« 「ファインド・アウト」 | Main | 置き忘れPCが帰ってきた »

2013.06.16

「華麗なるギャッツビー」

古典的な身分違いの恋。今とよく似たバブルの時代を背景に、男の純情に比べた女の煮えきらなさが悲恋を生む。レオナルド・ディカプリオが真価を遺憾なく発揮して、よく知られたストーリーに再び命を吹き込んだ。5度目の映画化だそう。以下ネタバレというほどでもないが。

ヒロイン役のキャリー・マリガン。「ドライヴ」に続いて罪作りな可愛い女の役。惚れさせた男の、かっとなった狂気に怯えて後ずさりするところまで一緒。そういう役が向いているのだろうか。(笑)

本作ではそれに加えて、金持ちの無責任と放埓も併せて、その通りに表現。憎んでいいのか、そんなものと醒めた目で見ればいいのか、微妙で曖昧な線にうまく着地してくれました。

1920年代のファッションについては、知識がないのでまったくわからない、ひどく作為的であまり好きではない程度の印象しかないが、見る人が見ればきっと手の込んだつくりになっているのだろう。

そして再びディカプリオ。シーンごとに別人かと思えるほどの変貌を見せる。この人の受賞歴が、ノミネートばかり多いのが意外というか残念というか。すごいんだけどね。不思議。

Pic04


|

« 「ファインド・アウト」 | Main | 置き忘れPCが帰ってきた »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「華麗なるギャッツビー」:

« 「ファインド・アウト」 | Main | 置き忘れPCが帰ってきた »