« 雑記140308 | Main | 雑記140316 »

2014.03.16

「アナと雪の女王」

"Let it Go" を毎週々々、劇場予告編の大音響で聞かされて、だいぶ脳みそがやられたところで見る本編は、想像以上の出来。これ以上はないっっていうくらいな定型パターンの組み合わせのはずなのに、毎度楽しめるのは、またしてもディズニーの魔法。基本は守りつつ、時代の空気をそこかしこに反映させている。両手の指でも数えられない数のストーリーアーチストを揃えているのは伊達ではない。CG技術が自己目的化せずに、ストーリーのために要所で生かされているのも、いつもどおり。

加えて、時代をきちんと反映しているようにも見える。"Let it Go"のシーンは、まるでインターネット関連サービスが立ち上がる時のナラティブを見ているような気分にもさせられる。以下ネタバレ。


これだけクサいお話を、臆面もなく押し出しながら、ぐいぐい前に進めるこのパワー。女王の魔力といい勝負であります。ストーリーアーチストというより、もうストーリービルダーとか呼んだ方がいいではないかと思えるくらい。

氷の女王の魔力で作り出される様々な光景がまた、この映画の見所。氷の宮殿のまあ美しいこと。立ち上がる時の迫力満点の映像は、Let it Go をバックにした予告編でたっぷり見られるけれど、内部の様子は、本編で。CGの得意技を、こういう形で見せるところがさすが。技術とストーリーテリングが連携できている感じ。

生き物の表現はCGが苦手なところだが、マペット調なのでアラは目立たない。それでも、吹雪の中のマペットのつやのある肌はかなり違和感があって、そこは少し残念なところ。一方、衰弱していくアナの肌の色調はよくできている。

氷の城や、雪のモンスター、トロールなどに目を奪われているうちに、ストーリーの方はあれよあれよと展開していって、最後はそれか。またやられた! という感じ。

トロールたちのシーンなど、途中少々子供だましに見えなくもないところはあるけれど、まあご愛嬌。観客の注意をそちらに向けておいて、結末のサプライズ感を高める意味合いか。これで王子様のキスが決め手になったりしたら、「スノーホワイト」と同列の学芸会認定するところだが、そこは驚きの結末で、どうやら救われました。ディズニーの定番も時代につれ、ということか。

孤高の姉姫の孤独な内面を描き、思う存分力を振るう魅力も見せた上で、それでも一人だけで生きていくのは難しいことを、妹姫の犠牲という形で示す。
一方、妹姫の能天気な愚かしさ、他人を試そうとする自己中心的な意識を見せた上で、最後に姉を想う気持ちの発露を見せる。それが、そのままドラマのクライマックスになる。なおかつ、妹に、求める前にまず与えることを教える。

この複雑な絡み具合を、上手な組み立てで子供にもわかりやすい話にした上に、大人向けでもあるのがすごい。


それにしても、ちょっぴりかわいそうなのは雪のモンスター。あのあと彼はひとり、女王の帰還を待って、氷の城を守り続けるのかな? 女王は年に一度くらいは訪ねて行ってやらないとね。w

Pic01

パーティ会場でチョコレートの話題で意気投合する姉妹の様子など、ほっこりする。この辺りが、この作品の独自性。なんとかはディテールに宿るって言うんだっけ。

* * *

歌詞付きの"Let it Go"の動画があったので、起こしておきました。
オリジナルの歌詞はなかなか意味深ですのね。世相をよく見てる。


"Let it Go"

The snow glows white on the mountain tonight
Not a footprint to be seen

A kingdom of isolation
And it looks like I'm the queen

The wind is howling like this swirling storm inside
Couldn't keep it in, heaven knows I tried

Don't let them in
Don't let them see
Be the good girl you always have to be

Conceal, don't feel
Don't let them know
Well, now they know

Let it go!
Let it go!
Can't hold it back anymore

Let it go!
Let it go!
Turn away and slam the door

I don't care
What they're going to say

Let the storm rage on
The cold never bothered me anyway

* * *

It's funny how some distance
Makes everything seem small

And the fears that once controlled me
Can't get to me at all

It's time to see what I can do
To test the limits and break through

No right, no wrong, no rules for me
I'm free!

Let it go!
Let it go!
I am one with the wind and sky

Let it go!
Let it go!
You'll never see me cry

Here I stand and here I'll stay
Let the storm rage on

* * *

My power flurries through the air into the ground
My soul is spiraling in frozen fractals all around

And one thought crystallizes like an icy blast
I'm never going back. The past is in the past

Let it go!
Let it go!
And I'll rise like the break of dawn

Let it go!
Let it go!
That perfect girl is gone

Here I stand in the light of day
Let the storm rage on!
The cold never bothered me antway

|

« 雑記140308 | Main | 雑記140316 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/59301900

Listed below are links to weblogs that reference 「アナと雪の女王」:

« 雑記140308 | Main | 雑記140316 »