« December 2014 | Main | February 2015 »

January 2015

2015.01.31

「エクソダス 神と王」

いわゆる出エジプト記だが、かなり現代風の味付けのスペクタクル。映画としてはたいへん満足のいく出来。特に、繁栄を謳歌するエジプトを次々襲う天変地異の映像は、一見の価値あり。最後に、紅海を渡ったあとの巨大な海の壁にいたっては、「人類史上最大の奇跡」の宣伝に恥じない迫力。

一方、台詞や思考がかなり現代的なので、その当時を思い起こさせる何かを期待していくと、少し裏切られるかもしれない。


アラブ世界とユダヤ教の今日の関係を考えると、いろいろ言われそうな描写もある。

エジプト王が、ヘブライ人を、好戦的で、狡猾で、などいろいろ評するところは、為政者が言いそうな、お決まりの台詞といえばそうだが、思わず笑ってしまう。

作中のモーセが、ゲリラの指揮官のように描かれているところは、伝えられるモーセ像とは少し違う気もする。もっとも、約束の地にたどりつくまでに、いくつも戦闘行為を行って、多民族を追い散らしているそうだから、実際のモーセがそうだったとしても不思議はないが。

今の時代にあっては、ゲリラ戦術を採っているのはむしろアラブ世界の側だから、これは、ある種、皮肉を利かせているのだろうか。とはいえ、当時のエジプトは、アラブでもイスラムでもないから、少し考え過ぎかもしれない。

あるいは、エジプト王が、ヘブライ人の出生率が高く人口が増えすぎる点について嘆いている点など。これは、モーセの出生の秘密に関わる有名なエピソードに連なっているから、歴史書を忠実になぞっているわけだが、一方、今日のイスラエルで、パレスチナ系の人口増加が大きいことに重なったりもする。古今東西の支配側の民族にとって、お悩みの定番かもしれない。北米の白人も同様だろうか。

穿った見方をすれば、そういう皮肉めいた要素がいろいろ埋め込まれていそうでもある。作り手は、歴史は反転して繰り返すとでも言いたいのだろうか。


あれこれ考えて、スペクタルに目を奪われているうちに、あっという間に時間が流れて、最後の枯れ切ったモーセの姿がなかなかいい。他のシーンと並んで、クリスチャン・ベイルの役者としての力量が、如何なく発揮されている。


総体に、観て損はしない、時々観返したくなる大作の一本に入るだろう。

見終わったあとで、公式サイトでキャストを確認してびっくり。ジョン・タトゥーロとかシガニー・ウィーバーとか、全然気づかなかった。

エジプト王朝メイク半端ない。


ところで、最期、あの少年の額に一瞬見えた血の一筋は、何だったのだろうか。
おそらく最後まで、合理主義・実証主義・自力本願を捨てなかった作中のモーセが、約束の地に入るのを許さないという、ユダヤの神の意思の表現?

偉業を成し遂げたにもかかわらず、一抹の寂しさが漂うような、それでいてモーセの達観したような様子が、いい余韻で残りました。そういう人間臭いモーセに、いいね!

そういえば、神様の言葉を刻んだ石版、ぶっ壊しちゃったのもモーセだった。(笑)

Pic08


|

2015.01.29

「ANNIE」

全体にせわしないテンポのミュージカル。主演の女の子のプロモーションビデオ、アイドル映画のような印象。

この主演の女の子、クワベンジャネ・ウォレスは、「ハッシュパピー」のあの子。その頃はまだ、おむつが取れないような感じだったけど、しばらく見ないうちにすくすく育っていたのが、感慨といえばそう。

まあ、気楽に見る分にはいいのではないでしょうか。

ジェイミー・フォックス演じる企業家とアニーが、連れ立って映画館へ行き、映画を見るシーンでは、ジェイミー・フォックスがマナー啓蒙ビデオにそのまま使えそうなマナー違反を連発して、大いに笑えた。


Pic05_2

|

2015.01.25

「ナショナルギャラリー 英国の至宝」

美術史と英語ヒアリングのレッスンで3時間。疲れた。途中少し寝たかも。

しかし、それなりに興味深い絵画の解釈なども聞けた。ルーベンス作「サムソンとデリラ」の説明は、無学無教養なわたくしのような一般人にも、面白かった。この絵は、上映開始間もない掴みのところで登場するほか、中盤でも、絵画が元来設置されていた場所との関係が説明されるなど、何度も登場して印象に残る。絵画の勉強にはよい題材なのだろう。

他にもたくさんの絵とその解釈が登場するが、いずれも、実物の絵を前にして、美術館の中で開かれるミニツアーのような形式で聞かされる。美術史家の主観だけでなく、修復家の科学的な解説も交えたりして、変化を付けている。

上映が進むにつれて、絵の解釈はより複雑精緻に、あるいは美術史家の想像の域に入っていって、何とも言えないところがある。それを逆手にとってか、ある史家の口を借りて、面白いことを言わせている。

絵の見え方は、見る側のその時々の状況によって、変化するものだと。常に謎と発見があり、それ故に人は、繰り返し、名画の元に還ってくるのだと。

なるほど、そういうものかもしれない。文化を飯の種にする人々であれば、そこはいくら強調してもしすぎるということはないだろう。

絵の話は微に入り細に穿っているが、時々写る美術館の建物の方は、いかにも不愛想不恰好な建築だ。そこはちょっと残念。


英語が話されている時間がとても長い上に、綺麗で聞き取りやすい英国英語(だと思う)ので、DVDなど買ってヒアリングの勉強をするには、なかなか良い教材かもしれない。

絵の講釈は、まあ、好きな人にはいいのだろう。

Pic01

春には「ヴァチカン美術館」が封切になるそうで、そちらは絶対観に行く予定。
この種のものが流行りなんだろうか。

|

「ランダム 存在の確率」

ネタバレ厳禁なので多くは書けないが、SF要素をうまく使ったスリラー。結末はハッピーエンドとは言えないが、途中経過が飛び抜けて面白い。以下ネタバレは、観る前に読んではいけません。


「アバウト・タイム」が、やはりSFを小道具に使って、心温まる家族のドラマを完成させていた。本作も、SF要素の使い方がうまい点は同じ。しかしこちらは、少し胆が冷えるスリラーの味付け。それも、音響や映像に頼らない、謎解きとストーリーの力で醸し出す恐怖。

ある程度予想がつく真相に、なんだ大したことはないと安心していると、その奥に隠れていたもっと怖い真相に突然気づいて、胆が冷える。この恐怖は質がいい。

とはいえ、それだけなら、普通のスリラーで終わるのだが、この作品は加えて、人生の選択肢を、それぞれが選んできた結果として今があることを、やりきれない思いとともに描いている。結末に向かって、登場人物の一人が、あり得たかもしれない幸福を探し求めて彷徨う様は、見ていて切ない。まさにシュレジンガーの箱の中の猫。このパートがあるお陰で、作品の陰影がぐっと濃くなった。

そして結末。悪夢の一夜が明けた陽の光の中。箱は開けられた。
どんな現実が待っているかは、見てのお楽しみ。

こういう面白い作品が、全国で上映館1館だけというのは、とても残念。

Pic03


|

2015.01.24

「ビッグ・アイズ」

娘が奈良美智だよ! というところに目が行ってしまって・・
それだけでした。
いやいや、もちろん映画としてそこそこ面白いのだけど。

キッチュをアートと呼ぶのかどうかはよくわからない。正直、アートと称するもの全体が、よくわからない。なにかに感動を覚えたり、情動を覚えることはあるから、それらを喚起するものをアートと呼べばいいのだろうか。

この作品ではむしろ、アートを生み出す個性が問題になっているらしいが、作り手ごとに作風が否応なく異なるのは当然だし、そんなに問題にすることなのかとも思う。まあ、模倣の才能というのは置いておくとして。

夫の方の、天才詐欺師にして辣腕営業マンぶりには、少し羨望を覚えるところがある。一方、妻の方の、「アートはパーソナルなもの」という見識にも頷ける。

いいコンビが組めれば、最高に幸せな夫婦になれたかもしれないのに、残念でした。妻は夫に付き従い、表にはでないもの、という風潮が普通だった時代のお話で、どちらが悪いとすっぱり言えない割り切れなさが、自分としては残る。もちろん、今の時代か見たら、夫が悪いに決まっているのだが。

Pic11


|

「ロスト・フロア」

「永遠の子どもたち」と同じ主演女優、同じくスペイン製の、子供が巻き込まれるサスペンス、ということで、二匹目のドジョウを期待して見に行ってみた。

とはいえ、監督はじめ作り手が違えば、当然違うテイストになるわけで。本作も悪くはないが、案に相違して比較的あっさりした出来。

主人公夫婦の夫の方が、敏腕弁護士という役柄から想像がつくとおりの、頭の回転の速さを見せるとこるが、ちょっといい。犯行はほぼ、彼が想像したとおりの構図なのだが、その裏側にもう一枚あって、なんとかサスペンスの格好になっている。なんとなく想像はついてしまうのだが。

むしろ、誘拐には官憲が絡んでいることが多い、とあっさり言ってのけてしまう社会背景に、平和な国の住人としては複雑な気持ちになったりする。

妻役のベレン・ルエダさん、「ロスト・○○」シリーズみたいな邦題が付けられた映画に続けて出ているらしい。確かにちょっとこう、人によっては、ツボにはまる感じの女優さんではあるかも。

こういった実力のある俳優さんが揃って展開する映画は、話の筋がどうであれ、それなりに楽しめるのがいい。その人を見ているだけで場が持つという、「フェイク・クライム」のジェームズ・カーンみたいな。

まあ、そういう楽しみ方でいいのじゃないでしょうか。

Pic02

この映画で特筆すべきは、むしろ、舞台になったアパートメントの美しさかもしれない。階段室コアが二つあって、どちらもなかなか趣のあるつくりな上に、フロアに立つと互いに見え隠れして、いい空間になっている。それが、さりげない背景として画面にはまっている。うらやましい。
こういうのに比べると、日本のインテリア空間は、まだまだだなと思わざるを得ない。

Pic03 Pic04

Pic05 Pic08


|

2015.01.23

「ジャッジ 裁かれる判事」

訴訟大国と呼ばれる国で、42年間、小さな地方裁判所の判事を勤めてきた男の、法の下に公正であろうとする態度と、内に秘めた家族愛・人間愛の発露を見られる。割といい作品。

都会に出て経済的に成功した息子が、事情あって、田舎の父の元でしばらく過ごすうちに、成功と引き換えに失ったものに気付き、Uターンを決意するお話でもある。その意味で定番中の定番。

定番のしっかりした構成の中で、本作で光るのは、判事として地域の重責を一身に背負って、息子に厳しく接してきた父の、本当の愛情。それが、ありきたりな状況の中ではなく、法廷の証言台という緊迫した舞台で、静かに明かされる。一生のほとんどを法廷で活動してきた男が、その真心を語る場として、まことにふさわしい。感動しました。そこに至るまでの長い道のりの作り方、話の落とし方も、うまい。泣ける。

ロバート・デュバルの存在感はもちろんだが、特にヴェラ・ファーミガのよさを再確認できた。「フェイク・クライム」のときよりは若い役だが、年輪を重ねた女性の落ち着きとかっこよさが出ていた。ロバート・ダウニー・Jrは、いつもどおり、やんちゃで頭と口のよくまわる役柄。そういうのがはまっているのだろう。

IMDBでの評価も7.5とそこそこいい。それなのに、日本での上映館が少ないのは残念。映画館も寡占化が進むと、いい作品が多くの人の目に触れにくくなる弊害も、感じなくはない。

Pic04


|

2015.01.19

「リヴァイアサン」

1時間40分の映像体験。理屈やストーリーは不要。


漁船とは魚の屠殺場。

跳ね回る魚を次々屠り解体する。

甲板に転がるのは死んだ魚の頭。

死んだ魚と同じ目でクレーンを操る疲れ切った男。

船外の海は残骸のゴミ捨て場。

鳥たちはゴミにまみれてゴミをあさる。

次の網をおろして束の間の休息。

漁の間はずっと続くひとつながりの屠殺作業。

我々が口にする白身の魚は

この、魚と鳥と人と海の混濁のなかから切り出されてくる。

そういう感じ。

魚の姿かたちをなるべく傷つけずに食卓に載せる繊細な文化と、少し違うようでもあり、
人も魚も鳥も等価だという点で、実は共通しているようでもあり。


Pic10_2


|

2015.01.18

「アップルシード アルファ」

かなり残念な出来。話題作りだけで進んでしまったのだろうか。CG人形の不気味の谷が露骨すぎる上に、キャラクタづくりも大甘だ。デュナン・ナッツが単なる馬鹿女になってしまっている。

いや、そうなのかもしれないけど。。

ひょっとすると、多脚砲台の動いているところを見たいという、ただそれだけのために、お話もキャラクタも適当にでっち上げてしまったのだろうか。

アップルシードは、これからロボットが世の中に入り込んでこようかという時代にうってつけの極上ネタなのに、つまらない使い方をしないでもらいたい。

|

2015.01.11

「あと1センチの恋」

幼馴染のすれ違い続ける恋、という題材はいかにも陳腐に聞こえるが、主演二人のあまりの相性のよさに、つい引き込まれて最後まで見てしまう。

単に結婚前のすれ違いであれば、ドタバタの末に目出度くゴールイン、という定番の筋書があるけれど、本作は、主人公二人が、それぞれ異なる相手との結婚、出産、離婚、子育てまで経験した後に、やっと正解にたどり着くまでの、それはそれは長いお話。よく最後まで飽きさせずに見せてくれました。主演リリー・コリンズのキュートでいじましい佇まいに胸キュンであります。

同じ原作者の、「p.s.アイラブユー」は、泣ける要素が強かったけれど、この作品は、湿っぽさの代わりに、少したくましさを加えて、戻ってきた感じ。どんな方にもお勧めできる、上出来の恋物語。

Pic01


|

「シン・シティ 復讐の女神」

われらのジェシカ・アルバが帰ってきました。と言いたいところだが、エヴァ・グリーンに完全に力負け。ほら、ジェシカは演技下手なのみんなわかってるし、それに役柄も単純だし、あれでいいよね。

というか、エヴァ・グリーン全開が見られて満足です。

「300 帝国の進撃」でもよかったけど、本作ではさらに本領発揮のエヴァ・グリーン。どんどん悪役が似つかわしくなっていく。個人的には「キングダム・オブ・ヘブン」のシビラ姫のイメージが続いているのだが、いまの悪役イメージは、だれも真似できそうにないから、この方向で正解なのか。

他のキャラクタも、負けず劣らず、いずれも突き抜けている。中でもマーブの無双っぷりとか。正面から複数の機関銃で打ちまくられているのに仁王立ち、弾があたる気配がない。弾の方で避けているらしい。効かん銃なのかと。

そんなこんなで、もう感想書くのも面倒でいやになるくらいぶっとんでます。アウトローが団結して立ち上がれ日本みたいなごたくを並べた公式の宣伝文句は真っ赤なウソで一層盛り上げてくれるし(笑)。

Pic02


|

2015.01.10

「PSYCHO-PASS」

まあ、確かに、いつまでも攻殻でもないだろう、という感覚はわかる。TVアニメが原作の由。公安があんな火力を持っていて、それでなんと、「厚生省」の下部組織・・・いや、何でもありません。以下ネタバレ。

地上走行型のドローンが、眉村卓の司政官シリーズに出てくるSQ1を彷彿とさせる。官僚制の舞台裏をチラ見せする点は、攻殻と似ているところもある。

平和の輸出という視点は興味深い。そういうことを実際に口にする人もいるけれど、具体的な方法がぴんとこないと思っていた。この作品ではそれを、かなり強制的にやろうという設定だ。人間の犯罪性を数値で評価するシステムを、国外で稼働させる実験プロジェクトという形をとっている。平和のシステム化と、犯罪的的人間(て何だ?)の強制排除。程度問題だから、アブナイかどうかは言わない。

小難しそうなテーマに沿うように、台詞のほうもテツガクめかした応酬がテンコ盛りで、とってもうざい。ジャパニメーション相変わらずだな。

それを、あれこれ突っ込まずに軽く聞き流して、ドンパチの部分を楽しめれば、この作品の鑑賞姿勢としては合格なんだろう。そういう見方で楽しみました。アニメーションの技術は、もうこれは凄いと言うに尽きる。

そうそう、あの特殊な武器は、ちょっと「イシャーの武器店」を思い出させる。持つ者の立場が少し違うけれど。

いろいろ昔のSFを思い出したという点で、割と面白かった。

Pic02

|

「96時間 レクイエム」

シリーズ3作目。1,2を見ていないけれど、まあそれなりに楽しめた。

アクションとしては普通だけれど、カーチェイスなどのシーンで、数秒の短い映像を繋ぎ合わせた手法が見られる。製作費をあまりかけずに、効果を出しやすいのだろうか。

映像が連続していないので、一体どの車がどういう位置関係で、なぜそうなった、という点に少し違和感がある。でもまあ、カーチェイスという記号ですね、ということで納得。

リーアム・ニーソンは、クレバーな感じのする親父風で、いつも好感が持てる。私生活がきちんとしているからかもしれない。おしどり夫婦だったのに、5年ほど前のスキー場の事故で奥さんに先立たれるということがあったそうだ。そう聞くと、この俳優さんの、いつも少し憂いのある、懐の深い感じに、なんだか納得がいく気がする。
まあ、スコットランドの人の特徴なのかもしれないが。カソリックだしね。

本作は、そのクレバーなプロフェッショナルが、スマート(悪賢い)な金持ちの悪党をやっつけるというお話。大衆向け娯楽の基本をしっかり押さえている。

シリーズとしては、最も憎むべき悪党が、最後に生き残ってしまったので、きっと次があるだろう。今度は、娘だけでなく、孫を守るために闘う祖父になるのだ。いけいけリーアム爺。


ニーソン親父は、アクションもいいけれど、自分の記憶ではむしろ、「THE GREY 凍える太陽」とか「サード・パーソン」とか。普通に消費されない、ひと癖ある作品の方が覚えている。「シンドラーのリスト」は残念なことに未見。

Pic01

クライマックスのこのシーンは、シンプルな迫力があった。逃げ去る飛行機に飛びついてしがみつくみたいなアクションが定番だが、離陸直前時速200キロでそんな馬鹿なことは現実にはない、というあたりをよく弁えた、いい選択。

|

2015.01.03

cocologに古い時代の残滓を感じた件

昨年末のこと、早朝で人も少ない電車にいつものように乗って、網棚に鞄を載せたまま、わずか10分ほど、座って居眠りしている間に、鞄が消失するということがあった。

あわてて探すと、なぜか落し物として途中駅の駅事務所に届けられていることがわかって、中身ごと無事手元に戻ったのだが、この間、鞄に入れていたPCが心配で、各種パスワードを、手元のスマホ経由で変更する作業に追われたのだった。

SNSなどモダンなWebサービスなら、退会を含めたアカウント管理メニューは、サイトのトップに近い、わかりやすい場所に置かれている。真っ先に変更したGoogle、FB、twitterなどのパスワード変更は、短時間でスムーズに終わった。
・・あ。LINE、すっかり忘れてました。

続いて、少し緊急性の落ちるcocolog、というかniftyのパスワードも、当然変更しようとしたのだが、メニューの場所がわからない。あちこちリンクで飛ばされること5分以上、いい加減いやになったので、「ココログ パスワード変更」でGoogle先生にお尋ねして、やっと辿り着いた。自分のサイト内の情報なのに、外からGoogleを使う方がコンテンツを早く発見できるって、どうなのよ。

さて、いよいよパスワード変更しようとすると、この部分がまた重層化している。なんで最初のページに入力フォームがないんだ。

降りて行って、ようやく変更用のフォームが出てきた・・はいいのだが。
現在のパスワードだけでなく、住所氏名郵便番号生年月日も入力しろとか。そのすぐ後に、niftyメール宛に確認メールを送ると書いてあるのだから、それで十分そうなものだが。堅牢というか冗長というか。

結局、なんだか全てが嫌になって、niftyのパスワードはそのまま放置した。

* * *

そう、思い出した。これは、故意に操作をやりづらくしているのだ。
目的は、退会をなるべくさせないため。

本当は、退会につながりそうなメニューは一切載せたくないのだが、利用者からの批判も怖いので、一応載せる。けれども、探しにくく、使いにくいように、鋭意努力した結果なのだ。

笑うかもしれないが、これが、パソコン通信からインターネット黎明期では、むしろ当然の感覚だった。

それがいまだに残っていることに、なんだか複雑な思いが沸き上がりましたので、ここに一文をしたためましたのです。

|

2015.01.01

「6才のボクが、大人になるまで。」

子どもが大人に育つまでには、親の側にも子供の側にも、いろいろなことがある。そのことを、映画という手法を使って、俳優が実際に子供(子役)から大人になるまで足かけ12年、根気強く活写した傑作。


家族内でのたいていの事柄は、進行中は重大事で、対立があれば結構傷ついたりもするものだ。ましてやそれが、経済的な苦境であったり、住み慣れた家を手放す落胆であったり、離婚という破綻であったりすればなおさらだ。

ところが、少し時間が経ってから思い出すと、不思議なことに、そうした過去の辛さや痛みは薄れて、ひとつの懐かしい思い出に変化することがある。その感じがとてもよく出ていた。まるで、何かの記念日に集まって、アルバムを見ながら昔話をしているような、不思議な気持ちになる。

それでいて、画面の中の風景や人物は、アルバムのようなセピア色ではなく、とても生き生きしているのだ。こんな作品は、そうはない。

もちろん、そんな空気を出せるのは、苦労の末の現在がそれなりに満足のいくものだからだろうとは思う。その点で、この母親の粘り、度重なる不運にも挫けないエネルギー、子どもたちへの深い愛情には、静かに心を打たれる。同じように粘り強さもエネルギーも愛情もあって、けれども良い結果にはつながらないことも、よくあることを思えば尚更だ。この家族には、ある種の祝福すら感じる。そして、こうしたことどもが、変にドラマティックに強調されずに、淡々と、普通の人の営みとして描かれている。

元旦に見て、母の愛と子供の成長を思い返すには、まことによろしい具合の良作でした。
男親がダメダメ揃いなのは、まあいつものこと(笑)だからよしとしよう。それでも子供は立派に育つのだから。

Pic05

|

« December 2014 | Main | February 2015 »