« 「ホビット 竜に奪われた王国」 | Main | 雑記140302 »

2014.03.02

「17歳」

主人公の複雑な心のそれぞれの面を、彼女と関わり合う人達をそれぞれに描きながら見せていく。言葉は少なく、映像で微妙なところを語る。これこそ映画。繊細で緻密で多方面に奥深い。

"STYLISH, WELL-CRAFTED & INTELLIGENT"
という評は本物。以下ネタバレ。


最初のドイツ人の青年はやりたい盛りのちょっとバカだが、実は主人公自身が、それにちょうど見合うくらいのウブな少女。

その後何度か関係を持つ高齢の男は、女が自分のどこに価値があるか気付いていくバロメータ。最初は若い肉体に、その後次第に別のものに。あるいはファンタジーだったのかもしれない何かに。

同級の男の子は、真面目で普通の女子高生である自分に相応な相手。そういう面もあることは、女友達とのやりとりの中に見える。

客となる男たちのうち、残りの二人は、金に纏わるちょっとしたエピソード。彼女が性を売るのは、心がどうとか”だけ”ではなく、単に自分のお金も欲しいのよ、という側面を、さりげなく表す。それを否定しない。

見ている方は、彼女の行状が様々な側面を持っていることを順繰りに見せられて、次第にこの美しい17歳の中に深味を発見していく。それは、最初から彼女の中にあるというよりは、経験を重ねることで、形作られていくのかもしれない。

ちょうど、男の子が、冒険を重ねることで成長していくように。


精神科の医師は、彼女の理解者だ。娘の裏の貌を知って頑な態度を示す母親に向かって、それでも、稼いだ金は彼女のものだと指摘する。

最後に登場する驚きの人物もそうだ。自分もその年頃でもう少し勇気があったら、と吐露することで、彼女の最も複雑な部分に理解を示す。嫉妬すら覚えるその価値を認める。


これだけでも、もう6種類もの彼女の内面を、じっくりと映像で見せてもらえるわけだ。これで満足しないわけがありません。

一方、彼女の家族の方も味わい深い。さりげない気遣いのできる母親と、基本ネアカだが素晴らしい安定感を見せる義理の父親、そしてなにより、まだ男になっていない弟。この家族の存在が、この映画を安定したコクのあるものにしている。青春の過ちなどという陳腐で浅薄な評を退ける。


複雑な心の動きを、ごく短い映像と言葉の中に結晶させ、緩やかに無理なくつないで作品にしている。このフランソワ・オゾンという監督、これからも目が離せません。大仰な身振りだけの監督達とはレベルが違う感じ。

あ。この人はゲイの人なのか・・・


Pic01_2


|

« 「ホビット 竜に奪われた王国」 | Main | 雑記140302 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/59218388

Listed below are links to weblogs that reference 「17歳」:

« 「ホビット 竜に奪われた王国」 | Main | 雑記140302 »