« 雑記130113 | Main | 雑記130114 »

2013.01.13

「LOOPER」

これは近年稀な良い映画。タイムマシンものは基本的にネタバレできないから、面白さを伝えにくいけれど、この作品は、見た人のクチコミで十分良さが伝わるだろう。以下ネタバレは読んではいけません。

* * *

現在の自分と未来の自分。30年という人生の時間を隔てた二人の、護るべきものが異なっていたとしても、当然かもしれない。若い時に考えていたことと、年をとってからの考えとは違っていてあたりまえだ。その当たり前を、こうしてまざまざと見せられると、感じるものがあると言わざるを得ない。作中の主人公は若者の方だが、むしろ年配の観客に対して自省を迫る、恐ろしい作品。その恐れは、ラストのクライマックスで頂点に達して、結末で強い印象を残す。

お話の主軸を離れて、タイムパラドクスについても、ナイスなアイデアが盛り込まれている。過去を変えることで未来が変わるのは、このテーマの常道だが、変わるものはそれだけではなかった。未来の自分は過去を知っているのだから、駆け引きにおいて圧倒的に有利なはずだが、その安直な思い込みを打ち破るアイデア。これ以上は言えない。


現在と未来の自分の葛藤が、この作品の主たるテーマだが、おそらく、もうひとつのテーマが慎重に隠されている。一度悪に染まると、罪を贖うことは絶望的に困難だ、というのがそれだ。もちろん、微かな希望を取り上げる作品も世には多いし、本作も最後までその基調を守りとおしている。その果てに、あの結末。泣ける。
彼が、あの特徴的なラッパ銃で、何度も、何度も、何度も、撃ち続けていたものが、本当は何だったのか、観客は最後に思い知ることになる。

未来的な要素を少しづつちりばめて現実感を薄め、乾いた感じを通奏低音としながら、主人公の哀しい軌跡を辿る味わいが、とてもよい。涙はとうに枯れて、行動はリアリストのそれを忠実になぞるのだが、それでも悲しみというものはある、とでも言うか。

主人公の絶望と希望が複雑に入り組んで、その末に選んだ、たったひとつの冴えたやり方に胸を突かれる、そういう一本。

Pic01


|

« 雑記130113 | Main | 雑記130114 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「LOOPER」:

« 雑記130113 | Main | 雑記130114 »