« 「ゼロ・グラビティ」 | Main | 「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」 »

2013.12.30

「かぐや姫の物語」

こうして見せられると確かに、既成社会の枠組みから見たかぐや姫は、わがまま娘以外のなにものでもない。その見方自体に対する批判精神は、もののけ姫含めジブリの伝統芸だから、まあそれを見に行く映画と思えばいいだろうか。

以前、尾崎豊の「盗んだバイクで走り出す~」の歌詞に対する滑稽な批判があったけれど、この「かぐや姫」も、少しきわどい線を、一瞬だけ踏み越えている。気にせずどんどんやってもらいたい。だいたい、かの記憶に残る名作「ルパン3世 カリオストロの城」も、主人公は泥棒だし。w 

ただ、このお話ではそれを罪と罰の枠組みで捉えているフシもあって、いくらか進化・・というか変化しているようでもある。

たしかに、貴公子たちの言葉も心も浅いのだが、それを逆手にとって彼らを窮地に追い込む、利発なかぐや姫のかすかなうすら笑いには、下界の人間すべてを蔑み嗤う底意地の悪さが滲み出ている。その悪しき思いが、彼女の罪。

とはいえ、その後の、ミカドのオレオレぶりを見ると、まあどっちもどっち。

絶世の美女の上から目線が見逃した下界の良い点に、彼女は後になって気付くのだが、後悔先に立たず。子供の頃は知っていたのに、なぜ忘れてしまったのだろう。

そんな自分に、かぐやは自己嫌悪を感じただろうか。そこが、反省のなさそうなミカドたちと、かぐやとの違い。

わかりやすい。

* * *

それにしても、かぐやを迎えに来る、あの・・なんというか・・・ちんどん屋さんでしたかいやいやこれは失礼。

そこがなあ。残念すぎる。

あれなら、いっそ、未知との遭遇のUFOの方がよかった気もする。絵のタッチからするとそれも無理だろうけど。
でもあれはないわー。なぜそこでインド風? 不自然すぎて笑ってしまいそう。

かぐやを喪う翁に感情移入して号泣しそうになる気持ちを、一発で醒めさせて体面を保ってくれる効果はてき面でした。

え? そういうために入れたの? まさかねえ。

Pic04


|

« 「ゼロ・グラビティ」 | Main | 「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/58846115

Listed below are links to weblogs that reference 「かぐや姫の物語」:

« 「ゼロ・グラビティ」 | Main | 「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」 »