« 「崖っぷちの男」 | Main | 「ダークナイト・ライジング」 »

2012.07.21

「メリダとおそろしの森」

何度でも書くのだが、オーソドックスな筋書きの話を見事なエンタテイメント感動作に仕立て上げる技量で、Disney & Pixer の右に出る者はいない。本作もそうした珠玉の作品集に加わるものであることは疑いない。以下ネタバレ。

口やかましい母と反抗期の娘の葛藤と危機、それを乗り越える過程での相互理解と和解、と言ってしまえばそれだけのことなのだが、煮え切らない日常生活を送る庶民にはありえないような、くっきりとドラマチックな展開で楽しませてくれる。要所々々で脇役としての務めをきちんと果たす父王と弟たち、それに近隣のマッチョで気のいいクランの皆さま。なんてうまく組み合わされているのだろう。その上、母娘のキャラクタのきっちり立っていること。この二人、反目しているが実は似たものどうし。いざというときの娘のカリスマ性は明らかに母親譲り。大広間の大騒動の中を一人征く姿は瓜二つ。これはなるほど普段喧嘩になるわけだ(笑)。

特徴的な点は、話の核に悪役がいないこと。キャラの立った悪役を登場させて、それを打ち倒すという様式の話ではない。確かに凶暴な熊の化け物は登場する。これは、かつて主人公と同じ魔法の罠に落ちて破滅した存在であり、主人公母娘の試練の、在り得べき恐ろしい結末の暗示としてお話を引き締めている。けれども全体の中ではこの怪物は引き立て役だ。この物語はあくまでも、母と娘の内面を核に据えている。その意味で、女性的な筋書きだと言ってもいいのかもしれない。

シリアスな要素を中心に置きながらも、エンタテイメントとしての楽しさや気楽さも忘れずに配合されている。やんちゃな弟たちが巻き起こすお決まりの騒動、熊に変身させられた王妃の人間風のコミカルな振る舞い、お話に劇薬を投入する役回りの魔女でさえ、ひょうきんな言動の末にエピローグでちゃんと伏線を回収して、完璧にお話を締める。魔法の伝言板の中に、機械音声のコールセンター風のいらつかせる対応なども織り込んで、現代風の味付けも忘れない。

何から何までよくできている定番作品。こういう安定感があって楽しめる映画は定期的に見たい。さすが Disney & Pixer。この作り手の場合、いつも同じ感想を書いている気もするが(笑)。

Pic1_2


そうそう、お約束の前菜は、今回大サービス2本立て。いずれもほどよい仕上がりで、特に2本目はほっこりファンタジックな良作。CMを飛ばして本編ぎりぎりに間に合うように劇場に入る癖がある人は、少し早めに行ったほうがよい。前菜とはいえ立派な小品なので、前を横切られると不愉快です。

|

« 「崖っぷちの男」 | Main | 「ダークナイト・ライジング」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「メリダとおそろしの森」:

« 「崖っぷちの男」 | Main | 「ダークナイト・ライジング」 »