« 「テッド」 | Main | 雑記130121 »

2013.01.20

雑記130120

魂というものは、ある人が行ったアウトプットを写像に見立て、それを奥行き方向に延長して結んだ像のことを言う。ちょうど、3D映像の仕組みと同じだ。

3D映像は映写機の電源を落とせば消えるけれど、人が死ぬと魂も消えるとは、必ずしも言えない。なぜなら、人間は記憶して、さらに記録までする生き物なので、ある人が亡くなったとしても、彼の行動は他の人の記憶と記録の中に残っていて、そこから結べる像もまた消えないからだ。

ここまで、宗教や感傷は一切関係ない事実。


Googleの精神―ラリー・ペイジ、「競争なんてくだらない。イノベーションこそすべて」と吼える

うらやましいというか。。

マーケットの上限がはっきり見えていて、かつ、年々縮小が避けられそうにない市場で、シェアの争奪戦をする、という仕事に従事してはや○年。(まだ一桁なのが救いw)

以前の、どっちの方向に走り出してもいいんだ、という世界に、少し郷愁を覚えたりする今日この頃。


iPhone、iPadが売れてない?アップル製品沈没、不思議報道のメカニズム

そうなのか。変だなーとは思ってた。

と、後出しで言う。w


コーナーで踏ん張れるのか・・

Img_1434


|

« 「テッド」 | Main | 雑記130121 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/56567908

Listed below are links to weblogs that reference 雑記130120:

« 「テッド」 | Main | 雑記130121 »