« 雑記30227 | Main | 雑記130228 »

2013.02.28

漫画原作を映画化する利益の配分

しばらく前に、「テルマエ・ロマエ」の映画の原作料が安すぎるという話題があった。そのとき、当然のように、映画化に伴う赤字リスクを原作者は負わないのだから、原作料は安くて当然だ、という趣旨の意見もあった。

しかし考えてみると、原作者は、それが版権ビジネスで収益を生むかどうかさえわからないときに、自分の時間という貴重なリソースを投入するリスクをとって、作品を生み出した。期待する収益の一部を、まずは原作の売上から取るとしても、その先のさらなる収益化を企図していけない理由は何もない。従って、映画化の際にも、相応のロイヤリティを受け取るのが当然だと言うこともできる。

ことほど左様に、誰もが自分に都合のいいことだけを、まことしやかに言うものなので、注意深く聞く必要がある。

|

« 雑記30227 | Main | 雑記130228 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/56857592

Listed below are links to weblogs that reference 漫画原作を映画化する利益の配分:

« 雑記30227 | Main | 雑記130228 »