« 働く自動車 : 水素ボンベ交換車 | Main | 瀬戸内島行記130810 »

2013.08.09

瀬戸内島行記130809

異常気象という言葉も聞かなくなって、耐えがたい暑さが定着した感のある夏。今年は北海道かとも思ったが、瀬戸内海というアイデアが浮かんだ。ちょうど、3年に一度開催される「瀬戸内国際芸術祭」をやっているので、旅の目的としては手頃。ということで、午前中歯医者へ行って、昼もまわった頃に東名に乗る。ちと仕事絡みのやぼ用もあって、浜名湖へ。夕方、弁天島にある公営のキャンプ場に到着。広い、涼しい、人が少ない。すばらしい。

夕暮れの一刻が過ぎて、湖水上の鳥居がライトアップされる頃になると、家族連れなどが、バケツを持って湖に降りていく。護岸の石積みがあるから錯覚していたが、岸近くは実は膝くらいの浅さ。何か採っているようだ。小さな明かりがいくつも、湖の上を揺れ乍ら、静かに遠ざかっていく。

Img_3213 Img_3219 Img_3218

Img_3224 Img_3229 Img_3230

Img_3247 Img_3246 Img_3241

昼は暑いのだろうけれど、さすがに水辺の夜は風もあって涼しく、よく眠れた。護岸に出てみると、地元の人たちが水に入って、縄張りをしている。潮干狩りか何かだろう。

撤収して出発前に、早起きの管理人のおじいさんと少し話す。以前はこの広いキャンプ場がいっぱいだったこともあったとか。昭和ヒトケタだというから、いつ頃の”以前”なのかはわからない。戦争前後の話など聞く。そういえばもうすぐ終戦日だ。

|

« 働く自動車 : 水素ボンベ交換車 | Main | 瀬戸内島行記130810 »

ツーリング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 瀬戸内島行記130809:

« 働く自動車 : 水素ボンベ交換車 | Main | 瀬戸内島行記130810 »