« mAAch ecute | Main | 真剣に大過なく »

2013.09.17

アマゾンの新提案は出版社の持つ顧客情報入手が目的か

出版社側には良いことずくめのKindle MatchBook。プログラム参加を躊躇う理由はなし!

アマゾンのこの提案の公式発表を読んでいないので、以下は推測になる。

要するに、紙の書籍を買った人の個人情報を、手に入れようという意図に見える。

紙の書籍を買った人の個人情報は、出版社が持っている。それを、合法的に入手するには、その人がアマゾンを利用して、何か購入してくれさえすればよい。その時アマゾンに登録する個人情報は、今度はアマゾンのものだ。

情報を入手できさえすれば、その後のプロモーション手法はいろいろあるから、まずは最初の関門をクリアすることが重要だ。紙の書籍購入者に、同じ書籍の電子版を安くサービスする提案には、そういう意図があるように思える。上の記事にあるとおり、書籍の著者や出版社にとって、悪い点は何一つないと思わせることができれば、前に進む可能性があるだろう。出版社がアマゾンの意図を、どの程度脅威と見做すか、注意してみたい。

|

« mAAch ecute | Main | 真剣に大過なく »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/58211409

Listed below are links to weblogs that reference アマゾンの新提案は出版社の持つ顧客情報入手が目的か:

« mAAch ecute | Main | 真剣に大過なく »