« 「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」 | Main | 雑記140421 »

2014.04.20

新江ノ島水族館でウミガメを見る

新しく、「ウミガメの浜」というのができたというので、さっそく見に行ってみた。
天気があやしいので、バイクはやめて電車で。速いし楽だ。

江ノ電は、レトロなデザインのにあたり。朝早いので人は少ない。
Img_5207 Img_5208

9:30開館と同時に入る。10周年ということで、お祝いの花がずらり。コチョウランしか選択肢はないのか。w
大成建設と仙田事務所からも。
この水族館は、建設後の活用も、子供向け中心に充実しているそうだけど、仙田先生の事務所がいろいろがんばってるのかな。
Img_5209 Img_5210

それほど大きくない敷地なのに、展示方法がうまいので、とても大きな水族館に感じる。満足度大。
この大きな水槽が展示の中心にあって、周りをまわりながらいろいろな角度で魚たちの生態を見られる。その周辺に、小さな水槽がたくさんあって、そちらも一緒に見ながらなので、飽きない。

定時に、ダイバーが水槽の中に入って、魚のアップを生映像で見せている。ふだんは岩陰に引っこんでいる魚も、これならばっちり。東雲坂田鮫のアップで、背中のぎざぎざについて初めて知る。ダイバーが接写してくれて初めて気が付く。
なかなかいい企画。
Img_5218 Img_5243 Img_5242

相模湾の地形の解説などが面白い。あまり人気はないようだけど、自分的にはこういうのが好きで、丹念に読んでいるとあっというまに時間が過ぎる。
Img_5221 Img_5250 Img_5247

ななしさんも! 相模湾には、硫化水素の生態系もあるのかー。熱水生物群ていうんだ。
Img_5246

シラスが湘南名産という話がでてきたのは、わりと最近だと思うけど、流行にもしっかり乗っているようです。
Img_5224 Img_5222 Img_5223

お馴染みタカアシガニや、ダイオウグソクムシさんも。ダイオウ・・の方はカメラ小僧に詰められているようです。w タカアシガニの足が1本くらいとれているのは、脱皮や喧嘩が原因だそうな。
Img_5227 Img_5245

さて、ここの特徴は、大水槽もだけど、やはりクラゲ。来るたびに展示が進化している。もう芸術といっていいくらい。

Img_5262

もうね。宝飾店ですかと。アクセサリーなのかと。

昭和天皇が、クラゲを結構研究していたことを初めて知る。ヒドロ虫類の研究とか。葉山に来てそんなことをやってたのかー。

ほかにも、南米から来た変な奴とか、ダンゴウオというちっこい奴とか。
Img_5265 Img_5307

あっというまにお昼。カメロンパンとクラゲ饅。
Img_5276

さて本日のお目当てのウミガメだ。
種類によって、好物が違うらしい。食べられないわけではなくて、食べ分けているのだとか。
ここで孵化したのもいて、育てているそうな。

Img_5280 Img_5283 Img_5285

Img_5287 Img_5278 Img_5274

ウミガメの一角の外はもう湘南の砂浜。
Img_5290

しんかい2000の実物の展示なども、新しくできている。
Img_5294 Img_5295 Img_5296

おみやげコーナー。クラゲをぬいぐるみにしているのは珍しいと思うんだが・・
ペンギンの並べ方が上手すぎる。よく研究してるなあ。w
Img_5311 Img_5312 Img_5313

最後にイルカショーのハナゴンドウに会った。

イルカというと、バンドウイルカなどは四六時中元気に泳いでいる印象があるけど、こやつは、ショーの合間になると、なーんかひとり脱力してぷかぷか浮いているだけだったりする。最初見たときは、ショーで使うプラスチックの作り物かと思って、スタッフのお姉さんに思わず、あれなんですかと聞いてしまった。

憎めない奴、ハナゴンドウ。
また来るよ。
Img_5298


|

« 「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」 | Main | 雑記140421 »

ツーリング」カテゴリの記事