« February 2013 | Main | April 2013 »

March 2013

2013.03.31

「ジャンゴ 繋がれざる者」

絵に描いたような西部劇。の形を借りて実は、黒人を主役に据えて奴隷制の負の側面も盛り込んでみたという異色作。異色だけれど娯楽の王道のような映画。もっとも、これを娯楽として気楽に見られるのは、日本だから。米国では、奴隷制という黒歴史を作品に取り込んでいる点について批判もあるようだ。米アカデミー脚本賞。以下ネタバレは、主に娯楽の視点で。。

悪役を超一級の役者が演じていて、当然ながら面白い。なにしろ、レオナルド・ディカプリオが残忍非道な農園主、サミュエル・L・ジャクソンがその太鼓持ちの執事という配役。悪役キャラが立っている作品は面白いの法則を地でいっている。もちろん、配役だけでなくストーリーにも、悪人の悪逆ぶりを見せつける趣向が凝らされまくり。そこはタランティーノですから。思わず目をそむけたくなります。それだからこそ、カタルシスは大きくなる。だからこそ、この映画は見ない、祖先に対する侮辱だという批判も黒人から出てくる。

その批判はしかし、当たらないだろう。逃亡奴隷に対する残忍な処刑場面で、作り手はジャンゴにこんなことを言わせている。「よく知っているさ。アメリカ人てやつを」。
一方、そのジャンゴが反撃するときも、情け容赦なく白人とその手先の黒人を皆殺しにさせているから、まあおあいこということだろう。他国人としては、主役、悪役のいずれからもアメリカというものを感じたりもする。

ともあれ、この監督らしい、死人が多くて派手な演出に彩られた娯楽作ではありました。

Pic04

Pic05

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.03.30

「桐島、部活やめるってよ」

遅ればせながら観ました。日本アカデミー賞を取った良作。派手さはないけれどじんわりくる。俳優たちの初々しさもいい。演技はこれからなところもあるけれど、ジグゾーパズルのようなシーンの構成が、多少の演技の粗は隠してくれる。

パズルのような断片のそれぞれに背景があって、幾本もの細い流れができていく。クライマックスに向けてそれらが急速に集約されて盛り上がる。

その盛り上がりが潮が引くように引いて行ったあと、学内のスーパースター桐島のうつしみのような高校生ひろきの涙がまたいい。この年頃でふと覚える寂寥感、虚無感は、こんな感じだったろうか。そうでもなかったか。

何かを成したいと思いつつ、なんとなく時間が流れるに任せてしまいがちな大多数の大人たちにも、響くところがある作品。


学内ヒエラルキーというのは、自分のときはあまり感じなかった。いい高校だったということかな。
それとも単に鈍感だったのかw

Pic03

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雑記130330

寒い。冬並みに寒い。


Feedlyで単語を選ぶと、メニューがいろいろ出る。
Bufferというのは、投稿を複数のSNSでシェアするための便利ツールみたい。

Img_2044


このパッケージデザイン、ちょっといい。
すごく昔にどこかで同じものを見た気もするけど・・

Img_2034


| | Comments (0) | TrackBack (0)

特許にまつわる良いニュース2題

特許は本来、弱い立場の技術系企業を守って、世の中の幸福増進に資するためのもの。らしい。
その趣旨に沿う方向のニュース2本。

珍しく初期段階で却下された特許訴訟: 数学的アルゴリズムは特許を取れないと

Google、オープンなインターネットを目指す特許非係争「OPN」を宣言

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.03.29

Webからアプリへ?

アプリ が Web を圧倒する モバイルの世界 : それを示す1枚のチャート

利用者としては、アプリとWebを区別して認識はしていない。Web上のブックマークもアプリの起動も、スマホ上では同じアイコンという形式であらわされるから。

Webからアプリに、トラフィックの出入り口が移っていくことの意味や影響は、よく考えてみないと。。

仮に、The Internet ≒ WorldWideWeb の時代が終わるとして、これはThe Internet にとってどうなんだろう。

よく知らないのだけど、アプリというものは、HyperLinkに代わる世界共通の仕組みを持っているのかしら?

最近のことは全然知識がないな・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

The World as 100 people

Google+を流し読みしていて、ちょっとおもしろい画像があったので、オリジナルを探してみた。

グラフィックはこちら。jackhagley
データはこちらなどから。。100 People: A World Portrait

Theworldas100people_51505a8baf475

日本語が第一言語の人口って、こうして見ると決して少なくはないんだ。。意外。


単純化した文法と語彙を、基礎日本語として広めてもいいのじゃないか。
文学的・伝統的な日本語はそれと違うレイヤということにして。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

iPhone も Feedly にしてみた

なかなかいい。一番人気になるのもわかる気がする。

Img_2001 Img_1999_2 Img_1998_2


Img_2002 Img_2003_2 Img_2004_2

記事の表示が、最初は一覧ではなくてMagazineViewなので、あらかじめ調整しておきたい。ひとごみの中などでいきなりでか文字で記事タイトルを出されると、焦ります(笑)。

Img_1996_2

アルファベットのフォントが5種類選べる一方で、日本語フォントの選択肢がないのは、当座やむを得ないか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.03.28

Feedly に移行してみた。

なんか、GoogleReaderとつなげるだけでいいらしい。その代わり、当然だが、Googleアカウントの情報は吸い取られている模様。プロフィールのアイコンが出ていて、なんだかなあとは思う。

データの移行は、バックグラウンドで利用者から見えない形で、7月1日までにやるのだろうか。

Meet feedly


見た目も、スタイルを選べることがわかった。
タイトル一覧にすれば、ほぼこれまでと同様。

記事は最初時系列で並んでいて、サイト名でグルーピングや並べ替えをする機能が見当たらないので少し焦る。タイトルの先頭に付いているサイト名をクリックすると、そのサイトの記事だけ表示に切り替わる。ちょっと癖がありそうだけど、慣れの問題か。

Pic02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.03.27

はぐはぐする赤ちゃんがかわいすぎる件

GoogleのChromeの広告がぶっ飛んでる

Pic01

あはは。

2つめ動画の赤ちゃん、かわいすぎます。

3つめは、GoogleMapsの威力でしょうか。

4つめは、BreadFishという言葉は知らないけど、魚とパンですぐに思い出すのは、「パンと魚の奇跡」ですか。。。「無限に増殖する」とかそういうことを言っているのかな。


んで、1つめがわかりません。置き去りにされたあなたを正しく拾い上げてくれます・・?? 音声を切っているからわからないのかな。。

誰か教えてくらはい。


全体ではもちろん、「どこでもクローム」のことを言っているのだと思いますが、赤ちゃんしか見えません。(笑)

1つめ、わかった。中断したところから始められるという意味かな。
たしかに、ブラウザを開いたままシャットダウンしても後で復元できるけど、それChromeだけじゃないような・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.03.26

雑記130326

hulu で Walking Dead 再開。今度はそういう展開か・・・
見続けると気が滅入りそうだし、そろそろいいかな。配給はFOXなのか。


GTC 2013: Face Works

たしかにこれはすごい。

Photo_2

こちら経由。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.03.25

雑記130325

スーパーマンはキャラクターが好きでないので、いままで映画は見ないできたが、「マン・オブ・スティール」・・クリストファー・ノーラン? ザック・スナイダー? 

・・・これは罠だ。
・・・見るしかない。(汗)


AIが十分発達したとして、それは、自律的な欲望を持つだろうか。
いわゆるAIになくて、人間(というか生命)にあるのが、それだ。

何かを解析したりすることと、欲望を実現しようという意志を持つこととは、質が違う気がする。
それとも量質転換が起きるのかどうか。


韓国の大規模サイバー攻撃は非正規Windowsサーバーのパッチ配布が原因

一応、推測と断ってはいるけれど。

もし事実がそのとおりとすると、結構赤恥もののような気が。。


5時間前にFBに参加したばかりの男性の横山 祥子さんに友達リクエストされてもなあ・・


ユーロ危機:もう大丈夫だと思った矢先に・・・

ユーロは、壮大な政治的プロジェクトを体現するものになるはずだった。だが、いまやまるで愛のない結婚のように、別れのコストだけがパートナーをつなぎとめている。
言い回しのうまさに思わず笑っちゃいそうになるけど、これは笑えない事態。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.03.23

「ジャックと天空の巨人」

童話を素材にして新しい物語をつくる手法に、このところ乗せられっぱなしだ。「スノー・ホワイト」はまだ少しこなれていない感じがあったが、「オズ はじまりの戦い」は大いに楽しめた。そしてこの「ジャックと天空の巨人」。普通の映画のお約束を、いろいろなところで打ち破っていておもしろい。以下ネタバレ。

お約束破りの好例は、例えばこんな感じ。
しがない小作農の主人公ジャックが、芝居小屋で居合わせたお忍びの姫を暴漢から救う場面。よくありがちな設定と展開だ。普通の主人公ならここで、栴檀は双葉より芳しいところを見せるはずだが、どっこい、おやおや?という方法で騒ぎは終息する。見ている方は、偶然の出会いと英雄的行為というお約束を見せられるかとおもいきや、急転直下、意外なユーモアとリアリティのある方向に転進させられて目が覚める。

お話の大枠も、少々捻って二段階の構成になっている。前半はひとつ目の冒険譚。これだけで、普通の作品1話分の構造を既に持っている。ユーモラスだが手に汗握る展開のあと、悪人は相応の最期を遂げ、怪物は一応封印され直し、主だった者たちは生還。ここまでを手際よくまとめている。

だが、主人公も周囲の人間も、あれだけの冒険を経た後でもまだ、既成の社会の枠に戻ろうとする。それは、冒険自体が空の向こうの異界でのことで、地上では、既成の枠がまだ十分に強いから。主人公にとっては、一時の夢のあとの挫折でしかない。まあ、普通の現実はそんなものだろう。ここでも妙なリアリティが漂う。

ところがそこに、封印したはずの災厄が、文字通り降りかかる。ここからがふたつめの冒険。既存の常識はことごとく、劇的に、徹底的に破壊される。巨人達の膂力、知力、素早さ、人数、どれをとっても人間に勝ち目はない。絶望が形を成して目の前に迫るという体験を経て、九死に一生を拾ってはじめて、地上の人間達にも変化が訪れる。

この作品は、そういう構成をとりつつ、主人公の成長を結実させている。一本調子の物語ではなく屈曲があり、醒めた目を感じさせるのが特徴的だ。

巨人達が、人間達同様に仲間内の争いを抱えているところも、この作品を特徴づける要素のひとつだろう。妙に人間くさく個性的なのだ。ここでも、大きくて力は強いが、のろくて直情的という、お約束の巨人像を否定している。作品の端々にユーモアを感じるのは、このユニークな巨人たちの存在のお蔭かもしれない。


普通の娯楽作品のお約束を破ることで、新鮮な感覚を吹き込みながら、冒険譚としてはお約束どおりに破天荒で、童話の決まりごとであるハッピーエンドはしっかり守っていて安心感もある。バランス良くかつ新しい感じのある、一言でいうと「面白い」作品でした。

Pic01

それにしても、戦いの天王山で「綱引いちゃった」を見せられるとは! 当然な話の流れで真剣そのもの(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラ・ブラチェスカ その2

この前のブラマソーレがとても口に合ったので、同じ作り手の別のも試してみようということで。

Img_1987 Img_1986

こちらも繊細かつまろやかで、よろしゅうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.03.22

雑記130322

統計って、相関関係はわかっても因果関係は永遠にわからないような気がする。それを最強とか言うのはなんだかなあ・・


Yahoo!JapanがRSSリーダーの受け皿になると言われると、やっぱりチェックしてみようかと言う気にはなる。Feedlyというのは画面が派手すぎて・・


警察大忙し。
Img_1921

とんびとふたり
Img_1932


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.03.20

雑記130320

東京都がやっている、「とうきょう花粉ネット」は、見栄えがいいので花粉チェックに使っていたのだけど、どうも実際の花粉の状況とあってない気がする。

今日は東京都区部の花粉はほとんどないはずなのに、目も鼻もくしゃみもひどい状態。
念のため、気象協会やYahooを見ると、今日は「非常に多い」になっている。

大丈夫か>東京都


キャリアのアプリストアはださい, 日本のKDDIは別の手で年商$250Mを稼ぐ

このストアが使えるのは日本のみ、そしてAndroid携帯のみだが、KDDIはアジア市場への拡大を検討している。
iPhoneの世界に安住していて、ちっとも知らなかった。


日本のマスコミは何故キプロスの預金封鎖をちゃんと報道しなかったか

戦後はそんなことがあったんだ。


Googleマップのストリートビューにエベレスト、キリマンジャロなど7大陸最高峰が加わる

すごいわ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.03.17

「クラウド・アトラス」

設定を聞いて、どれだけ混乱するかと思いきや、とてもわかりやすいメッセージで貫かれていて、得難い体験ができる。ディテールにあまりとらわれずに作品全体を受け止めるのもよし、どの俳優がどの役を演じているか細かくチェックするもよし、二度三度見ても楽しめそうなちょっと変わった映画。それでいて、ああ、これが映画というものだよと思わせるしっかりした仕上がり。作り手の力量が存分に振るわれた。満足度の高い一本。以下ネタバレ。


正直なところ、あまり理屈を言いたくない。よい作品というのは、そういうものだろう。だから感想は手短に。

輪廻という考えに馴染みがある日本人としては、この作品はとてもわかりやすい。だからというわけでもないだろうが、公式サイトでは、トム・ハンクス演じる一人の男の、魂の変遷と運命の出会い、といった売り文句を押し出しているようだ。

しかし、この映画だけを見てそれを感じ取るのは難しい。この作品はむしろ、ヒトという存在の多面的な相が、各時代の個々の人間を介して繰り返し描かれていて、特定の一人を追うという感じは薄まっているように思う。個別の人間ではなく、全体として感じ取ることの方が、素直な受け止め方だろう。

これは相当に東洋的な感じ方だ。原作小説がどう書かれているのはは知らないが、映画についてはそう言える。

3Dのような視覚効果を追求した映画がここ数年は優勢で、それはそれで楽しいけど、このところは、物語を中心に据えた良作がちらほら復活してきて嬉しい。この作品もそのうちのひとつ。

ところで、物語とは別に、それぞれの俳優さんが、4つも5つもの役を演じているのを見るのも、この作品の楽しみ。男優が女性を演じていたりもする。

私のお気に入りは、トム・ハンクスの人殺し小説家役と、ヒューゴ・ウィービングの無慈悲な女看護師。俳優さんの本来のイメージを逸脱した配役で、それがまた、味を出しているのがいい。笑えました。


Pic10 Pic11 Pic20 Pic21 Pic30 Pic31 Pic40 Pic41

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.03.14

「キャビン」

B級には違いないし、ネタも途中から薄々わかってくるのだが、でもこれは新しいし面白い。公式サイトの予告編は、ネタバレしすぎなので、見ない方がよい。予備知識なしで劇場へ行くのがお勧め。以下ネタバレはもちろん読んではいけません。


コントロールされたホラー、という構造が早い段階から見えていて、ホラーと隣り合わせにコメディが同時進行する。ホラーの方が手際良く本格的に作られているので、コメディとのギャップがムズ痒い。

それだけならしかし、よくあるB級映画で終わるのだが、コメディのもう一枚裏に、シリアスな闇の存在を仄めかして、奥行きを見せている。

二層のホラーの間にオチャラケが挟まれて悲喜劇が進行する、といった幻妙な味わい。


この変な感じは、例えばこんなシーンに現れる。山小屋の古びた部屋のランプの中に仕込まれた監視カメラを発見して、これリアリティショーだろ!いい加減にしてくれ!と叫んでいる若者に襲いかかるのは、テレビ局に雇われた役者ではなく、正真正銘本物のゾンビ。犠牲者大混乱。

でも、ここまでなら、どこかで見たことはある。何かの手違いでそうなった、というお話だ。たいていホラー一色で、笑いの要素はない。ところが、それを見ている管制室は、犠牲者の惨劇は承知の上でのお祭り騒ぎ。見ている方は、これは何事かと訝るが、その陽気なお祭りがまた、深い闇の手の平の上、という奥行き感。しかも、世界各地で同様のことが行われているのをチラ見せして、空間的な広がりまでも感じさせる。

なんじゃこれは!オモシロイでわないか!

ちなみに、日本のホラーも材料に使われていて、ますます笑える。真剣なホラーなのに思わず笑ってしまうところが、この作品の絶妙な味わい。

さてお話は、山奥の小屋には似つかわしくない、近代的なエレベータの登場で後戻りのできない曲がり角を曲がる。古びた山小屋の惨劇と近代的な管制室とが、実は隣接していることが、ここで意識される。この先は別種のお話に切り替わるのだが、かといって不連続でもない。このあたりの流れの作り方が、とてもうまい。

さらにお話が進むにつれて、他の映画なら主役級のゾンビ達も、実は駒のひとつに過ぎないことがわかってくる。次第に全体像が見えてくるこの種明かしの感覚を、エレベータの箱という道具立てを使って表現したのは秀逸なアイデア。犠牲者の生き残りが、エレベータの箱に乗って、同じような箱に封印された様々なモンスター達の間を経巡っていくときの深い静寂が、心にしみる。これはもっと大きな絶望に向けた束の間の安息、そして死の旅路なのだ。

この先も、もうひと騒ぎふた騒ぎあって、盛り上がる。最後にあの人が登場するところで、またもご丁寧に笑いをとってからw シリアスな終幕へつき進んでいく。

行きつくところまで、きっちり連れて行ってくれたという感じの、大満足な一本でした。

そうそう、ジュールス役のアンナ・ハッチソン嬢の演技が極めつきにエロい。ゾンビにやられるときの表情も最高。過剰演技といえるくらいのサービスが嬉しい。

Img_1838

これは映画館のロビーにおいてあった「箱」、なぜこれが?という疑問は、映画を見れば氷解します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雑記130314

今日の明け方にも、それなりの揺れがあった。
もう慣れてしまっているけれど、その慣れがこわい。


Googleストリートビュー・チームにロング・インタビュー―ラリー・ペイジの車の屋根のカメラからグランドキャニオンの谷底まで

ちょっと感動した。
こういう企業が世界にはあって、前進し続けているということに。


Google Inc: Please do not shut down Google Reader

RSSリーダーは、開かれたインターネットの鍵になっているサービス。
終了なんてとんでもない。

けど、仕方がないのかなあ・・・


【Xデー】河口湖の水位が低下 ネットでは不穏なうわさが・・・

よくない前兆という意見ばかりで、よいことが起きる前兆と言う人は誰もいない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.03.10

雑記130310

なんだか、東京はものすごい砂塵に包まれているらしい。
東京で「煙霧」 一時視界不良

さっきまでビルの地下で本を読んでたので、全然気付かなかった。
地上に出て空を見上げるとたしかに黄色いけど・・あまりすごさがわからない。

今日は晩飯のあとレイトショーを見に行く予定だけど・・マスク効くのかいな。

空が黄色くなった現象に、驚きの声が多数
関東 東京や埼玉などで空が茶色に 世紀末状態 黄砂 PM2.5 【煙霧】


冷静になりましょう


READ BETWEEN THE LINES CHURCH CRAFTED FROM STEEL

かえって落ち着かない。

Readbetweenthelineschurchcraftedfro

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.03.09

「オズ はじまりの戦い」

「オズの魔法使い」が先にあるから、お話のネタは半ば知れているようなものだが、幸い、元の話をほとんど覚えていないので、たっぷり楽しむことができた。以下ネタバレ。

奇術師でペテン師、そして俗物臭満載の主人公オズ。このダメ男の妙なダメさ加減と軽いノリが、独特の味わいを醸している。一見するとオズは、三人の魔女の勢力争いのダシに使われているように見えるのだが、その実、お話の中心の位置をしっかりキープしつつ、笑いあり涙ありの山越え谷越え観客を導いていく。エンターテイナーと呼ぶのがいいだろうか。

そのエンターテイナーが、お話のクライマックスで才能を如何なく発揮して、三人の魔女を凌駕する大魔法使いとして、存在を人々に印象付ける。ああ、これこそまさに人々が望むオズだな、と思わせる伊達男ぶり。

大仕掛けの魔法を大当たりさせ、広場の中心で大写しになって、得意の絶頂ではじけているオズ。そのやや滑稽味さえ滲ませるステージを尻目に、一方では、魔女どうしのシリアスな戦いも目が離せない。こちらは正真正銘の魔力による命のやりとりだ。

この二つ、滑稽味と深刻さとが混じりあい絡み合いながら同時進行するところが、この作品の面白さだろうか。滑稽な見栄の部分を男のオズが引き受け、深刻な争いの部分を女たちが展開して、最後はオズが引き取って締めくくる。なんだかクサいホームドラマでも見ている気分にもなってくる。その締めくくりはといえば、ほろりとさせるハッピーエンド。お見事というしかない話の運びで、思わず拍手したくなった。

三人の魔女はいずれおとらぬ美女だが、とりわけ、西の魔女を演じたミラ・クニスの野性的な顔立ちは、魔女らしくてよかった。後半でのメイクは、もう少し彼女らしさを引き立たせるともっとよかったのだが、少し無個性な造形になったのは残念。

ともあれ、ディズニーらしい物語のうまさを堪能しました。

Pic01

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.03.08

雑記130308

夜半過ぎに目が覚めて、空気が暖かいこともあって、バイクで銀座のハナマサへ今週の食材を買いに行く。鯵の大きいのは品切れなので安い肉にする。

この時間、ホステス風の和装の女が何か買いに来ている。その厚ぼったい服装と髪型が、実用一点張りの食材スーパーとの間で、不協和音をがなりたてている。どちらもひどく侘しい。

もうすぐ二度目の3.11だ。


11 BEST WINTER WHITE MUGS TO TAKE YOU THROUGH THE SEASONS

この発想はありそうでなかったかも。

11bestwinterwhitemugstotakeyouthro

ぬりかべ。が近いか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.03.07

雑記130304

先週今週は少々忙しい。
おまけに、千週末は風邪でダウン。映画の切符を無駄にした。orz


さあ陶芸を始めよう―デザインした器が3Dプリントされて木箱に入って届く

こういうサービスは、たぶん早い者勝ち。


IIJの役員人事が不可解なことに。という小ネタ。
当社役員人事に関する報道について


Galaxy S IVは「眼球の動き」でページスクロールが可能に

ほんとですか。すると次は当然、広告を見ただけでクリックする機能に対する要請が高まるわけで。

「いま、あなた見ましたねっ チラ見しましたねっ」 という世界。

そんなのいやだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.03.02

雑記130302

あたたかくなると同時にマスクが手放せないのはかなしい。


公共交通の切り札は自転車

「例えば出掛けた先の町で(資源ゴミの)リサイクルをやっていなかったとしたら、この町はまだ70年代なのか? と思いたくなるはずだ。今ではリサイクルは『あって当然』のサービス。自転車シェアリングも同じようになると思う」
台東区がやっているあれも、もっと大規模にすれば実用的になるのではないか。

Img_0982

日本は雨が多いからなあ・・でもワシントンDCだって、雪が結構降ると聞いたことがあるけど、どうなんだろう。3シーズンだけなのかな。。


都内4カ所のATMにスキミング機器 セブン銀が被害

自分ではどうしようもないのがいやだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2013 | Main | April 2013 »