« 「ダークナイト・ライジング」 | Main | 120812北関東北信行記 »

2012.08.16

120811北関東北信行記

東京から手近なツーリング先として、草津を含む北関東近辺はかなりいい。箱根、富士五湖に続いて定番になりつつある。ということで3回目。

どこ方面へ行くかは、たいていその日の朝まで決まらない。諏訪湖の花火も見たいと思いつつ、とりあえず出発したものの、なんか中央高速の入り口を見つけられず、あれよあれよと環八を北上してそのまま関越へ。勢いで。目的の無い生き方そのもので悪うございますね。orz

上里SAで給油して朝飯など食いつつ地図を眺める。この前は日本ロマンチック街道を行ったので、今日は榛名山へ行ってみよう。麓に伊香保があるから湯巡りもできる。という具合に行きあたってばったり倒れそうな旅程を組んでいく。

榛名、久しぶりだなあ。

渋川伊香保ICで降りて、真っ直ぐ伊香保を目指す。つもりが、一応渋川駅も見ておきたくなって寄り道。駅前にビジネスホテルがぽつりと一軒だけ。売店で新聞を買う。
気を取り直して伊香保温泉へ。のつもりが上州物産館というものを途中発見して寄り道。寄り道だらけの人生で悪うございますね。orz
今回はそういう旅なのだから、これでいいのだ。

物産館の不思議なものども。550円均一っぽい価格設定が少し不思議な感覚。マイタケのふりかけという発想はなかった。美味そう。

Imag3368 Imag3369


ワゴンを出している店が館内にあって、干果物など売っている。物産館とは別会計なので、たぶん時間借りか何かなのだろう。売り子のおばさんは素人風。売れていないらしく元気がない。それでいて必死なのがありありとわかるのが痛い。そういう風に客に見抜かれてしまうようでは、商売は向いていないだろうな。

小梅が1個入ったひとくちゼリーを小分けにして売っているので、それを買う。いつもツーリング土産を持っていく叔母が、食事制限がかかったとかで、まんじゅうクッキーの類はだめになったのだ。この自然食品風のゼリーならよさそう。

えーっと、そうそう目的地は伊香保だった。ちゃんと温泉街に到着。

* * *

ここは段々の温泉町として有名らしい。なるほど石段がずっと上まで続いている。道路に面した入口部分は、相当な幅だが、上に行くに従って徐々に狭くなっていくようだ。観光バスなどは、一番下の道路に一時停止して、ガイドさんの説明があった後すぐ発車という感じで、効率よく段々のイメージを植えつけている。

石段をゆっくり登っていくと、スケール感が何度か切り替わり、その度に祝祭空間の密度が増していく。縁日の日、お社へ至る参道の並びのようだ。段々の中央には温泉が急流となって流れ下っている。大部分は暗渠だが、ところどころガラス窓がしつらえてあって、熱湯の激流を覗くことができる。石段途中の石碑を見ると、日本で最初に都市計画の手法を取り入れた段々だとか。なるほど明らかに専門家の手になるデザインが施されていて、両側の店と石段とが接する表出ゾーンをうまくつくっている。
Imag3378 Imag3381 Imag3386

Imag3375 Imag3377 Imag3371

いったん一番上の神社まで行ってお参りしたあと、段々の途中にある市営の日帰り湯に入る。普通によい湯。掛け流しの温泉は、都市部のスーパー銭湯のようなカルキ臭がないのがよい。当然のことなのだが、便利さや清潔安全の代償に失って、そのことに気付かないものは多い。代用品に慣らされているうちに、それで満足してしまうのだ。といって都市生活を捨てられるわけでもないのだが。

ここの段々道には、射的のような娯楽の店が比較的多い気がする。そして、それなりに客が入っている。湘南江の島も、これより狭い参道沿いに射的屋がいくつかあるけれど、道を埋め尽くす人波の割には、店で遊ぶ人を見掛けることが少ない。祝祭空間としての質が少し異なるのかもしれない。都市との距離の違い、温泉という寛ぎ要素の有無、消費空間と治癒空間との違い、いろいろ考えはよぎる。

タコ焼きと串こんにゃくを食う。久しぶりにまともなタコで嬉しくなる。粉を十分使って中までもっちり、よく火が通っている。都市部の某チェーン店のように、中がほとんど水で、外側だけ焼き固めたような胡麻化しがない。これも本物というも愚かな当たり前のタコ焼きなのだが、都市部ではチェーンのドミナント商法にほとんど駆逐されてしまった。残念この上ない。

* * *

段々を下まで戻ってきて少し行くと、徳富蘆花記念文学館がある。「不如帰」で有名な昔の作家だということは学校の教科書で読んだけど、それ以上の知識はない。記念館でいろいろ勉強する。少しユートピア思想なのだろうか。トルストイに会った後の「美的百姓」生活というものがそんな感じ。その彼が伊香保を好んで度々訪れ、最期もここで迎えた所縁で記念館があるらしい。館に隣接して、彼が息を引き取った旅館の部屋を移築した記念館がある。
Imag3391

ほかに竹久夢二記念館もあるが、蘆花で少しお腹いっぱい気分なので今日はパス。夢二美術館の類はあちこちにあるような印象だが、ここのは比較的有名なのだろうか。

文学館で小一時間過ごす間に、外は強いにわか雨。新調したレインウエアがさっそく役立つ。有名ブランドものが4~5万円する中で、上下で1万円ぽっきりという、アウトドア用品小売りチェーンのプライベートブランドだが、汚れたり破けたりするものだから安いのがよい。

* * *

ここの温泉宿は段々の両側に集まっているわけではなく、周辺に分散している。そのうちのいくつかは日帰り湯も楽しめる。一番上の方にある露天風呂へ行ってみる。奥まった第二源泉のすぐ横に簡素なつくりの露天。
Imag3392

脱衣所から覗いてみると、先客は3人のグループだけで、空いている。雨のお蔭で敬遠されたのだろうか。いろいろ話しているうちに同郷人と判明。おまけにバイクでツーリング中という点も一緒。私とは逆方向に、渋、草津、伊香保と廻ってきた由。ひととき話に花が咲く。

* * *

すっかり温まって、雨もあがった。観光案内所で聞いた、榛名山の方へ行ったところにある榛名湖オートキャンプ場へ向かう。車の入場ゲートまで備えた、管理のしっかりしていそうな小ざっぱりした複合キャンプ場。テントサイトは区画なしのフリーだが、低木が適度に植えられていて、視線をさりげなく遮ってくれ、居心地がよい。さっそく木陰に設営。ここには、トレーラーハウスも1台あり貸し出しているようだ。ちょっと他では見掛けない。

それにしても小学生くらいの子ども連れの家族が多いこと。北海道などとは、利用者像がはっきり違う。
川などの水辺がない代わりに樹木がたいへん多く、効果的に配置している。木の股を使ったブランコなどがあり、対象客層が窺える。青い小さなテントは、子ども用・・ではありません。たぶんペット用。ペットを連れた一人ツーリングというのも、なんだか不思議だ。
Imag3401 Imag3400


長距離移動も含めた1日目としては、こんなところ。

|

« 「ダークナイト・ライジング」 | Main | 120812北関東北信行記 »

ツーリング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 120811北関東北信行記:

« 「ダークナイト・ライジング」 | Main | 120812北関東北信行記 »