« 「ビザンチウム」 | Main | 「ウォーム・ボディーズ」 »

2013.09.28

「凶悪」

主役3人の男どもの怪演を見に行く映画。原作はノンフィクションだそうだが、本当かと疑いたくなるような極悪な事件とドラマティックな展開。

3人のうちの1人目、やくざの男は、怒り出すと平気で人を殺してしまう。凶悪というよりも、むしろ凶暴。近寄りたくない。それなのに、同棲している女からは人情味があると言われている。

2人目、不動産ブローカーは、金のために人を殺すことに抵抗がない。どころか、楽しんだり興奮したりする。凶悪というよりも、むしろ邪悪。同じ空気を吸いたくない。それなのに、周囲からは面倒見のよい先生と思われていて、家族があり、たぶん家ではいいお父さん。

3人目、ジャーナリスト。正義に名を借りた復讐のためなら、人を死に追いやることになんの良心の呵責もない。ためらいがないというより、悪人の死を願っている。そして、家では妻とうまくいっていない。彼を凶悪仲間に入れるかどうかが、悩ましいところ。

4人目として、電気屋の妻と息子を入れてもよい。気は小さいから積極的に手を下さないが、金のために人が死ぬことを、まあ仕方がないと思っている。自分が良ければ、そしてばれなければ、それでいい。自責の念はある。だがそれなら、1人目のやくざにだってある。


ここで、はたと気づくわけだ。おやおや、自分とは関係ないと思っていた、凶悪な人間というものが、だんだん自分に近づいてきていないか? つまるところ、凶悪な人間と普通の人間の間には、一線があるようで、実は案外曖昧かもしれない。

これは気を付けないと。迂闊なことは言えない。そういう一本でした。

Pic01


|

« 「ビザンチウム」 | Main | 「ウォーム・ボディーズ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/58281030

Listed below are links to weblogs that reference 「凶悪」:

« 「ビザンチウム」 | Main | 「ウォーム・ボディーズ」 »