« 「清須会議」 | Main | お台場モーターパレード »

2013.11.13

「サカサマのパテマ」

少し前に「アップサイドダウン 重力の恋人」を見たばかりだったので、同じようなトリッキーな映像だろうと思ったが、設定はこちらの方が手が込んでいて、その分お話が面白くなっている。ネタバレはできないので、ざっくりした感想だけ。

重力反転の取り上げ方が、「アップサイドダウン」では面白さに焦点を当てていたのに対して、本作では、その恐ろしさを強調していた。たしかに、足元が空で、手を離せばそこに向かって落ちていくのでは、面白さよりまずは恐怖が先に立つのが自然だ。ジャパニメーションのソフトなタッチだが、描き出された恐怖はけっこうリアル。視点移動のうまさのおかげか。

その恐怖を、異世界に対する本能的なおそれを示す暗喩に使って、お話に深味を持たせていたのがよかった。親世代では失敗に終わった異世界への挑戦を、子の世代が、恐怖を克服し、妨害を乗り越えながら、成功させる。犠牲になった親世代が残した種が、思いもよらない形でその子供たちを助け、運命の綾を感じさせる。逆向き重力の世界を行き来する展開が、そのまま登場人物達の立場の逆転と重ね合わされて、ダイナミックで退屈しない。
そして最後は、驚きの結末でブレークスルー。言うことないです。

重力反転世界という同じ材料を使いながら、「アップサイドダウン」と本作とで、これほどの趣向の違いが見られるのもたいへん興味深い。映像の面白さは前者がよかったが、ストーリーは、本作の方が一枚上。

Pic01


|

« 「清須会議」 | Main | お台場モーターパレード »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「サカサマのパテマ」:

« 「清須会議」 | Main | お台場モーターパレード »