« 氷の下で共鳴する音 | Main | アラン・ケイの意見 »

2013.07.06

「毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト」

原題は単に"FUR"。邦題は少しキャッチーに過ぎるか。とはいえ、ニコール・キッドマンの美しさには文句なく釘づけになること請け合い。huluで見ました。

伝説の写真家のポートレイトを描くというお題目を掲げながら、実のところ、ニコールだけを追っているように見えて仕方がない。その意味では、残念な作品。いやいや、でも眼福です。

美しいが固い表情で抑圧された生き方を表現する前半から、多毛症の男に惹かれて次第に自分を解放していく後半まで、ニコール・キッドマンの女優としての実力にふさわしい見せ場がたくさん。

ダイアン・アーバスという写真家の実際の生涯とは、かなり違うストーリーだそうだが、フィクションの部分の筋書は、ニコールのために書かれたと思えば、十分許せる気がする。

ちなみに、実在のダイアン・アーバスの方は、ファッション写真の世界で活躍したあと、次第にフリークスなどの題材に傾倒していき、48歳で自殺したのだそうです。シャム双生児を撮った写真が有名だとか。

映画では、自殺に至る部分はまったく描かれず仕舞いなので、ノンフィクションを期待すると裏切られます。

Pic01


|

« 氷の下で共鳴する音 | Main | アラン・ケイの意見 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト」:

« 氷の下で共鳴する音 | Main | アラン・ケイの意見 »