« やりすぎGoogleの例 | Main | モノよりサービス »

2013.06.26

「二流小説家」

原作は読んでいないが、とっても面白いのだそうだ。特に、殺人鬼の芸術観と、二流小説家の草の根観がぶつかりあうあたりが。二流小説家の方のキャラクタが立っていて、かつ、殺人鬼のロジックに切れがあるとき、そういうことが起きるのだろう。映画化でそれが実現できたかというと、微妙。

作品自体よりも、これを見ていて、なぜDVDやネットではなく映画館へ足を運ぶか、その理由が自覚できた。緊張感なのだ。

カルトっぽい緊迫感のある映像と台詞、緊迫したミステリ。広い劇場が水を打ったように静まる中で迎えるクライマックス。そういうものが、映画館の暗闇にはある。

もちろん、ホームシアターも環境としては良いのだが、大勢の人間が、物音ひとつたてずにスクリーンに集中している、あの緊張感は、映画館だけのものだ。

作品の感想をいえば、少し消化不良な感じもした。遺族たちのキャラクタが中途半端というか、唐突な感じもあったり。原作小説の和訳が出ているそうだから、そちらを読むのがよいかもしれない。

「二流小説家 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)」
Pic01

|

« やりすぎGoogleの例 | Main | モノよりサービス »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「二流小説家」:

« やりすぎGoogleの例 | Main | モノよりサービス »