« 雑記130210 | Main | 雑記130212 »

2013.02.10

「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」

邦画でこの系統のものは、あまり見ないようにしている。なんだか気が滅入りそうで。洋物ならどうかというと、まあ西洋人はそんな風に考えるのか。この映画は、老後の過ごし方に真っ直ぐ取り組むというよりは、海外移住と絡めた変化球という趣。どの程度まで本当に近いのだろう。あるいはかなりフィクションなのか。

移住の理由は、以前そこで生活したことがある、金がない、冒険を求めている、いろいろだ。移住後の過ごし方も、現地で仕事を見つける人、そのまま亡くなる人、適応できずに帰国する人、新しい出会いを見つける人などなど。前向きに生きていれば、概ねいいことがあるというまとめ方。かなり楽観的ではある。

ゴールデン・グローブ賞にノミネートされたといっても、ジュディ・デンチがミュージカル・コメディ部門の主演女優賞に推されたということだから、そういう見方をされてはいるわけだ。彼女はさすがに存在感がある。加えて、典型的なビア樽幼児体型で、どこにでもいるおばちゃんを思わせる演技が光る。


高齢者のそれぞれが、これまでの人生になんらか不満や抑圧を感じていて、海外移住というきっかけが、それを解き放つ。かもしれない。という期待に光を当てているのが、この作品の値打ちだろうか。

男は、環境の変化にそこそこ耐性がありそうで、概ねなんとか生きていくように描かれている。女は、仕事をしていたか専業主婦だったかで、かなり明暗が分かれるような描き方。あるいは、金に余裕があるかどうかでも。

余生の送り方としては、多少の波乱の末に、こんなハッピーエンドがあれば、言うことはないだろう。人に夢を見させるのも、映画の大切な役割だ。w

Pic02


「シルバー移住」で検索してみると、こんなサイトがあった。
リタイアメント査証制度一覧
移住後も年金が出るのかな。国籍を変えたら、元の国籍の方からは出ない気もするけど・・

|

« 雑記130210 | Main | 雑記130212 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」:

« 雑記130210 | Main | 雑記130212 »