« 120812北関東北信行記 | Main | 120814北関東北信行記 »

2012.08.16

120813北関東北信行記

起きると雨。テントは濡れたまま畳んで防水カバーに入れてしまう。どうせ次の宿営地で広げれば乾くので問題ない。6時発。白根山方面へ。

標高が上がって雲を抜けると晴れる。ここはいつ来ても絶景。写真はホワイトバランスの自動調整が効かずに、手前の山肌が黒くなっているが、実際には鮮やかな緑。雲の眩しい白とのコントラストが美しい。ちょっと走っては止まって写真を撮る。雲が尾根を速い速度で呑み込みながら追ってくる。
Imag3503 Imag3493 Imag3482

湯釜方向を見れば、3つの植生が比較できる。一番奥の湯釜に近いところは硫黄混じりの岩肌。その次が植物のまばらな岩。一番手前は普通の緑。ここも好きな風景のひとつ。来る度に撮ってしまう。
Imag3509

隣の弓池を軽く一周。三脚とカメラで鳥の朝食風景を狙っている人が複数いる。
Imag3512

ここは軽く切り上げて北上。志賀高原に差し掛かる。ここから山田村方面、渋温泉方面はそれぞれ行ったことがあるので、今日は野沢方面に向かう。カヤの平が今日の目的地だ。冬には3~4Mの積雪があり、道は閉鎖となる。その細道をずっと行く。この季節は草いきれでむせるようだ。途中の分岐で、秘境と言われる秋山郷へ向かう道もあるが、それは次のお楽しみ。
Imag3524 Imag3525

昼前にカヤの平到着。日本離れした光景と聞いていたが、そのとおりの広々した風景。少し北海道を思わせる。テントサイトは、草原とブナ林の中の両方がある。林の中に設営。
Imag3530 Imag3528

ロッジが併設されており、管理人の男性は関西弁のまめな人。ブナ原生林の中を縫うハイキングコースの説明をてきぱきと丁寧にしては、ハイカー達を送り出していく。地図をもらって歩き出してみる。

ブナの葉は明るい。大木の落ち着いた幹の色とよく合う。ところどころ若木の真っ白で細い幹が目立つのが美しい。台風で折れた老木の黒さもアクセントだ。こうした老木も、きのこの苗床になり、分解され、やがてきれいに土に帰る。そうしてブナの林は美しさを保つ。解説にはそうある。
Imag3549 Imag3551 Imag3542

日本海側の積雪の多い地域に、かつてブナ林は広く見られたが、戦後、投資目的の杉や松の植林によって多くが失われた。その杉林も、時代の流れについていけず、間伐等維持費用に売価が釣り合わずに行き詰っていると聞く。なんとも残念なことだ。

下生えのササが勢力を増すと、ブナの幼木は成長できず、林の中にぽっかりと空地ができるそうだ。それではいずれブナは駆逐されササの天下かというと、なぜか十年に一度くらい、ササは自ら一斉に枯死するという。そこでブナにもチャンスが巡ってくるのだそうだ。不思議なことだなあ。ササの方も、ときどき河岸を変えようとか思うのだろうか。

ハイキングコースの終点は湿原。その先100Mほど急坂を登ると、一応山頂の標識もあるが、見晴らしは全くない。地図にそう書いてあっても、運動がてら行ってみるのが天邪鬼である。途中出会った障害者を含む集団は、この最期の100Mを登るか否かで意見の相違があったようで、先に登り始めた私の後を、一部の者が追ってきたところを見ると、二手に分かれたようだ。積極的な行動が報われことなど稀なのだが、まあ、歩いてみた者にはそれなりの満足感や達成感はあるだろう。彼らが仲間のところへ帰って、頂上はあったが何も見えなかったと報告する様子を思い浮かべて、つい、にやりとする。冒険者に幸いあれ。
Imag3554 Imag3562

テントに戻って、汗だくのシャツを着替えてさっぱりする。今日はもう十分歩いたから、あとは何をしよう。ここはまったくの山の中で、コンビニすらない。飲み水を切らしたのにかこつけて、ちょっと木島平か飯田までバイクで行ってみようか。30分ほどで飯田市街に。D2やシマムラなどが集まっているあたりで買い物をする。食品スーパーには盆休みで親族が集まるのに備えたケータリング類が並んでいる。刺身盛り合わせなど、ボリュームたっぷりの上、えらく安い。ちょっと驚いたのは明太子の1パックの量。生モノで保存は効かないはずだから、この分量を1~2日で消費する需要があるということだろう。大家族は健在ということか。
Imag3574 Imag3573

続いて飯田駅まで足を延ばしてみる。仁王門というものをつくろうとしているようだ。すぐ近くには新幹線の駅を建設中。
Imag3577 Imag3575 Imag3580

* * *

盆地の中心あたりを千曲川が流れていて、方向感は掴みやすい。ランドマークとして橋もある。しばらく地図なしで走り回ってみる。WiMAXの電波は来ていないようだ。
さて町の空気も吸ったことだし、日も暮れるので、山へ帰るとしよう。

夕飯はロッジで。ハンバーグ、テンプラに鍋という定番で、久しぶりにずっしり食べる。管理人がいろいろ話題を提供してくれる。冬季は道が閉鎖になるから、ロッジの営業も4月~10月くらいまでだけ。いまはキャンパーが主だが、夏休みが終わると秋までの間はカメラマンが多くなるとか。早朝にカヤの原で見られる霧が、人気の被写体だそうだ。そのほか、地元TVの取材が来た話とか、姉妹都市か何かで調布市議一行の視察の話とか。

日も暮れて、明かりも消したテントの中で風を聞きながらごろごろしていると、子どもたちが肝試しとかで暗い林の中に入ってくる。最初に男の子チーム。人のテントをライトで照らして、このテントじゃない・・などと相談している。眩しいからやめて。

目印の札か何かを取りにいくのだろう。目的地には当然脅かし役が隠れている。左手の方角から男の子「ねー場所どこー」。右手、雲が明るい原っぱで待っている女の子チーム「もっと左ー。がんばってー」。男の子チーム、さらに奥の暗い方へおっかなびっくり向かう。しばらくして彼らが消えた方向からいきなり「ぎゃー」と悲鳴。女の子チーム、それを聞いて笑い転げる。こっちもおかしくてついクスリと笑う。がんばれ男の子チーム。

やがてそれも終り、寝静まる。雲があるので星は見えない。この山中なら、晴れればさぞかしきれいな星空だろう。次はそういうときに来たい。

|

« 120812北関東北信行記 | Main | 120814北関東北信行記 »

ツーリング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 120813北関東北信行記:

« 120812北関東北信行記 | Main | 120814北関東北信行記 »