« 雑記130213 | Main | 雑記130215 »

2013.02.14

「エンド・オブ・ザ・ワールド」

一応、世界の終末を設定してはいるが、それは、日常のしがらみを離れて物語をつくるための舞台装置。普段の生活なら、決してやらない、起こらない事柄を、起こすための設定。

そういう設定の上で起きることが、人どうしの別れや出会い、陽気な絶望、和解、といった諸々であることに、ほっとする。古いLPレコードとプレーヤーから流れる音楽もいい。

ロードムービーの良さも大いに取り入れている。事件があっても、結局二人で目的地目指した旅を続ける、この安定感。全体に抑えた調子の展開で、波乱を経ながらも二人の距離がだんだん縮まって、終盤近く、通りかかった行列に加わって、海辺に向かうときの盛り上がり、解放感がいい。多幸感と言ってもいいくらい。これは、居場所を見つけたときの満ち足りた様子なのだろうか。

女性監督らしい感性で、こじんまりした作りの中に、溢れるような多幸感を生み出して、作品を成立させている。受けはしないだろうけれど、個人的には、なかなか悪くない一本でした。

キーラ・ナイトレイの突き出た顎とぺったんこな胸と早口の台詞が、この映画に不思議とマッチして、好感度高め。

Pic01

|

« 雑記130213 | Main | 雑記130215 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「エンド・オブ・ザ・ワールド」:

« 雑記130213 | Main | 雑記130215 »