« SIMロックの不自然さ | Main | 雑記130908 »

2013.09.08

「ものがたり」と「ものづくり」の関係性

2020年東京オリンピック開催決定。

東京はもちろん、再開発が活性化するわけだけど、地方も世界にアピールしていく絶好のスケジュールができた。

オリンピックを見に東京へ来る人たちが、この機会に、あそこの地方には是非寄ってみたいと思ってもらえるように、できるといいなあ。



これは、赤の網掛け部分だけ飛ばし読みしても面白い。東京オリンピックというアーキテクチュア(フレームワーク)が始動したのは、創造的活動の環境づくりという点で意義深い。この好環境を無駄にせず、前向きに活用するように頭を使いたい。

クリエイティビティという言葉を振り回すのではなく、本質的に創造的であれ

作品そのものより、アーキテクチャ自体のほうが創造的な時代なんじゃないかと。

・・・

自分は理系だとか、自分はネクタイをしめているサラリーマンだというように、「ラベル」を貼った段階で、既に決定的に、自分の戦う空間を狭くしてしまっている。
・・・
これから求められるのは、絶対に、ルネッサンス・ボーイズやルネッサンス・ガールズです。

・・・

つまり「ものがたり」と「ものづくり」の関係性こそが、企業じゃないか

 

|

« SIMロックの不自然さ | Main | 雑記130908 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/58149481

Listed below are links to weblogs that reference 「ものがたり」と「ものづくり」の関係性:

« SIMロックの不自然さ | Main | 雑記130908 »