« 「鍵泥棒のメソッド」 | Main | 「ハンガー・ゲーム」 »

2012.09.25

「黒部の太陽」

途中休憩10分を挟んで3時間15分。汗臭い土工達がひたすらトンネルを掘る。話にドラマがあり、映像に緊張感があり、飽きさせない。確かにこれは裕次郎の遺志のとおり、できれば映画館の大きなスクリーンで見たい。全国チャリティ上映会だそうだから機会はあるかもしれない。以下ネタバレ。

この45年前に公開された映画で一番驚かされたのは、2010年代に入って公開される映画と比べて、なんら遜色がないこと。いい映画、というものは、時代を超えて共通した要素があるのだろうか。もちろん、観ている私が古い人間だから共感しやすいということは、あるだろうけれども。


情報を操作することが金儲けの一番の近道であることが広く知れ渡って、それへの追従や反感が錯綜するこのご時世に、このような泥まみれの映画が再び世に出てくるのは、実にタイミングもよい。近代のいろいろな仕組みが出来上がる前の世界から、どのような先達の労苦を経て今があるかを、思い起こさせてくれる。

人の有限性と明日の不確実性を下敷きに、挑戦、犠牲、挫折、凱歌が、生々しく描かれている。地図に残るどころか、おそらく遺跡として残っていくだろうものが、か細い人の手によってどのように切り開かれていったかがわかる。

これが、東北の大震災を契機に、世に出てくるというには、それなりの思惑もあるだろう。しかし、裏にどういった事情があろうと、この映画の作品としてのパワーに何の曇りもない。

映画ってやっぱりすごいと思わせてくれる1本。

Pic04


|

« 「鍵泥棒のメソッド」 | Main | 「ハンガー・ゲーム」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「黒部の太陽」:

« 「鍵泥棒のメソッド」 | Main | 「ハンガー・ゲーム」 »