが、まず凄い。それだけで一見の価値がある。それに加えて、映画の根底に流れるホーキング博士の人柄に打たれる。

障碍者や余命の少ない人物を描く作品には、ひりひりするような痛みが宿ってしまうことがよくある。ある種の理不尽を描くのだから仕方がない。ところが、この作品には、そのひりひり感があまりない。

描き方が浅いわけでは決してない。葛藤も苦悩も、博士と彼女の表情としぐさに十分表れている。にも拘わらず、この肯定的な感じはいったい何だろう。

それは、彼のウィットと彼女の愛情とに依っているところが大きい。
それを描き出した点に、この映画の感動がある。

周囲の人達の温かさも特筆ものだ。車椅子に乗った口も聞けない主人公が、日常の風景に溶け込んでいるかのように丁寧に扱われているのを見て、高齢化社会の理想を見るような思い。

彼が、いわば「人類の宝」であるという点は割り引いて考えるとしても、こうしたケースに慣れていかなければならない私たちのお手本とも言える。

それもこれも、博士の人懐こく回転の速い頭脳、ウィットを忘れない人柄が大きく作用していることは疑いない。

お手本というには、あまりにも特別な人だというのが、たったひとつのアラ探しといったところか。

Pic01


|

2015.03.13

「イミテーション・ゲーム」

第二次大戦でドイツ軍が使った暗号「エニグマ」を密かに解読して、戦争を勝利に導いた人々のお話。チューリングといえば、チューリング・マシンの考案者として名前くらいは聞いたことがあって、でも名前くらいしか知らない、というところで、その一生について大雑把に知ることができた。

いまでこそ、エニグマ解読の話は有名だけれど、戦時中はもちろん、その後50年以上も国家機密だったそうな。そのあたりの事情は、映画の中で詳しく語られているので、見てのお楽しみ。


ガチャリ。 ガチャリ。 ガチャリ。 と重々しい音を立てて動く、機械式コンピュータが、時代の雰囲気を伝える。wikipediaで見る実物の写真とは、かなり印象が違うけれど、実物に忠実に再現されたものだそうだ。ローターを使った電気機械式の感じがよく出ていた。

映画の中では、electric brain, digital computer と呼ばれているが、digital computer という言葉はこのころからあったのだろうか。そこは少し違和感があった。

ともあれ、その固く冷たい機械式コンピュータを作り出したアラン・チューリングの内面が、機械とは正反対に、繊細で柔和だというのは、少し驚きだった。実際のいかつい顔からはちょっと想像できない。天才だから、まあそういうものなのだろうとは思うけど。

カンバーバッチが、そのあたりを余すところなく演じていて、見事。天才を演じる天賦の才があるとしか思えない。公式サイトのプロダクションノートに彼のコメントが載っていて、さもありなんと思う。


人工知能誕生の入口にいま立っている我々が、その原型の祖型ともいうべき機械の誕生を知ることができる、タイムリーな作品でした。

Pic02


|

2015.03.08

「ヴァチカン美術館」

ナレーションがやや思わせぶりだったか。とはいえ、3Dで見る彫像は迫力十分。スクリーンが小さ目だったのがちと残念。

一方、絵画を3Dに加工して見せる手法は、意欲的な試みだとは思うけれど、よかったかどうか難しい。飛び出す絵本みたいな安易な方法が、偉大な画家の意図と手法を殺してしまっていなければいいのだけど。

ミケランジェロ、ラファエロ、グレコローマンの彫刻をじっくり見られる1時間。

Pic03

|

2015.03.07

「くちびるに歌を」

郷愁を誘う温かいお話。設定もストーリーも見慣れたものだけれど、だからこそ、その仕上がりの良さを素直に感じることができる。アイドル映画のような未熟な粗さもなく、観客に媚びるようなべたつき感もなく、ちょうどよい爽やかさ。今年はほんとうに、良作が多い。

新垣結衣の演技は固いけれど、それがこの配役にぴったりはまっている。あれが地でなく演技だとしたらおそろしいが、そうではなさそうでなんだかほっとする。中学生たちと一緒にポスターに移っている先生のイメージが清々しい。

もうひとり、桑原くん役のこの子がたいへんよかった。役柄が同情を集めやすいことを差し引いても、うまい。
お話の流れから言って、ひょっとすると本当の主役はこの子なのではと錯覚するくらい。
Pic01

この写真は、作品の雰囲気をとてもよく伝えている点で、これまた優れもの。セピア色ではなく淡い青なのだ。
Pic02

|

2015.03.01

「シェフ ~三ツ星フードトラック始めました~」

美味しそうで楽しそう。生きてる楽しみってそういうことだよね! という満足感で満たされるロードムービー。陽気なリズムと涎がでそうな料理の数々が、幸せな匂いを運んでくる。やっぱり料理の映画っていいわ。以下ネタバレ。

この太っちょの主役さんが、映画の陽気な雰囲気に大きく効いている。太ってるって本当はいいことなのじゃないか。

彼を取り巻く人々も、善人が大勢。一の子分の副料理長、美人フロア長、別れた元妻、その元夫(複雑)、誰もかれもがいい人で、世の中は思っているほど悪くないという気分に浸れる。

元妻との間にもうけた男の子が、屋台の行く先々でツイッターをフル活用して、集客に大車輪の活躍。父親が元の職場を離れる原因になった大喧嘩の知名度をフル活用して、みごとな炎上商法を展開。本人にどれくらい集客の意識があったのかはわからないが、いかにも今風な要素を、いまどきの子ども像を通して、自然な流れでお話に盛り込んでいる。うまい。


そもそも、一流レストランの料理長が、失業して移動屋台などを始めることになった切っ掛けは、出された料理を新味がないと酷評するブロガーと大喧嘩したことだが、その口論の最中にも、定番メニューを出すように強要するオーナーへの批判を一切しなかったのが印象に残る。定番商品が、安定した経営にとってどれだけ大切か、シェフもよくわかっていたのだ。

それでも新しいことをやりたい、自分の得意な料理づくりで、という気持ちが、素直に感じられて、そこがこの映画の一番の見どころだろう。引き換えに、楽しい旅が終われば、大都会での厳しい暮らしが待っていることを匂わせるのも忘れない。陽気だけれどお馬鹿には陥っていなくて好感が持てる。

最後は伏線を回収しつつハッピーエンドで締めて、落ち着き具合もいい。
万人向けによくできた、割といい作品。

Pic03

これは南部に立ち寄って、ローストビーフを仕入れて試食するところなんだけど、もー見ているだけで唾がでてきます。

|

« February 2015 | Main | April 2015 »