« 恵比寿山の手散歩 | Main | GoogleReaderサービス終了で思うこと »

2013.06.29

「真夏の方程式」

最初のつかみがうまい。その後の展開が泣ける。最後に結末に納得する。東野圭吾は日本人のツボをよくわかっている。ミステリなので、ネタバレはなし。

この原作者の書くものは、SFマガジンにしばしば掲載されていた頃はよく読んでいた。白夜行が白眉だったと思うけれど、しかしその後ぱったり読まなくなった。たぶん、毎度同じテイストに飽きたのだろうと思う。それでも、こうして映画化されてみると、まるで変っていないし、面白さも同じだ。同じだから飽きるのだが、それは贅沢というものだろうか。

それにしてもストーリーがよく練られている。いろいろ入り組んでいるにも関わらず、無駄な要素がない。すべてが計算されて正しく配置され、お話が展開するにしたがって、それぞれの本当の意味が立ち現われてくる。

流れの中でごく自然に出てきた主人公の言葉が、最後になってこれほど重い意味を持ってくるとは。また、付随的な要素に見えた少年と主人公の夏休みの取り組みが、後半にかけて、話の本筋に必要不可欠な下ごしらえに変貌するとは。この辺りの意外性の演出の巧みさは、東野圭吾ならではだろうか。

日本人の大多数の心情に寄り添うことも忘れない。宿の女将が結婚相手に選んだのは、羽振りの良い実業家ではなく、エンジンメーカーの技術者だった。その実業家にはその後、”どうせ会社は倒産して女房とも別れた”、などと言わせている。この妙なリアル感は、原作者のものか、それとも映画化にあたったテレビ局の感覚なのか。いずれにせよ、メジャーな層を確実に捉えていると思える。

「アマルフィ」の駄作ぶりをいまだに根に持っている執念深い私wだが、本作をもってフジテレビの罪は帳消しにしてもよい(えばりっ)。考えてみると、南イタリア地中海の大人の恋より、黒潮洗う民宿に隠れ住んだ家族の哀れな情念の方が、はるかに馴染みがあってしっくりくるのだった。作り手もそうだろうし、ましてや自分を含めた観客の方もそうだ。

いかにも日本的な納得感で上手に纏められた一本だったが、それにしても福山雅治のクールで熱くてかっこいいこと。しびれます。

Pic01


|

« 恵比寿山の手散歩 | Main | GoogleReaderサービス終了で思うこと »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「真夏の方程式」:

« 恵比寿山の手散歩 | Main | GoogleReaderサービス終了で思うこと »