« アマゾンの新提案は出版社の持つ顧客情報入手が目的か | Main | 雑記130920 »

2013.09.17

真剣に大過なく


経営企画や財務に、何故か天才的な地雷掘りがいる

検閲済みということは、当事者たちも自覚しているということで。
サラリーマンは大過なく過ごすことがなにより大切なのだから、この姿勢、この結果で妥当なわけだ。

それに、有能なプレゼンターたちがこの程度だからこそ、中小企業にも付け入る余地が残されるわけで、ありがたいと思わなければならない。

* * *

問題は、中小企業でも似たような総花方針が多いことだよなー。
ひとごとじゃないんだよなー。



|

« アマゾンの新提案は出版社の持つ顧客情報入手が目的か | Main | 雑記130920 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/58212474

Listed below are links to weblogs that reference 真剣に大過なく:

« アマゾンの新提案は出版社の持つ顧客情報入手が目的か | Main | 雑記130920 »