« 映画予告編チェック | Main | 雑記140402 »

2014.03.30

「オール・ザット・ジャズ」

「TUTAYA発掘良品」という企画で上映されているうちの1本。

お話は、ボブ・フォッシーの自伝的なものだそうな。ダンスの振付師から始まって、ブロードウェイ・ミュージカルの演出から映画監督まで、ショービジネスで才能を発揮した人らしい。

あらすじは、彼の活動を活写する形をとっていて、ミュージカルの稽古場面が多い。そのため、音楽と踊りに溢れている。興行主を前にしたお披露目のミュージカルは、前後半とも圧巻。

ショービジネスの舞台裏の合間には、私生活の描写が盛り込まれて、テンションの高さを無理矢理に保つ過酷な実態が垣間見える。

その無理がたたって、主人公は心臓疾患で倒れるのだが、そこからまた、騒々しく楽しげな入院生活が描かれる。

結局、心臓外科手術の甲斐なくこの世を去るのだが、その死に際の描写がまた、ミュージカル化されていて、これが長い。長いのだが、観終わってみると、その長さが死に直面した人の逡巡をよく表しているように思える。

パルムドール受賞作。
(この年は、黒澤明の「影武者」も同時受賞している。)

Pic01

All That Jazz - 1979.flv

|

« 映画予告編チェック | Main | 雑記140402 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/59381242

Listed below are links to weblogs that reference 「オール・ザット・ジャズ」:

« 映画予告編チェック | Main | 雑記140402 »