« まわるショーケース | Main | 葛西臨海水族園 »

2013.04.07

「世界にひとつのプレイブック」

予告編を見ただけでは、この映画のよさは伝わらない。こんな楽しいラブストーリーをあやうく見逃すところだった。以下ネタバレ。


心の壊れた人を見るとき、怖れと好奇の目を向ける傾向はどうしてもある。それは、相手を理解できないからだろう。この映画の出だしも、少しおかしいどころか、はっきり〇〇ガイである主人公がちょっとこわい。あ、伏字は”タフガイ”じゃありません。念のため。

ところが、お話が進むにつれて、そういう人でも、心の内側は、こちらとよく似たところのある普通の人間で、感情の機微もあるということにふと気付かされ、共感できるようになる。その気付きに向かわせる話の運びとディテールに、不自然さが微塵もない。それだけでもこの作品はたいしたものだ。演じるブラッドリー・クーパーの力量もあるだろう。

追っかけ登場するヒロインのティファニーも同様。むしろ、少し壊れかかった心の表現は、ジェニファー・ローレンスの方がうまいかも。メイクも効果的だが。

たとえ〇〇ガイであっても、心の機微は普通の人と変わらない。そうした大きな通奏低音に、正統的なラブストーリーが重ね合わされていく。はじめは、セラピーで飲まされる治療薬の名前で盛り上がり、周囲の普通人たちを寄せ付けない情け無用のイカレた二人組だが、そんな二人の間にも、取引あり策謀あり、彼女の切ない想いと彼氏の鈍感ぶり、すれ違う気持ちの反発などもあり。

表面的には二人は友達で、彼女は彼氏が元妻とよりを戻すために献身的に協力する、いわゆるいい人役。彼氏はそんな彼女の想いに気付かず、最後の土壇場まで元妻の方を見続けている。はたして二人の結末や如何に。

一歩づつ、気持ちが近づいていく過程が、壊れた心が癒され立ち直っていく過程と、ぴったり重ねあわされて、二重にじんわりくる。二人とも出だしは〇〇ガイというクレイジーな設定のおかげで、このじんわり感が、より深く、味のあるものになった。二人の俳優の表現も、変化をはっきり出していてうまい。

という具合に、本筋は真摯なラブストーリーに違いないのだが、なにしろ少し壊れている二人だから、気持ちの表われ方が普通でない。そこが新しくて少し怖くて、そして可笑しい。主人公の親父の壊れっぷりが、これに輪をかけ・・いやいや花を添えてくる。おもしろいですこれ。

ひょっとして今年あたりは、笑いとシリアスという異質なものをブレンドして、それぞれの深みを増すという試みが流行なのだろうか。"CABIN"といいこれといい。こちらはその上キュートなラブストーリーでもある。

そろそろいかにもな映画体験に飽きがきていたところへ、新手のストーリーテリングを繰り出してくるあたり、ハリウッドはまだまだやってくれそう。

Pic01

Pic02


|

« まわるショーケース | Main | 葛西臨海水族園 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「世界にひとつのプレイブック」:

« まわるショーケース | Main | 葛西臨海水族園 »