« 雑記121127 | Main | 雑記121128 »

2012.11.27

「シルク・ドゥ・ソレイユ 3D 彼方からの物語」

すごい! 凄すぎる! これこそがエンタテイメント! ほかに何も言う事はありません。もう一度見たいと思ったのは、「アバター」以来久しぶり。シルク・ド・ソレイユの高い芸術性と身体性から、この浮遊感と躍動感を、音楽とストーリーに乗せてここまで引き出す映像に仕上げたのは、やはりジェームズ・キャメロンの手腕なのか。

大事なことなので、もう一回言います。

すっげー!


ディズニーリゾートで「Zed」という催しをやっていたのは知っていたけれど、ついに見に行かないうちに終了してしまった。いまとなっては悔やまれる。ただ、想像だが、この映画の映像は、たぶん実際の上演よりすごい。なぜそう思うかを書いておきたい。

実際の舞台には、一回性がもたらす緊張感と臨場感、いうなれば「本物」感があるのが常だ。そこは、映像ではどうしても弱くなる。その代わりに、映像には、カメラワークや編集という強力な手法がある。この映画版の「シルク・ドゥ・ソレイユ」は、その利点を最大限に生かしている。感動の山場で使うアップや、最適な角度からのショットはもちろん、
スローモーションまで使って音楽とシンクロさせ、演者の驚異的な身体能力による動きをして、物語性を帯びるまでに高めている。自分でも何を言っているのかよくわからないのだが、それくらいに凄い。

おそらく、舞台の演技を、遠い客席から見るだけでは、これほどの印象にはならないだろう。オペラグラスを使いこなすのもたいへんだし、時間はあくまでリアルタイムで流れるから、すさまじい体術も一瞬で過ぎてしまう。オリンピックの体操の本番演技と同じだ。映像は、そこを自在に制御できる。

ましてやキャメロンのような魔術師の手に掛かれば、本当に凄いものになる。(とはいえ、彼はプロデューサだから、どの程度映像づくりに手を入れているのかはわからないが)

また、実演の場合は幕間がどうしても弛緩することは避けられないが、映像ならスムーズに繋いでいける。さらに、実際の公演では、それほど多くの出し物を1回で見せることはできないが、映像なら、濃いシーンをつないでいくことで、短い時間の中に、ものすごい密度で様々なシーンを見せていくことができる。この映画は、世界中で上演されている異なるプログラムの、まさにおいしいところを詰め合わせており、どのひとつの演目よりも充実し、かつ十分長いものに、おそらくなっている。

実際、映画を見ていると、第1部、第2部・・という具合に進んでいくのだが、もう第3部あたりでお腹いっぱいというくらいに濃い内容が続く。これくらいでもう終わるだろうと思うと、とんでもない。まだまだ序の口だったことが、すぐにわかる。

演目の並べ方もよく練られている。アクの強いもの、浮遊感があるもの、アクションの激しいもの、ファンタジックなもの、音楽で和むもの、等々々・・そして締めくくりに、ロマンチックで優雅な飛翔。文句の付けようがありません。

世の中には、とんでもなくすごいものがあるのだなあ、ということを実感しました。終わりに思わず立ち上がって拍手したいと思ったくらいです。

ブラボー!

Pic43


|

« 雑記121127 | Main | 雑記121128 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「シルク・ドゥ・ソレイユ 3D 彼方からの物語」:

« 雑記121127 | Main | 雑記121128 »