« GoogleReaderサービス終了で思うこと | Main | 氷の下で共鳴する音 »

2013.07.04

メッキが剥げたら新しいメッキを

輸入物価上昇は日本の流通を変えるかもしれない

製造業がつくってきたブランド価値というメッキが剥げて、PBが伸びるかもしれない、というお話。
それは、効率の悪かった部分が削られるということで、いいとも悪いとも言えないけれど、そのメッキ部分で食べていた人たちにとっては嬉しくないだろうとは思う。

それにしても。

そもそも人口が増えるわけでもなく、また所得が増えないなかでは、そうそう需要が伸びるということにはならず、市場競争による価格の押し下げ圧力に歯止めをかけることは結構難しいことだと感じます。
新しい種類の付加価値を探さないとなんだけど・・・。

別の言い方をすると、新しい種類の贅沢(メッキ)を探さないと、てことか。(笑)

|

« GoogleReaderサービス終了で思うこと | Main | 氷の下で共鳴する音 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/57720673

Listed below are links to weblogs that reference メッキが剥げたら新しいメッキを:

« GoogleReaderサービス終了で思うこと | Main | 氷の下で共鳴する音 »