« 「新しいiPadを買わなくちゃ」 | Main | 雑記121027 »

2012.10.27

「アルゴ」

イランの米国大使館占拠事件のさなか、大使館から密かに脱出して、カナダ大使の私邸に匿われていた米国外交官6人を、思いもよらない方法で救出する。この奇想天外な作戦が実話だというのだから、米国社会の発想の自由さ、それを許容する度量、リスクを果敢に取りに行く姿勢に驚く。

映画だから、主人公であるCIA工作員の活躍を通じて、米国の裏工作を肯定的に見る印象になりがちだが、あらかじめプロローグで、イランの民主政権を転覆させ、パーレビ国王を傀儡として擁立した経緯に触れることで、中立的な立場をなんとか保とうとしている。

なにより、最高機密として保護されていたこうした経緯のすべてが、きちんと記録され、一定年数を経れば公開され、後世の研究や検証の対象になるという、米国政府のガバナンスのあり方に、最も感銘を受ける。

脱出工作そのものに、どたばたやアクションがあったとは思えない。きわめて平穏に実行されたはずだし、だからこそ成功したのだろう。しかし、そこは映画だから、多少の演出はお約束として楽しめばいい。

今のイランの国内の事情もよく知らないけれど、過去の経緯を思い出すにはいいタイミングなのかもしれない。まさか誰か戦争を仕掛けたりしないですよね。少なくとも米国の大統領選挙の結果が出るまでは。

日頃は国際社会などというものに興味とてない私でも、見て損の無いと言える一本でした。

Pic02

[追記130417]
映画『アルゴ』の裏には、もうひとつの隠された現代史があった!?

なるほどね。
言われてみれば、出来すぎてる気もする。

|

« 「新しいiPadを買わなくちゃ」 | Main | 雑記121027 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「アルゴ」:

« 「新しいiPadを買わなくちゃ」 | Main | 雑記121027 »