« 120814北関東北信行記 | Main | 「トータル・リコール」 »

2012.08.17

「プロメテウス」

情報統制で秘密のベールに包まれた作品。6月には世界各地で公開されていたものの、これはすごいといった噂もなく、日本公開を迎えることになった。まさか噂まで統制されているわけでもないだろうから、推して知るべきではある。以下ネタバレ。


3D技術はもう十分こなれている。メガネの改良も進んでいるのか、明るさが減るのもさほど気にならない。全体に暗い画面にもかかわらずよく見える。けれども、どうにも拭えないのが、既視感。その理由は最後にわかる。
この方向で、想像力は既に限界に達してしまっているのだろうか。

ID(Intelligent Design)論に深く切り込んだわけでもない。そこに期待していたので、余計にがっかりした。
ひとことで括ると、これは○イ○○○前史。夏休みのハリウッド4本立てのうち、1本くらいは失敗作があってもまあいいか、という出来でした。

|

« 120814北関東北信行記 | Main | 「トータル・リコール」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「プロメテウス」:

« 120814北関東北信行記 | Main | 「トータル・リコール」 »