« 雑記121124 | Main | 雑記121125 »

2012.11.24

「カラスの親指」

原作者には申し訳ないが、本は読んでいなかったのが幸いして、映画の方は最後までたっぷり楽しめた。ネタバレできないので、宣伝上は多少不利かもしれないが、もっとあちこちで上映されていい。

もっとも、ネタばれなしでも見どころはたくさんある。詐欺師コンビの身の上話、能年玲奈、石原さとみ演じる姉妹のいじらしさ、詐欺の手口、擬似家族のほっこり感、反社のみなさんをペテンにかけるスリル。これだけでもお腹いっぱいなのに、最後にもう1枚、予想もつかない切り札がめくられ、物語は一枚分の深みを増す。そこで暗くならないのがいい。明るく締めてすっきり終わる。それ以上は言えないので、是非映画館で。

それにしても、この詐欺師コンビのキャストはすごくハマっている。阿部寛は言うまでもないが、相方の村上ショージがぴったり。芸人という肩書だそうだが、俳優としてもいい味を出している。阿部寛の単なる引き立て役ではなく、かっちりした存在感がある。

このところ邦画というと、アニメとか高齢者ものとかが多くて気乗りがしないのだが、この作品は、若者の生き辛さと屈託の無さが同居していて、それに手を差し伸べる大人達がいて、その手は汚れてはいるけれど真心に偽りはない、といったものを描いている。こういう映画を見られるのは、素直に嬉しい。

Pic22 Pic23

|

« 雑記121124 | Main | 雑記121125 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「カラスの親指」:

« 雑記121124 | Main | 雑記121125 »