« 雑記121105 | Main | 雑記121107 »

2012.11.06

121105道志山中湖へ

週末に馴染みのキャンプ場で1泊してきた。土曜日は曇りで昼寒い。夜晴れて放射冷却でさらに寒い。日曜は快晴で、素晴らしい富士と紅葉。行って寒い思いをした甲斐がありました。

なにしろ甲斐の国だし。w

* * *

紅葉は5分くらい。

Img_0475 Img_0437 Img_0468

黄金色の蜂がこっそり。

Img_0414

* * *

森の中をさまよう。
ひたすら垂直な杉林。ゴシックの大伽藍。

Img_0491 Img_0492 Img_0494

Img_0500 Img_0498 Img_0502

Img_0512 Img_0516

目印の大岩。遠目には、うずくまる何かの影に見える。
こんなのが何かの拍子にこの急斜面を転がり落ちたら・・
Img_0523 Img_0524

日も暮れてきた。帰らないと。
Img_0532 Img_0535

またね。
Img_0530

* * *

山中湖畔に、U-Mediaというバイク屋さんの物販の店ができていた。

Img_0426 Img_0419 Img_0423

* * *

スタンドで給油中に店の人と雑談。今日の富士に話がいくと、俄然顔を輝かせて、「富士綺麗ですね!」と。地元の人でも、今日の富士は格別なんだなあ。そう言ったときのおじさんの嬉しそうな顔がとてもよかった。
こういところに住んで、たいへんなこともあるだろうけど、幸せなんだろうなあ。

Img_0610 Img_0630

Img_0646 Img_0650

* * *

閑古鳥キャンプ場と勝手に名付けたここは、10年前は夏の最盛期に訪れても客は私一人だけ、みたいな本物の極楽だったのだが、その後道路の舗装が進んだり橋が掛かったりで、東京からの時間距離が縮まって、予約もなしにふらっと寄る私のような者は、こんな季節外れでないと利用できないほど繁盛するようになった。経営主体や地元にとってはいいことだから、それを寿ぐとして、新しい手軽な隠れ家がなかなか見つからないので少々困ってはいる。

とはいえ、この季節はずれの時期、利用客はさすがに慣れた感じか、ひとくせある感じの人たちが多いようだ。量産品とは少し違うテントや車に、それが見てとれる。これはちょっと新しい発見。

左のは、ワンタッチでバネみたいに広がるやつかな。捩じるだけで平面に畳める。違うかな。右はテントの原型ともいうべきモノポール三角テント。重いそうだけど、姿が美しい。
Img_0541 Img_0549

いいないいな。これ楽しそう。
Img_0545 Img_0547

このアウディのナンバーが凄いのだが、ネットに載せるわけにもいかず。w
MSRのテントにハンモック。ばっちり固めてますな。
Img_0552

ここでちと、テントの蘊蓄のあるページなど。


渓流の流れも豊か。

Img_0555 Img_0556

Img_0558 Img_0560

快晴の空に月。

Img_0562

* * *

そうそう、ここら辺では、シシ肉を名物にしようとしているようだ。道の駅のお祭りでも屋台が出ていたし、キャンプ場でも、若主人が客に振る舞って回っていた。

ひょっとするとシシは猪ではなくて鹿かもしれない。生類憐みの令の時代に、鹿の害に困った農民の訴えを聞いた代官が、「あれは猪という生き物であるぞ」と言って鹿狩りを許した、という、中間管理職のお手本のような話を聞いたことがある。実話かどうかは知らない。

ヨタはそれとして、シシ肉鍋、肉はちょっぴりだったけど、暖かくておいしゅうございました。御馳走様。

それにしても富士はみごとでした。
今年はこれで見おさめ。
Img_0643_2


|

« 雑記121105 | Main | 雑記121107 »

ツーリング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 121105道志山中湖へ:

« 雑記121105 | Main | 雑記121107 »