« 「ジャンゴ 繋がれざる者」 | Main | ITの転換 »

2013.04.02

「パラノーマン ブライス・ホローの謎」

いやー。ストップモーションアニメ好きですから。逃さず観ますとも。やわらかで愛らしく、よく作り込まれたミニチュア世界を、まるで生きているような人形たちが動き回るのがいいのだ。この「パラノーマン」も、よくできたライカ作品。以下ネタバレ。

この種の映画では、同じ制作会社の手になる「コララインとボタンの魔女」が出色の出来だった。確か、人形の顔だけで2万パターンとかだったと記憶している。すごく表情が豊かだった。ところが、このパラノーマンは、それを上回る3万1千種類の顔パターンとか。どうなんだその懲り様は(笑)。

時代を反映して、この膨大なパターンの製造には、3Dプリンタが使われている。公式サイトで、その映像がちらりと見られる。多品種少量生産の究極の明日を見る想い。この公式サイトのMaking映像は、映画そのもの以上に興味深い。

そして、色だ。カラー3Dプリンタと言っているが、この出力がまた素晴らしい。主人公の大叔父の赤ら顔とか、とても感じが出ている。この色具合がアニメーションになったとき変な具合にアニメートしないように、顔パターンの全てを、まったく同じ色味で作る必要があるはずだが、3Dプリンタの威力がここで発揮されている。と思う。

そんな苦労をするくらいなら、フルCGの方がいいだろうって? いやいや、そう思う人は明日から、フルCGのグルメ写真を見てよだれが出たところで、白い飯をかっこんでいれば事足りるのですよ。そんな味気ないことは誰もしたくない。物を作って動かすという行為には、人の本質の一部たる身体性が込められているのだから、おいそれと捨てられない。

魔女の雷や幽霊の表現では、CGも併用している。そこはコララインの徹底ぶりとは違うけれど、絵の質としては多彩になった。お話の方も、まとまりよくわかりやすいながら、ひとひねりがあって、前半の期待を越えた結末に行きつく。主人公と魔女の純な気持ちには、しんみりするよさがある。

こういう映画も定期的に見たいです。

Pic01

Pic02


|

« 「ジャンゴ 繋がれざる者」 | Main | ITの転換 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「パラノーマン ブライス・ホローの謎」:

« 「ジャンゴ 繋がれざる者」 | Main | ITの転換 »