« セブンカフェは「カスタム自販機」の市場を切り拓く! | Main | ホワイトカラーの生産性 »

2013.07.13

130713前武尊山

一応、三連休。先日登った皇海山の、国道を挟んだ向かい側に、武尊(ほたか)山というのがありますな。標高も同じ2千M級。これは手頃ということで、行ってみることに。

今回は、行き当たりばったりではなく、事前に少し調査。当初は、沼田ICから国道120号で行く道を考えていた。川場村を抜けて川場谷野営場までバイクで行き、そこから登り始める南側のルート。しかし調べてみると、西側の水上・奥利根方面から登るのが一般的らしい。景色などもそれが一番いいようだ。周遊コースがとれるので楽しそうでもある。沼田に着いてから、天気を見て選ぶことにする。

朝5時半発。大泉を6時通過。なのだが、関越はすでに渋滞気味。みんな早起き過ぎでしょ。前橋を過ぎたあたりから、やや雲が増えてくる。まだ気温も高くTシャツ姿の多い上里SAで、白い視線を浴びながら、用心のためにレインウェアを着込んでさらに行くと、計ったように雨が降り始める。これで、今日のルートは南に決まり。西ルートは天気のいい日のためにとっておく。

9時、川場谷野営場着。野営場というより、砂利敷きの駐車場のように見える。掲示板でコースを確認。事前調査では、③の野営場コースしかわからなかったのだが、①旭小屋コースというのがあるではないですか。健脚向け? それっておいらのこと?テヘッ? というノリで、途中分岐から①のコースへ乗り換えていくことに決める。何も知らないというのは実に幸せなことなのである。
Img_3010 Img_3012 Img_3013

分岐まではハイキング風の道。雨は止んでいる。ここの分岐から①の「健脚向け」コースへ。
Img_3016

まあ、藪やら急斜面やら倒木やらは普通。
Img_3018 Img_3024 Img_3027

左は、しばらく道とわからず、周辺をうろうろ探してしまった。岩の狭い隙間を体を横にしてすり抜ける。スポーツ用品店で売っている、幅が妙に狭かったり厚さが薄かったりするザックはファッションかと思っていたが、実用上の要請がちゃんとあるのだ。初めて知った。右は・・はいはいこの木の根と岩の間を登るのね。ほかに道らしいものなんて無いわけだし。わかってますってば。健脚向けというよりサスケ向けなんじゃないか。
Img_3031 Img_3037

そんなこんなで、とうとう、頂上のような開けた場所に出た。案外早かったなとおもいつつ、念のためGPSを見てみると・・なんかまだ半分くらいしか来てないですけど。
Img_3040 Img_3041

周辺を探してみると、岩の反対側に踏み締め道がある。よかったよかった。でも左側が何もない崖で結構怖い。
Img_3042_2

少しいくと、またも岩山。今度はさきほどのような踏み締め道もない。・・・おや?鎖なんかありますな。これを伝って行けということか。でもおいっ! 左側断崖なんだけど。足滑らせたらそこで人生終わりっぽいですけど。おまけに鎖の先の方が・・岩を巻くように向こう側へ消えてるよぅ。吹きさらしで風はびゅうびゅう吹いてるし雨まで降ってきたしこれを本当に逝くのか自分? 何か間違ってないか? 途中で道間違えたりしてないか?
Img_3043_2

まとりあえずだ。あの先がどうなっているのか見てみよう。まだ少し余裕あります。足元はまだ土を踏んでいるし。ということで、へっぴり腰で鎖を握りしめて岩に頬がくっつくくらいで微速前進。向こう側を覗いてみた。
Img_3044
解説しよう。これ、視線は下を向いています。水平方向を見ているのではありません。
そのとおり。下が見えませんね。よくわかりましたね。わたくしはまだ冷静です。たぶん。

とりあえず、iPhone落とさないように慎重にポケットにしまって、と。
さてどうするんだこれ。引き返す? でもいま来た岩場を後ろ向きで戻るのかうわあああああやだああああ。パニィィィィィィィィック寸前。


そのとき、ふと雨交じりの空から聞こえましたのです。

"Fear. is a Choice."
おお、その声はウィル・スミス神! 「アフター・アース」の! なんかあんまり評判よくないですけどあの映画。「ほっとけえぇぇぇぇぇぇぇー」
みたいな一人ボケ突込みしているうちに落ち着いてきた。降りられそうな気がする。余計なことを考えずに、状況をよく見ればいいのだ。両手両足両目があるのだから。

というわけで降りました。左は途中の足一つ分くらいの岩棚で休憩中の見上げ。右は降り切ってからの見上げ。こうしてみるとたいしたことなさそうに見えるんだよねえ。上から崖を覗き込みさえしなければ。
Img_3045 Img_3047

この崖のキョーアクなところは、最初の比較的傾斜がゆるい(といっても60度くらい?)ところが、ほとんど足掛かりがなくて、鎖に体重を預けざるを得ない瞬間があるところか。そこを割り切ってしまえば、なんとかなる。鎖が外れてしまったら、それは運が悪かったというだけのこと。

雨で鎖を握った手が滑るのが少々危険だったが、降り始めだったのは幸いした。あれで岩壁の方も濡れてすべるようだと、ちょっと危なかったかもしれない。

まあ、ここで死亡事故があったニュースとかあまり聞かないし、みなさんそれぞれに切り抜けているのだろう。普通にフィールドアスレチックの遊具だったら、大喜びでチャレンジするようなものだが、登ってくる間に体力消耗しているから、見掛け以上に難しく見えるところはある。

* * *

やれやれ、これで山場を越えたと、思いたいところだが・・こういう感じの鎖場が、あと数か所あって、参りました。

左は、カニのよこばいとかご丁寧に名前まで付けてくれて。下がない。ハーケンというのだろうか、鉄の釘が打ってあるだけ。その下は何十メートルあるのかわからない。おまけに、渡った後は向こう側の崖をよじ登れと。どういう罰ゲームだよ。木の根があって取り着きやすそうに見えるのが罠。揺すってみると、土と根も一緒に揺れる。荷重はあまり掛けられない。
右は、岩の間の隙間を垂直に降りてくる罰ゲーム。岩に挟まれた安心感は見せかけで、手を離せば落ちる。ニュートン先生に聞くまでもない。
Img_3048 Img_3049

ほかにも写真を撮る余裕のなかった難所がいくつかあったか。落ちると死ぬという恐怖はとりあえず棚上げして、ひたすら上手く体重を操るように両手両足を動かすことに集中した感じ。やり方がわかってくると、これはこれで面白い。場合によっては中空に体を預けるようにして位置をずらすと、簡単に足場を確保できたりとか、体操だと思えばいい感じもあった。たぶん何度か行って慣れれば、どうということもなくなるのだろう。
少し認識が甘いかもしれないが。

最初にルートを切り拓いた人もいるはずだ。中にはそれで命を落とした人もいるのかもしれない。これがそうなのかどうかはわからないが。
Img_3050

そんなこんなで、13時、*前*武尊山頂到着。登り4時間は予定を1時間ほど超過。
このルートで下る人向けに、やんわり警告の看板が。確かに、上りで消耗した後であの鎖場を通るのは、ちょっと危ないかもしれない。
Img_3058 Img_3063

昼食を食べながら、この先どうするか考える。ここから武尊山までは、高低差はあまりなく、山歩きの楽しさは少なそう。今日は雲とガスが出ていて見晴は期待できない。往復1時間半ほどかかる。
ということで、武尊山は天気の良い日に西側から改めて登ることにして、今日はこのまま下山する。

下りは掲示板に従って、おとなしく一般登山者ルートで。こちらは、神社の段々や、公園のすべり台みたいなところはあったが、特に考え込むような難所もなく、2時間半ほどで野営場に到着。
Img_3067 Img_3068

往復で出会った人は、山頂間近でクサリ場へ下っていく若者1人だけ。空いていていい山歩きだった。

* * *

川場町の市街に降りてきて、日帰り湯をもらってついでに食事もして、近くにあったキャンプ場で一泊。ここは、畑の中にあるが、堡塁を巡らせた大きな窪地のようで、周囲と隔絶した空間がなかなかよい雰囲気。デザインセンスのよさそうなロッジなどもあって、利用者は若い家族連れグループが多いようだ。
Img_3079 Img_3081

群馬県に来ると感じるのだが、よく手入れされて美しい町が多い印象がある。モニュメントとかそういうものではなく、町のそこかしこが何気なく美しい。郷土愛が脈々と受け継がれているというか。役所任せではないというか。折に触れて、いいなあと思うことが多い。
高度成長期以降に総理大臣を4人も出したことと、関係があるのかどうか。

* * *

翌朝早く、関越に乗って帰る。三連休くらいだと、気分的に慌ただしい。
帰り道、上里SAで自衛隊ご一行に遭遇。大砲だあ。
Img_3084 Img_3085

北関東は、山歩きにはなかなかいいところだ。男体山、皇海山、武尊山と、百名山というものにはとりあえず登ったわけだが、次はどうしよう。

|

« セブンカフェは「カスタム自販機」の市場を切り拓く! | Main | ホワイトカラーの生産性 »

ツーリング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/57788249

Listed below are links to weblogs that reference 130713前武尊山:

« セブンカフェは「カスタム自販機」の市場を切り拓く! | Main | ホワイトカラーの生産性 »