« 「かぐや姫の物語」 | Main | 雑記140101 »

2013.12.30

「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」

音楽の教養知識がある人には、きっと楽しそうな、21世紀に生きる吸血鬼夫婦のけだるいお話。以下ネタバレ。

そりゃ15世紀に比べたら、現代は生きづらいところだろうな。旦那が樫の木の銃弾を特注したくなる気持ちもわからなくはない。

でも結局、土壇場で、上品な仮面を捨てて、らしさを取り戻すところで終わる。

もし、主人公の彼がひとりだったら、たぶんあの銃弾が役に立ったことだろう。

そうならなかったのは、時を超えて、でも不思議な距離を保って、一緒に暮らす彼女がいたから。かりそめに「妻」などと呼んでいるが、その言葉は全くふさわしくない。

まさしく"Lovers"

老吸血鬼との関係も最後に明かされて、腑に落ちる。
なるほど、洒落たタイトルだ。

これで音楽のことを自分がもっと知っていればなあ・・

Pic06


|

« 「かぐや姫の物語」 | Main | 雑記140101 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/58846251

Listed below are links to weblogs that reference 「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」:

« 「かぐや姫の物語」 | Main | 雑記140101 »