« 雑記130209 | Main | 雑記130210 »

2013.02.09

「ムーンライズ・キングダム」

ほのぼの甘酸っぱい、懐かしさがある映像とお話。寓話的なので好みは別れそう。以下ネタバレ。

ブルース・ウィリスは、いい映画に出ることで定評があるそうな。ここでも、タフなイメージの彼がなぜこの映画に、と思うところだが、しょぼい警官をちゃんと演じている。そして、最後に少しだけ大ハードなところを見せて、美味しいところをもっていく。そのための配役か。いやいやそれだけでもないだろう。w

彼が示しているのは、我々うだつのあがらない大多数の普通の大人が、しかし子どもと向き合うときどう振る舞うか、かくあれかしというひとつのお手本。なかなかできないことだが、多少ゆるい人間ゆえに許容範囲もそれなりにある。

その彼が、12歳だが利発なトラブルメーカーの男の子と、差し向かいで話す場面で、頭のよしあしに関わらずある程度の経験を積むことは必要だ。(それまでの間)君のような子どもを守るのは自分達おとなの務めだ、というようなことを話す。スカウト隊のキャンプを舞台にしているのは、それを暗に示すためだろうか。

この映画は、12歳の男の子と女の子のセピア色の初恋物語でありながら、実は、それを取り巻き見守る大人たちのお話でもある。子どもたちのつたなさと、大人たちの浮世のエゴとが同時進行でよく見える。そして大人のエゴは子どもからはよく見えていることを、双眼鏡が示している。

他の子たちと少し違う子も受け容れるありかたを、様々な楽器のアンサンブルに喩えてさりげなく示してもいる。子どもだけの世界での争いや和解、大人からの微妙な干渉などなどが、ちりばめられる。

それら、監督の様々な言外の意図がよく伝わってくる映画。連休で時間があるなら、観てもいいかもしれない。


そうそう、公式サイトの特別映像で、もう一人の大物俳優、ビル・マーレイが、ブルース・ウィリスは警官役、いつもどおりじゃないかと皮肉っているのには、ちょっと笑った。

Pic04

Pic03

|

« 雑記130209 | Main | 雑記130210 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ムーンライズ・キングダム」:

« 雑記130209 | Main | 雑記130210 »