« 雑記130728 | Main | 「ペーパーボーイ 真夏の引力」 »

2013.07.28

「終戦のエンペラー」

敗戦後の天皇の処遇を巡る物語。特に新しい解釈などはないが、戦争犯罪について調査にあたった米国の軍人と、日本人女性との秘められた恋という複線仕立てで纏めている。日本という国の特異性というテーマは、日本人には受けがいいが、外国でも受けるかどうかはわからない。以下ネタバレ。

お話の中で、"devotion" が、日本人の特質を表す言葉として、何度も繰り返される。この映画は、表向きは、太平洋戦争の開戦と終戦について、昭和天皇が果たした役割に焦点を当てているのだが、実は、この"devotion"が真のテーマなのではないかとも思える。それについては、西田敏行が役の中で真顔で解説してくれるので、それを聞くのが参考になる。少しだけ、天邪鬼の立場から私見を言えば、この論法は単なる言い訳なのだが、同じ日本人として語られると、麻薬のような作用がある。

歴史について書かれたものを読むのは嫌いではないのだが、近現代史のような評価の定まっていない生臭い部分は、少し避けているところがある。とはいえ、昭和天皇が没してからもう四半世紀が経つのだった。その周辺を描いた映画があらわれるのに、必要にして十分な時間が経ったということだろうか。

先日の、電車に挟まれた乗客を助けるために、乗客と駅員が一緒に電車を押すニュースは、もちろん結構な話なのだが、同じ根をもつ何かが、災厄をもたらす方向に作用する場合もあることは、あまり意識されない。同朋の苦境や犠牲を意図的に演出することなど、ある種の人間にとっては朝飯前だろう。

innocence を免罪符にすることが許される条件は限られる。願わくは、devotion が深化して、普遍的な humanity と wisdom に至っているといいのだが。

Pic01

|

« 雑記130728 | Main | 「ペーパーボーイ 真夏の引力」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「終戦のエンペラー」:

« 雑記130728 | Main | 「ペーパーボーイ 真夏の引力」 »